道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS タデ科3種; オオケタデ、イタドリ、シロバナサクラタデ

<<   作成日時 : 2008/08/27 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

久しぶりに雨があがり、朝は青空も見ることができました。散歩道でオオケタデを見つけました。大きくて美しいタデです。数日前に写したイタドリとシロバナサクラタデとともに載せます。

オオケタデ (Persicaria pilosa Kitag.) は、熱帯アジア原産で、日本では古くからの栽培種ですが、荒れ地や河原に自生しているのをよく見かけます。写真のものも荒れ地に生えていました。柄は大きいですが、一年草です。

おなじみのイタドリ (Polygonum cuspidatum Sieb. et Zucc.) は日当たりのよい土手にたくさんあります。雌雄異株で、写真の花は雄花です。スカンポといって(スイバのこともスカンポといいます)、太い茎の皮をむいて食べると酸っぱい味がします。こどもの頃は、食料が少なかったせいか、よく食べましたが、おとなになってから試してみたところ、はっきり言って不味かった。
イタドリは東アジア温帯と暖帯に分布する多年草で、地下茎でも増えます。

シロバナサクラタデ (Polygonum japonicum Meisn.) は湿地に生えるタデですが、やっと咲き始めたところです。純白の花は美しいのですが、やはり近似種のサクラタデと比べると見劣りがします。東アジアの温帯から亜熱帯まで分布する多年草です。

画像

オオケタデ



画像

オオケタデの花



画像

イタドリ



画像

イタドリの雄花



画像

シロバナサクラタデ



画像

つくづく惜しい、つくづく欲しい
初秋のあわれを感じます



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。オオケタデは花壇に植えられているのを見かけます。小さい頃の庭にも植えてあり馴染みでしたよ。
イタドリの花も散歩の途中で見かけて写真を撮ってありますが、よく見ると綺麗ですね。
小さい頃に食べたことがなかったのですが、高知の日曜市にあく抜きして塩漬けしたものが売っており、炒めて食べたらとても美味しかったのですよ。それ以来、春になるとこちらの土手に生えているのを頂いて、お酒のつまみにして出しております。
サクラタデはよく見ると綺麗ですね。去年、通販で求めて花壇に植えてありますが、まだ今年は開花していません。シロバナサクラタデは先日、全く知らない方のお宅で頂いてきましたが、花は咲かないようです。
ツクツクボウシを今朝のベランダで家猫が捕って遊んでいましたので、慌てて放してあげました。(雀まで捕って困った猫チャンです)
たまゆら
2008/08/28 16:05
たまゆらさん、コメントありがとうございました。
オオケタデは古い園芸植物ですから、私もこどもの頃から見ていた記憶があります。だだし、その頃のオオケタデの花穂は、今みるものより、もっと細くて、すんなりしていたような気がします。園芸品種として改良されたものがエスケープしているのでしょうか。
花のきれいなタデの季節が到来。これから、いろいろなタデが見られます。
雀を捕る猫ってすごいですね。人間だったら一流のアスリート?
エフ・エム
2008/08/28 19:34
タデ科登場ですね! オオケタデは熱帯アジア原産なんですね。でも日本の田舎の原風景の気がします。去年見たものは私の背くらいありました。(実寸はないしょ)

いたどりなんて、と無視していました! 可愛い花ですね。

シロバナサクラタデはまだ出会ってないですが、しおらしくかわいい花ですね。探してみます。

「つくづく惜しい」なるほどそう聞こえなくもないですね。(笑) 
風さん
2008/08/28 21:19
風さん、コメントありがとうございました。
そういえば、オオケタデは田舎の風景に似合うようですね。
イタドリには、淡い桃色の花のものがあって、「名月草」というんです。向島百花園で見たことがあります。ちょっとあこがれます。
ところで、先程、風さんの最新ブログにコメントを入れることを試みたのですが、どういうわけか、入りませんでした。また試してみます。
エフ・エム
2008/08/28 22:01
エフ・エムさんおはようございます。
オオケタデの花穂は見事ですね。仰る通り改良園芸種の華やかさを感じますが、どうなのでしょう。
シロバナサクラタデはとても可憐に美しく見えます。小さな花ほど「丁寧に咲いているものね」と感心してしまいます。(きっとお写真がお上手なのだと思いますが。)
イタドリもギシギシもタデ科なのですね、タデ科も楽しみです。
ちと
2008/08/31 10:18
ちとさん、コメントありがとうございました。
オオケタデは大きいけれど、もっと素朴な感じだったと記憶しているのですが、最近見るものは随分華やかに見えます。私の記憶違いかも知れませんが。
シロバナサクラタデは、この位の咲き始めがいいと思います。小さな花ほど丁寧に咲く、なるほどと思いました。訪れる虫たちも小さいのでしょう。
エフ・エム
2008/08/31 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
タデ科3種; オオケタデ、イタドリ、シロバナサクラタデ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる