道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS イネに似たエゾノサヤヌカグサ

<<   作成日時 : 2008/10/08 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

また雨になってしまいました。仕方なしに、家に込もりっきりです。今日は、数日前に湿地で見つけたエゾノサヤヌカグサ (Leersia oryzoides (L.) Swartz) について書きます。

この植物は、穂の枝が横に広がっている点でイネと少し異なりますが、小穂のかたちと大きさはイネによく似ています。イネと同じように、小穂一つに小花が一つつきます。苞潁はなく、外穎と内穎が小花を包んでいます。(イネでは、鱗片状の苞潁があります。)
エゾノサヤヌカグサに非常に近いものにサヤヌカグサ (Leersia sayanuka Ohwi)があり、どちらか迷ったのですが、小穂が多少ずんぐりしていること、小穂に白色の部分が多いこと、外穎と内穎の竜骨の剛毛が長いことから、エゾノサヤヌカグサと考えました。
エゾノサヤヌカグサは北半球の温帯と暖帯に広く分布するイネ科の多年草です。

画像

群生するエゾノサヤヌカグサ



画像

足下に気をつけて、少し接近



画像

小穂を拡大してみました



画像

いま、キンモクセイの季節です



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
小穂の拡大写真は、どのようにしてお撮りになったのですか?

キンモクセイの香りが懐かしいのですが、今の生活範囲では身近に感じる事ができません。思い出して楽しみました。
ミセスサニー
2008/10/09 13:42
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
小穂の拡大写真ですが、実体顕微鏡による映像です。接眼レンズ上にコンパクトカメラを設置して(設置といっても、手でおさえているだけ)撮影しました。本文中に書いておけばよかったです。ご指摘ありがとうございました。
エフ・エム
2008/10/09 17:50
こんばんは。
エゾノサヤヌカグサは初めて名前を聞きます。イネ科の野草も多く、全部同じに見えて見分けるのも難しそうです。
接写、よく撮れていてイネの穂に似ますね。
エゾと名前が付くのに、北半球の温帯と暖帯に分布するのですね。調べて見ましたら、水田の代表的な雑草で、水路のコンクリート化により減少とありました。水田に蔓延ると嫌がられるのでしょうね。若しかして?これは見ているかも知れません。
たまゆら
2008/10/09 18:58
たまゆらさん、コメントありがとうございました。
サヤヌカグサの種類は、アシカキもそうですが、葉や茎にも小さなとげが生えているので、水田に繁茂するとかなりやっかいな雑草になると思います。休耕田など湿地を探すとあるかも知れません。
イネ科植物に限らず、びみょーなところで種が違うものが結構多いので困ります。
エフ・エム
2008/10/09 19:57
サヤヌカグサ、稲のサヤに似ているけれど中身がないという意味らしい。本当にそうだと実感します。こちらの田んぼのはたぶんサヤヌカグサと思います。直立しないので稲と間違えることはないですけど。
テンテンとピーターの母
2009/04/30 23:33
テンテンとピーターの母さん、コメントありがとうございました。
サヤヌカグサの名の意味を教えていただいてありがとうございます。ほんとにそんな感じですね。実はたしかに稲のもみに似ているのですが。
エフ・エム
2009/05/01 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
イネに似たエゾノサヤヌカグサ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる