道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS カントウタンポポの春

<<   作成日時 : 2009/03/18 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

四季を通じて咲いているのはセイヨウタンポポですが、その他のタンポポは春だけ咲きます。セイヨウタンポポは総苞の外片が下向きに反り返っているので、外片が内片に沿っている他のタンポポとは容易に区別できます。

このあたりで春の季節に見つかる黄色い花のタンポポはセイヨウタンポポ (Taraxacum officinale Weber) とカントウタンポポ (Taraxacum platycarpum Dahlst.)。したがって頭花の裏を見て、セイヨウタンポポでなければ、カントウタンポポとみてまず間違いない。いいかげんな同定ですが、タンポポの種類はどれも似ていて、他の種が混じっていたら、シロウトの私には、同定はお手上げになりそうです。因みに、千葉県以西と東海地方に分布するトウカイタンポポは、総苞の外片の長さが内片3分の2位あり、2分の1位のカントウタンポポ ( Taraxacum longeappendiculatum Nakai)と区別できるのだそうですが。

写真のカントウタンポポは、太陽の申し子のように、土手の日だまりに咲いていました。まだこの時期は、冬の寒さから抜け出したところで、花は茎が短く、ずんぐりしています。セイヨウタンポポに負けず、旺盛に繁殖して欲しいものです。

画像

日の光をあびて、カントウタンポポ



画像

総苞の外片は内片に沿っている



画像

遠距離の鳥を引き伸してみたら
アカハラらしい




にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カントウタンポポ
 現在目にするタンポポ(蒲公英)のほとんどは、外来種のセイヨウタンポポです。総苞(花をまとめている緑色の部分)が反り返っているのが特徴で、カントウタンポポよりも花がちょっとゴージャスな感じです。  それに対して、日本固有のタンポポであるカン... ...続きを見る
チャンドラセカール的限界なき日常
2009/04/27 20:04
岡山市半田山植物園(1);カンサイタンポポとの出会い
一週間ほど外出していました。用事があり、雨も降ったりしましたので、あまり歩く機会はなかったのですが、雨が上がった日に、わずか1時間半ほど、半田山植物園を訪問しました。 ...続きを見る
道草の時間
2010/05/24 13:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セイヨウタンポポにあらずんば、タンポポにあらず・・・勝てるはずは無いですよね
1年中花を付けて、荒地や道端でも場所をえらばず 種の数が抜群に多くて、おまけに同花受粉とあっては とても太刀打ち出来ない
でも、おごれるタンポポも 久しからず
いつかきっと・・・がんばれカントウタンポポ 
yajiro
2009/03/19 01:42
yajiroさん、コメントありがとうございました。
イヌノフグリはオオイヌノフグリにすっかりやられてしまい、ミミナグサでさえもオランダミミナグサに制圧されそうになっていますが、カントウタンポポはまだまだしぶとく生きているようです。がんばって欲しいものですね。
エフ・エム
2009/03/19 08:20
京都・北嵯峨の古来の風土保存地域という千代の古道が通じている道端は西洋タンポポがのさばっています。
西洋タンポポは春といわず秋と言わず、否冬でも咲きますものね。
こんなことも知らず、タンポポが咲いたって私など言っていました。
Tatehiko
2009/03/19 19:59
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
そちらの歴史的な名所もセイヨウタンポポがのさばっているのですね。せめて季節を限定して、春だけ咲いてくれればいいのですが、そんな願いはおかまいなしです。
そちらの在来のタンポポは、シロバナタンポポとカンサイタンポポですね。カンサイタンポポはがんばっていますか。
エフ・エム
2009/03/20 08:22
はじめまして
日本タンポポ(関東タンポポ)見たくてタンポポ見るたびに観察していました。
そして初めて日本タンポポ確認したのが熊本でした。
種、採ってきたけど植木鉢や花壇で咲かしてみたいんです。咲かすことできるでしょうか。
鉄ちゃん
2009/07/25 17:28
鉄ちゃんさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
先ほど貴ブログのタンポポの記事を拝見し、おもしろく思いました。
ご質問の件ですが、私自身、タンポポの種子を播いて育てたことがないので、なんとも言えません。シロバナタンポポの種子を播いてみたが、うまくいかなかったという記事が下のサイトに出ていました。
http://takahiko.life.coocan.jp/tanpopo/index.html

なお、熊本で日本タンポポを見つけられたとのこと、九州に産する主なタンポポはシロバナタンポポ、セイヨウタンポポ、カンサイタンポポ、ツクシタンポポですが、ツクシタンポポは絶滅危惧種です。したがって見つけられた日本タンポポはカンサイタンポポかもしれません。

私の在住地(茨城県南)にはカントウタンポポがまだたくさんあります。ここでなくても、関東にはカントウタンポポ、関西以西にはカンサイタンポポがまだかなり残っていると思いますので、見つけられると思います。
昨年はさいたま市の田島が原でも見ております。
http://michikusanojikan.at.webry.info/200804/article_16.html
ご参考までに。
エフ・エム
2009/07/26 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
カントウタンポポの春 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる