道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS タニウツギとセンダン

<<   作成日時 : 2008/05/28 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

堀辰雄の作品に「フローラとフォーナ」というエッセイがあります。昭和8年、堀辰雄29歳、軽井沢町追分に逗留していた頃書かれた小品です。季節はアカシア(たぶんニセアカシア)の花が散ったあと、とあるので、今時分のことだと思います。散歩の途中、見知らぬ花の枝を折ってきて、宿屋の主人に見せたところ、どれを見せても「それはウツギの一種です」というので、いいかげんなことばかり言うと思い、東京から図鑑を取り寄せて調べたところ、ベニウツギだとか、バイクワウツギだとか、どれもウツギの一種だったのでびっくりした、というようなことが書かれています。ベニウツギとかバイカウツギを見るたびに、このエッセイを思い出します。
ベニウツギの標準和名はタニウツギ (Weigela hortensis (sieb. et Zucc.) K. Koch)。ユキノシタ科のウツギやバイカウツギと異なり、スイカズラ科の植物で、日本固有の美しい花木です。

タニウツギとは全く雰囲気の異なるセンダンの花です。こどもの頃見た千葉県のある海岸通りのセンダンの並木の姿が心に残っています。センダンの花が海からの風に揺れていました。「栴檀(センダン)は双葉より芳し」といいますが、このセンダンは何の匂いもしません。それは白檀(ビャクダン)のこと。
センダン (Melia azedarach L. var. subtripinnata Miq.)は高木で、日本、台湾、中国に分布しています。

画像

近所の公園のタニウツギ
よく見られる型です



画像

近所の公園のタニウツギ
栽培品種?



画像

タニウツギ 路傍に植えられたもの
よく見られる型です



画像

センダン 植えてあるもの
町中にありました



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
近所の公園に、ハコネウツギが沢山植えてあり、今が満開です
花が白から赤紫に変化する様は、面白いですね
私にとって、ウツギと云えば 思い出されるのは、中央アルプスの空木岳(ウツギダケ)
山の形がウツギに似ているからとか、雪形がウツギに似ているのでとか いわれていますが、この山の山頂近くに黒百合の群落があり、
その中に寝転んで一服したことを思い出します  
yajiro
2008/05/29 01:03
yajiroさん、コメントありがとうございました。
ハコネウツギもいいですね。この季節では最も華やかな花だと思います。うちの近所には、いい木がないので残念です。
黒百合の群落の中に寝転んだというのはゴージャスです。いい思い出ですね。
エフ・エム
2008/05/29 11:53
この間まで林を彩っていたタニウツギが、今はウツギにバトンタッチ。ハコネウツギは挿し木したんですが、今年初めて咲いてくれました。うっれしいものです やさしげなセンダンの花も満開で大木なんで人目を引きますね。 
初夏の木はなぜか白い花が多いですね。わたしのUPした木とたくさん重なって、なんかうれしい気分ですヨ。知らない木は勉強になって、いつもありがとうございます。
風さん
2008/05/29 13:23
風さん、コメントありがとうございました。
花に焦点をあてた淡く美しい画像を楽しく拝見させていただいております。
初夏に白い花が多いのは不思議です。現役時代は、そんなことは気付きもしなかったのですが。ハコネウツギやタニウツギは例外みたいで、それ故、特に目立ちます。梅雨入りも間近か、もうすぐアジサイの季節ですね。
エフ・エム
2008/05/29 17:34
エフ・エムさん、こんにちは。
堀辰雄「東京から図鑑を取り寄せて・・」気になるとどうしても調べたくなる気持ちは良く解り、楽しく拝読いたしました。
センダンは双葉より芳しいのかどうか、いちど香りをさぐってみたいと思っておりました。エフ・エムさんは御存じでいらっしゃいますか。
ちと
2008/05/31 15:16
ちとさん、コメントありがとうございました。
フォーナとフローラというのは、本来植物相、動物相のことをいうのですが、堀辰雄は植物的、動物的という意味で使っているように思います。最後のところは、「僕はそんな風に花のことはちっとも知らない。しかし花好きでもあるし、小説の中で花を書くことも好きだ。僕なんかもflora組かも知れない」と結んでいます。確かに堀辰雄は動物的ではないですね。
センダンは、私の鼻のせいかもしれないけれど、どうしてもにおわないです。広辞苑でびゃくだん(白檀)をひくと、「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」の栴檀は、この白檀のこと、とあります。
エフ・エム
2008/05/31 18:21
エフ・エムさん、再びお邪魔致します。
白檀の木というと中国のみやげ物の「白檀木細工の扇」を思い出します。あの不思議な香りは加工しないと出ないのか、葉や幹からもハーブのように香るのかと疑問に思いました。(大きな植物園へ行けば白檀はありそうですね、探してみます。)詳しい解答を頂きありがとうございました。
ちと
2008/06/01 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
タニウツギとセンダン 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる