道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ナンテンハギとメドハギ

<<   作成日時 : 2008/09/10 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日に続き秋のマメ科2種、ナンテンハギ (Vicia unjuga A. Br.) とメドハギ (Lespedeza cuneata Dumont de Courset) G. Don.) です。

この季節、ナンテンハギの花は、日当たりのよい藪によく見られます。私はなぜか、ネザサが生えた、あまりきれいでない場所で、このきれいな花に出会います。どうしてこんな場所がすきなのでしょうか。
ナンテンハギの名称は、葉のかたちがナンテンに似ているためといわれています。葉は、2枚の小葉をもつ複葉で、そのため別名をフタバハギといいます。東アジア温帯と暖帯に分布するマメ科多年草です。

メドハギは、荒地や道ばたにごく普通に見られる丈の高い雑草です。メドハギの名は、むかし、茎を占いのための蓍(めどき)として使ったことに由来するそうです。蓍は後世、竹が使われるようになったという話です。つまり筮竹(ぜいちく)です。
メドハギは東アジア温帯から熱帯まで分布するマメ科多年草です。

画像

ナンテンハギ



画像


花を拡大



画像

メドハギ



画像

花を拡大



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。こちらではヌスビトハギを多く見ますが、ナンテンハギは見かけないようです。画像の花を見ると綺麗ですが、藪っぽい場所が好きなんですね。捕られないように目立たずひっそりと咲くのでしょうか?
メドハギは近くの公園に毎年出て来て花を見ますが、今年はまだ咲いていないようです。
刈られても根が残っているので、毎年同じ場所から出てきます。
この草姿は雑草っぽいのですが、花として見れば薄紫模様が入っており捨てがたい美しさがありますよね。1輪挿しにして飾りたい花です。
たまゆら
2008/09/11 21:23
たまゆらさん、コメントありがとうございまずぃた。
マメ科にはきれいな花が多いですね。それに、蝶のようなかたちなのに皆ずいぶん違っているところもおもしろいです。
ナンテンハギは、とてもきれいなのに、案外目立たないように咲いています。メドハギは本当に雑草という感じですね。このあたりでは、いたるところに生い茂っています。
エフ・エム
2008/09/12 07:38
エフ・エムさん、こんばんは。
マメ科の花はどんなに小さくても藤やエニシダの華やかさを連想します。メドハギは写真がお上手なのか雑草というには優雅過ぎるように映っています。占いしてみたいです!・・とて何を占いましょう、明日のお天気か、月の出でしょうか。当地、今年の十五夜は綺麗なお月様です。
ちと
2008/09/14 21:21
ちとさん、コメントありがとうございました。
昨晩、少しもやがかかって、少々蒸暑かったのですが、十五夜はなんとか見ることができました。気分はやはり名月です。
メドハギに見られるように、今はなくなってしまった風習やものの名が和名に残されているのは、おもしろいですね。そんなことも考えながらメドハギを見ると、古くから人々の知る植物として、興味深く見られます。
エフ・エム
2008/09/15 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナンテンハギとメドハギ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる