道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 可愛いい帰化植物、ニワゼキショウ

<<   作成日時 : 2008/06/03 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

一口に帰化植物といっても、オオブタクサみたいに恐ろしげなものや、ワルナスビみたいにいかにもワルそうなやつや、オオオナモミみたいな悪質なひっつきむしや、オオキンケイギクみたいに美しいのに増えすぎて不安を感じさせるものなど、いろいろありますが、群生しても大して邪魔にならず、小さくて、可愛くて、人に好かれる植物もあります。ニワゼキショウもその一つです。もっとも、庭の芝生に入りこむと駆除しにくいので、なかには毛嫌いする人もいるかも知れませんが。
ニワゼキショウ (Sisyrinchium atlanticum Bickn.) はアヤメ科の多年草で、明治20年頃北米から渡来したのだそうです(塚本洋太郎 朝日百科「世界の植物」)。小さいけれど、現在大いばりでのさばっている帰化植物たちより先輩です。こどもの頃から親しみをもっていた植物です。

画像


画像


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニワゼキショウ、前の家では芝生にたくさん生えて抜くのに大変でした。抜いてもたねがこぼれてまた増えるし、あまり良い印象を持ってなかったんですが、田舎に引っ越してからは可愛く見えます。 利害関係があると相手のいいところが見えませ〜ん。
風さん
2008/06/03 20:46
ニワゼキショウ 強い草ですね
風さんのコメントとおり、芝生に入り込むと
最悪・・・
もちろん 抜こうとした場合だけですが・・
でも、この場所 とっても好きみたいですね
写真でも、チガヤと共存
うん!・・・あんたは すごい!
yajiro
2008/06/03 21:22
風さん、コメントありがとうございました。
たしかに、芝生に入り込むと駆除がたいへんなようですね。可愛い植物でも、やはり外来植物らしいしぶとさをもっている。一日花で、ほとんどすべてが実をつけるのですから繁殖力は相当なものです。幸い畑の雑草ではありませんが、芝生がことさらすきなんですね。
エフ・エム
2008/06/03 21:34
yajiroさん、コメントありがとうございました。
芝にとっては、まさに星形のインベーダーに見えるでしょう。話はそれますが、ニワゼキショウ以外に、芝生で苦労する雑草は、カタバミ、チドメグサ、ツメクサ、スズメノカタビラ、メヒシバ、トキワハゼなど。ネジバナも芝生が好きですね。一方、芝生の雑草を完全に抜いてしまうと芝も枯れてしまうという話も聞きます。本当なのでしょうか。
エフ.エム
2008/06/03 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
可愛いい帰化植物、ニワゼキショウ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる