道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニークな穂、カナリークサヨシ

<<   作成日時 : 2008/05/30 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

数日前、散歩道でイネ科植物のカナリークサヨシ (Phalaris canariensis L.) と出会いました。丁度開花して葯を露出させていました。穂がとてもきれいなので、茎を一本抜いて持ち帰り、接写してみました。この植物は江戸時代の末に渡来してカナリヤの餌にされたそうです。ヨーロッパに原産する植物で、タイプ産地はカナリー諸島(長田武正 日本イネ科図譜 平凡社)。鳥じゃなくて、カナリー諸島に因んだ名なのでしょう。まぎらわしい。

画像


画像


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カナリー諸島原産のカナリヤの餌になる
カナリークサヨシ・・・フーッ。 ややこしい
アップすると とっても綺麗ですね
先日、保全地の仲間と話していたのですが
”一定区域を決めて、帰化植物を全部取り除いてみようか”
”いや それをやったら、ほとんど取り除くことになりますよ”
”繰り返していたら、何が生えてくるのだろうか”
実現するかどうか、わかりませんが
興味がある話でした
yajiro
2008/05/31 23:04
yajiroさん、コメントありがとうございました。
保全区の一定地区から帰化植物を全部取り除く、というのは、実に興味ある大実験です。冗談でなく。しかし、決心するのは勇気がいるでしょうね。実現したら、全国区の話題になるように思います。
エフ・エム
2008/06/01 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニークな穂、カナリークサヨシ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる