道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS クサギの花・クマヤナギの花

<<   作成日時 : 2008/08/06 08:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

クサギ (Clerodendron trichotomum Thunb.)は小高木で、里山を構成する雑木の一つです。ちょうど花が咲きかけ、離れて見ると、豊かな緑の葉むらの中に、花のかたまりが点在して、木全体。なかなかの存在感があります。クサギの若い葉は食べられるそうですが、私には食べた記憶がありません。ひょっとすると食べさせられているかも知れませんが。実は草木染の染料に使われるとか。
クサギは東アジア温帯から亜熱帯に分布しています。多くの図鑑には、クサギはクマツヅラ科の植物となっていますが、合衆国農務省の Germplasm Resources Information Network (GRIN) を調べると、学名は Clerodendrum trichotomum Thunb. となっており、シソ科に属させています。(クマツヅラ科とすることも認めていますが。) 近頃の分類はとまどうことが多いです。

クマヤナギ (Berchemia racemosa Sieb. et Zucc.) の実については、7月5日のブログに載せました。その同じ木に花が咲いていましたので、写真に撮りました。

画像

花をつけたクサギ



画像

画像

画像

4本の雄しべ(上方)と1本の雌しべ(下方)が突き出ています



画像

クマヤナギの花



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
クサギの若葉って、食べられるんですね
あまり考えもしなかったなぁー
美味しいと聞いても食べてみようとは、
思いません
あの クサギ独特のにおいのイメージが強すぎるからかも、しれませんが・・・。 
yajiro
2008/08/06 10:05
yajiroさん、コメントありがとうございました。
私も同感、特にたべてみたいとは思いません。戦中、戦後の食糧危機のときならともかく、クサギまで食べなくても。しかし、クサギ通の人は、「あの臭さがたまらない。ご飯がすすむ」、なんて言いますよ、きっと。
エフ・エム
2008/08/06 11:56
クサギのアップきれいです。

「クマヤナギ」たくさんの実、立派な房ですね。見つけてみたいです。

今日、渋川の公園の藤棚を見ていたら、時々花が咲いていました。返り咲きするみたいですね。
ミセスサニー
2008/08/07 20:07
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
クサギのアップ、評価いただきうれしいです。
たくさん撮って選んでいます。デジカメはいいですね。
フジの返り咲き、今年知って興味が湧きました。
エフ・エム
2008/08/07 21:04
クサギの花の3枚目、4枚目、きれいですね。実はちょっと派手ですが、花は夏の林に涼をもたらしますね。つぼみもきれいな姿です。

里山を構成する木なのに、近所ではクサギは見かけません。とっても見たいです。ちょっと山に入らないとないのでしょうか。

アカボシゴマダラ、わたしがリンクしているYAKUMAさんのブログでも、要注意外来生物だと紹介されていました。在来種をおびやかす生き物をどうしてわざと放つんでしょうね。
風さん
2008/08/08 12:47
クサギは比較的多い雑木ですから、どこかで見つかると思うのですが。秋には、赤いがくの上の青い実がよく目立ちます。
「放蝶ゲリラ」ってどういう人なのか分かりませんね。愉快犯なのか、たくさん生まれちゃって、殺すのかわいそうだから、放してやろう、という人なのか。減少が心配されているゴマダラチョウに是非がんばってもらわないと。がんばれ、ゴマダラチョウ!
エフ・エム
2008/08/08 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
クサギの花・クマヤナギの花 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる