道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS オオイヌタデのいろいろ

<<   作成日時 : 2008/09/08 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

イヌタデは、一般にはアカマンマ、アカノママ、アカノマンマなどとよばれて、多くの人にとってなじみ深い花だと思われます。そろそろ野原のいたるところにアカノマンマの群れが目につくようになります。アカノマンマは、詩や歌にもよく読み込まれており、好感をもたれている植物です。オオイヌタデ(Polygonum lapathifolium L.)は、アカノマンマすなわちイヌダデに似た植物で、もっと大柄です。しかし、この方はどうもあんまり話題にされたことがないように思います。でも、私は、道ばたや荒地のオオイヌタデに出会うのをけっこう楽しみにしています。オオイヌタデの花は変異に富んでいて、おもしろい植物です。花は赤いものから白いものまでありますが、私は白花を勝手にシロノマンマとよんでいます。
オオイヌタデは、北半球の温帯と暖帯に広く分布するタデ科の1年草です。

画像

オオイヌタデによくあるタイプ



画像

淡いピンク



画像

白花のもの



画像

花穂が長く、垂れているもの



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
鉢から植えた覚えがないのに、イヌタデがあちこちから出ているので、少々抜いています。
ズームで写真を何度か撮るのですが、花は閉じたままでなかなか開かないのですね。
アカマンマと呼ばれても今の子供たちは、これで飯事することがないようですね。
空地にオオイヌタデの白や桃、薄桃など生えているのを去年見ましたが、何時の間にか家が建っていました。その時、種類があると知りました。
花穂の長いものもあり、群生していますね。
たまゆら
2008/09/08 19:08
たまゆらさん、コメントありがとうございました。
イヌタデがお庭に入ってきたのですか。あまりはびこっても困りますね。きれいですが、適当に抜かないと。
オオイヌタデはイヌタデ以上に大群落をつくり、農家では防除が大変だと思います。一方では、カワラヒワなど穀粒を食べる野鳥にとっては、タデの実はよい餌になっているそうです。自然の営みですね。
エフ・エム
2008/09/09 07:29
オオイヌタデにもいろいろありますね! 今まで「このイヌタデ、成長いいなあ」と思って見ていた気がします。別の種類だったのですね。
オオイヌタデは穂が長いので枝垂れるのですね。 近所では白いイヌタデも見かけます。
風さん
2008/09/09 23:05
風さん、コメントありがとうございました。
オオイヌタデはすごく繁茂するタデですが、イヌタデや他のタデを圧迫しているようには見えないですね。微妙に棲み場所が違うのではないかと思います。オオイヌタデに非常によく似たタデに、サナエタデとハルタデがあり、混同することがよくあります。ふしの部分がふくらんでいるのがオオイヌタデなのですが、けっこう見分けが難しいです。
エフ・エム
2008/09/10 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオイヌタデのいろいろ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる