道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 都立神代植物公園(3)カワラナデシコ、ミヤマヨメナ、ヤグルマソウなど

<<   作成日時 : 2009/05/21 22:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 19

神代植物公園の一角には、あまり広くはないのですが、野草のコーナーがあり、いろいろな野草が雑然と生えています。つまり、自然のような状態なのです。でも今咲いているものは多くありません。それでもいくつかの花を写真に撮りましたので並べておきます。

画像

カワラナデシコ
(Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) Wil.)
秋の七草の一つですが、まだ初夏ですよね
図鑑などには、花は6〜9月とあります



画像

画像

ミヤマヨメナ (Gymnaster savatieri (Mak.) Kitam.)
山中の日陰に生える日本固有種



画像

画像

ヤグルマソウ (Bodgersia podophylla A. Gray)
東アジア原産のユキノシタ科植物
山中の木陰に生える
花(上の写真)はあまり目立ちませんが、葉はとても芸術的な感じです



画像

キケマン (Corydalis heterocarpa Sieb. et Zucc.)
東アジア暖帯とインドに分布するケシ科植物



画像

画像

セリバヒエンソウ (Delphinium anthriscifolium Hance)
中国原産のキンポウゲ科帰化植物
下の写真の右下の忍者の手裏剣みたいなものは果実です



画像

画像

ジュズスゲ (Carex ischnostachya Steud.)らしい



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
ヤグルマソウって、とっても可哀そうな野草なんですね 名前をヤグルマギクに奪われちゃって
しかも、相手の方が超有名になっちゃって・・・
きっと、肩身が狭い想いをしているんでしょうね
それでも、葉っぱは そこそこ知られているようですが、
どんな花だっけ え〜っと 大きなもじゃもじゃ
だ〜れも覚えてくれません
でも、この葉っぱを見ると、なぜかホッとするんですね。
yajiro
2009/05/21 23:30
ヨメナ、ずいぶん久しぶりに見せてもらってほっとしました。似たような花でもっとたくましい感じの野草はよく見かけますが・・・中学生の時、通学路の野路にたくさん咲いていてしおらしい花を摘んだりしたものです。
かもっち
2009/05/22 07:20
yajiroさん、コメントありがとうございました。
yajiroさんのコメントからヒントを得て、ヤグルマソウの説明を少々変更してみました。ありがとうございました。
ヤグルマギクのことをヤグルマソウともいうんですね。元祖ヤグルマソウの著作権をおかしては困ります。
エフ・エム
2009/05/22 08:17
かもっちさん、コメントありがとうございました。
かもっちさんが通学路でご覧になっていたのは、通常ヨメナとよばれる植物と思います(関西のはヨメナ、関東ではその類似種のカントウヨメナ)。これらは近頃でも夏の終わりから秋によく見かけます。ヨメナやカントウヨメナはヨメナ属ですが、初夏に山中に咲くミヤマヨメナは、ミヤマヨメナ属です。いずれも素朴な美しさをもった花ですね。
エフ・エム
2009/05/22 08:29
キケマンは初めて見ました。薄紫色のケマンソウは道端でも良く目にしますね。可愛い花です。忍者の手裏剣みたいな果実等目線を下げてゆっくり良く見ると面白いですね〜。葉をみるとやはりキンポウゲ科、納得ですね。
ワイ
2009/05/22 09:39
セリバヒエンソウ・・・絵になる花の形をしていますね。
私にも探せるだろうかと思いつつ眺めてしまいました。
この手裏剣のような種のフクロも味がありますね。
植物園などに出向いたら見つけられますでしょうか?
Tatehiko
2009/05/22 12:27
ワイさん、コメントありがとうございました。
キケマンはそんなに多くなかったのですが、林のような薄暗いところでも黄色がよく目立っていました。たまにこんな公園に行くと、近所では見られない花に出会って楽しいです。
エフ・エム
2009/05/22 13:44
Tatehitoさん、コメントありがとうございました。
セリバヒエンソウは私も初めて見る植物でした。図鑑にはあまり出ていない植物ですが、「神奈川県植物誌2001」には、「中国原産で明治年間に渡来し、東京周辺に多く見られる」とありました。関西まで行っているかどうかは知りません。
エフ・エム
2009/05/22 13:54
dragon pearlさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/05/22 13:56
atsu-sixさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/05/22 13:58
こんばんは
ヤグルマソウは、一度見てみたいですね。
セリバヒエンソウは近くでも見られますが、
キケマンはありません。いろいろな花に出会えていいですね。
YAKUMA
2009/05/22 23:43
カワラナデシコ、これがほんとの大和撫子の風情、たしかに咲くの早いみたいですね。
ミヤマヨメナ、きれいです。
ヤグルマソウ、ヤグルマギクをそう呼ぶからまぎらわしい。私も以前はヤグルマギクをそう呼んでいました。
キケマン、セリバヒエンソウ、はじめて見ます。
ジュズスゲ、これに似たのを先日近所で見て、名前がわからなくて調べていましたが、同じかどうか…。
たっぷり目の保養をさせていただきました。
さとみ
2009/05/23 00:07
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
自然公園のような場所もあり、なかなか見られないものが手っとり早くみられるのがいいです。セリバヒエンソウはそちらにもありますか。こちらではまだ見ていません。園内ではあちこちにたくさん見られました。繁殖力の強いものかもしれません。
エフ・エム
2009/05/23 08:07
さとみさん、コメントありがとうございました。
カワラナデシコは風情のある草花ですね。古代から愛されていたことが理解できます。秋の七草の中でもとりわけ多く、古典文学に現れているように思います。ヤグルマソウの葉は、デザインに使えそうですね。
エフ・エム
2009/05/23 08:13
hummingさん、気持玉をありがとうございました。
評価していただいて、うれしく思います。
エフ・エム
2009/05/23 08:16
コメントありがとうございます。
都立神代植物公園へ行かれたのですね。私もよく植物園に行きます。お花は無償の愛を感じ幸せな気分になれるので大好きです。キケマンは初めて見ました。とても可愛い。
dragon pearl
2009/05/23 08:55
野の花が好きでこちらも何かを探してたどり着いて以来勝手に楽しませていただいてます。先日吉川英治記念館で見た可愛い花の名前が分からず宿題にしていましたが、お陰で判明しました。”セリバヒエンソウ”、有難うございました。私の図鑑にはありません。
rosemary
2009/05/23 11:46
dragon pearlさん、コメントありがとうございました。
神代植物公園は四季のいろいろな花を楽しめる公園ですね。野草も花を見たいけれど、過ぎてしまったもの、これから咲くものがかなりありました。ちょろっと行ければいいのですが、私の家からでは1日がかりです。
エフ・エム
2009/05/23 14:09
rosemaryさん、はじめまして。コメントありがとうございました。セリバヒエンソウは図鑑にあまり出ていないようですね。ヒエンソウの種類であることは見当がつきましたので、「神奈川県植物誌」を参考にしました。あとはネットでいくつか確かめました。
これからもよろしくお願いします。ブログやHPをお持ちならお知らせいただけると幸いです。
エフ・エム
2009/05/23 14:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
都立神代植物公園(3)カワラナデシコ、ミヤマヨメナ、ヤグルマソウなど 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる