道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS イとサンカクイ

<<   作成日時 : 2008/06/30 09:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

雨続きで散歩は休み。写真は最近のものです。

この季節、湿地の浅い水の中には、イ (Juncus effusus L. var. decipiens Buchen)が目立ちます。 イはもちろん、畳表の材料ですから、たいへん重要な作物でもあります。しかし、野生のものは、そんなお役目もなく、勝手気ままに群落をつくっています。この梅雨の季節は湿地も水を十分に貯えていて、写真を撮るには、足場がわるいのです。なかなか体勢が定まりません。

サンカクイ (Scirpus triqueter L.) も同じように、湿地の水の中に生えています。群生している様はなかなかきれいなのですが、写真を撮るには、同じ苦労です。
もう少し、きちんとした写真にしたいのですが、今回はとりあえずこんなところ。

イはイグサ科の植物で、アジア温帯に分布しています。イの栽培品種は コヒゲ (forma utilis Makino) という名で、一般名はイグサです。サンカクイはイグサ科ではなく、カヤツリグサ科。日本、ユーラシア大陸に分布しています。茎の断面が三角なのでサンカクイとよばれています。カンガレイという植物にそっくりですが、サンカクイでは柄のある花序が見られること、柱頭が2つ(カンガレイは3つ)であることで区別できます。

画像

イはイグサ科



画像

穂は茎から出ているが、その上は苞葉です
葉は筒状で根元近くにあります



画像

田のへりでも見つけましたが、そばに寄れません



画像

サンカクイはカヤツリグサ科



画像

穂は茎から出ているが、その上は苞葉です
葉は根元に数枚あります



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
イグサ科とカヤツリグサ科・・本当に紛らわしいですね
茎の断面が三角形のイグサだからサンカクイ
でも、三角だからカヤツリグサ科
じゃあ 丸かったら マルイ・・・・
どこかのコマーシャルみたいなので、
マルを取ってイ。
うん なっとく。
宮代町の休耕田では、あちらこちらにイが、
まとまって生えています 昔の栽培の名残なのでしょうか
yajiro
2008/06/30 23:54
yajiroさん、コメントありがとうございました。
カヤツリグサ科で、シカクイというのもあるそうですよ。茎の断面がシカクイ。まだ見たことはありませんが見たいものです。さらに、マシカクイというのもあるらしいです。茎の断面はマシカクイ。それと、サンカクイと同属(ホタルイ属)のホタルイの茎の断面はマルイ。ああややこしい。もう止めた。
エフ・エム
2008/07/01 11:20
エフ・エムさん、こんばんは。
「イ」はイグサのイ!面白いです。新しい畳表の匂いを思い出しながら、まじまじと拝見いたしました。栽培種だともう少し凛々しいのでしょうか。
サンカクイ、茎を切って断面を観察してみたいと思いました。不思議な植物ですね。
ちと
2008/07/04 20:07
ちとさん、コメントありがとうございました。
なんで、イグサ科というのに、和名はイというのでしょう。よくわかりませんね。栽培品種のイグサをイグサ田で観察したことはないのですが、田はとても美しく感じます。栽培法にもよるのでしょうが、1メートル半位に成長するようです。イグサ栽培の歴史は随分古いようです。調べてみたい気がします。
エフ・エム
2008/07/05 11:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
イとサンカクイ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる