道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ハルジオンだってきれいです

<<   作成日時 : 2008/05/23 22:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

ハルジオンはあまりにもたくさん見かけるので、かえって植物愛好家の目を引かないかもしれません。でもよく見ると、筒状花をとりまく舌状花は、他のキク科植物の花には見られない繊細な美しさがあります。ハルジオンの舌状花の色は、大抵は白か、淡い桃色です。しかし、たまに濃い桃色の花をつける個体が見つかります。これはとてもきれいです。ありふれた植物の中に、こんなバリエーションを見つけるのも、道草の楽しみです。

画像

きれいな色でしょう



画像

普通に見られる淡い桃色の花



画像

普通に見られる白色の花



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヒメジョオンとハルジオンのこと
寒くて雨模様の日が続いています。私はまだ冬眠中です。前回、猛烈なセイヨウタンポポのことを書きましたので、ついでに外来植物としてやはり猛威を振るっているヒメジョオン (Erigeron annuus (L.) Pers.) とハルジオン (Erigeron philadelphicus L.) のことを少し述べて見ようと思います。 ...続きを見る
道草の時間
2010/02/14 22:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ハルジオンの舌状花はほんとに細くてピンとしていて綺麗ですね。こんな濃いピンクのハルジオンがあるんですか!別の花かって思いました。花の色はどうして変わるのでしょうね? 
風さん
2008/05/24 00:16
ハルジオンは春女苑、
先に異国から来たヒメジオン(姫女苑)の猛烈な繁殖をものともせず、それ以上の繁殖振りを発揮できたのは・・・・・
下を向いている蕾のせい・・・・・・
上を向いて威張っている姫女苑にくらべ
内向的な感じがする、うつむきかげんの様子が
この国の風土に合ったのでしょうか
だまされちゃあいけませんよ
あんた達は・・・つよい!・・・
yajiro
2008/05/24 01:08
風さん、コメントありがとうございました。
ハルジオンの花は白からピンクの薄いものから濃いものまで連続的にありますね。でもこれだけ濃いピンクのハルジオンは非常に少ないです。白っぽい花に混じって、よく目立っていました。パルジオンと違って、オオイヌノフグリでは、花の色の変わったものは見ません。それもまた不思議に思います。
エフ・エム
2008/05/24 08:20
yajiroさん、コメントありがとうございました。
ハルジオンは、しおらしい感じがするけど、本性はまったく違いますね。多年草だから根をしっかり地につけ、種子は大量に生産してまた増える。だまされたかもしれません。
エフ・エム
2008/05/24 08:42
エフ・エムさん、こんにちは。
ハルシオンは好きな花なのですが、春紫苑なのかと思っていました。ためしに調べてみましたところ、ハルシオン(大正渡来)、ヒメシオン(明治渡来。山と渓谷社「日本の野草」にはヒメジョオンと書いてありました)はキク科ヨモギ属で、シオンはキク科シオン属。
シオンは紫苑の名で今昔物語集巻第三十一第二十七に有るものなのでしょうか。
帰化植物は調べてみると面白いですね。エフ・エムさんのブログと皆さんのコメントを拝見して興味が深まりました。
ちと
2008/05/24 17:46
ちとさん、コメントありがとうございました。
ハルジオンというのが標準和名のようで、別名ハルジョオンともよばれているようです。広辞苑ではハルジオンは春紫苑となっています。ヒメジョオンのほうは姫女苑。両方ともムカシヨモギ属(ヒメムカシヨモギやオオアレチノギクもこの仲間)。ヒメシオン(姫紫苑)という植物は別にあって、シオンとともにシオン属の植物だそうです。ややこしいですね。シオン(紫苑)は2m位高くなる薄紫の花の植物ですね。平安時代から薬用および鑑賞用に栽培されていたそうですから、今昔物語のもそれでいいのではないかと思います。私は読んでいないのですが。
エフ・エム
2008/05/24 22:26
エフ・エムさん、再び失礼致します。
お教えいただいてありがとうございました。
もういちど本を確認いたしましたところ、ハルジオン、ヒメジョオンで載っており、キク科ムカシヨモギ属でした。植物の名前は不慣れでコメントに間違いを記載していました。山と渓谷社さんに申し訳ないので訂正いたします。(ややこしいけれど、興味深いです。弁解。)
これに懲りず今後ともよろしくお願いいたします。
ちと
2008/05/25 16:21
ちとさん、コメントありがとうございました。
ハルにつくのはジオンで、ヒメにつくのはジョオンだなんて、本当をいうとややこしくて困ります。シオンとは別属なので、ハルジョオン、ヒメジョオンとよぶ方がいいのに、と思うけど、仕方ありませんね。
エフ・エム
2008/05/25 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハルジオンだってきれいです 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる