道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS マメ科2種:マルバヌスビトハギとトキリマメ

<<   作成日時 : 2009/08/06 22:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

今日ここに載せるマメ科2種は、互いに縁遠く、ほとんど似ていないものですけれど、最近散歩で両種に出会ったマメ科ということで一緒に載せてしまいます。

散歩道の一つ、狭くて草ぼうぼうの農道にマルバヌスビトハギ (Desmodium racemosum (Thunb.) DC. var. villosum (Matsum.) Ohwi) が咲いていました。マルバヌスビトハギはヌスビトハギ (Desmodium racemosum (Thunb.) DC.) の変種で、両種とも東アジア温帯、暖帯に分布しています。互いによく似ていますが、前者の小葉は後者の小葉より巾が広く、毛が多いのが特徴です。果実は節でくびれ、それぞれの節間には種子が1つづつ含まれます。熟すと節間の部分が切れ易くなり、それぞれの節間は接触した動物にくっついて運ばれます。いわゆるヒッツキムシです。

林のへりの少し陰になった場所に、トキリマメ (Rhynchosia acuminatifolia Mak.) を見つけました。よく似た種類にタンキリマメ (Rhynchosia volubilis Lour.) がありますが、トキリマメは小葉の先端が細くとがっていることで区別できます。タンキリマメの小葉の先端はとがってはいますが、細くなっていません。また、両種とも、がく筒のへりに切れ込みがあって5つの歯に分かれていますが、歯が5つとも同長であればトキリマメ、花の下に接する歯が他の4つの歯より目立って長ければタンキリマメです。トキリマメは東アジア暖帯に、タンキリマメは東アジア暖帯から熱帯まで分布しています。残念ながら、タンキリマメはこのあたりで見ておりません。

画像

画像

画像

画像

マルバヌスビトハギの花と果実



画像

画像

トキリマメの花




にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
トキリマメは、こちらでもよく見かけます。
タンキリマメは、まだ見たことがありません。
特徴のあるという葉を見てみたいです・・・
YAKUMA
2009/08/06 22:59
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
そちらにもタンキリマメはありませんか。
海岸近くに多いとの話ですが。
守谷町(今は守谷市)の調査記録にはタンキリマメはないようです。
エフ・エム
2009/08/07 07:52
テルツマ or テルテルさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/08/07 07:56
こんにちは。トキリマメ、参考になりました。自分のブログでタンキリマメと紹介していた写真をよく見ると、葉の先が尖っていましたから、トキリマメなのでしょう。エフ・エムさんのおかげでまたひとつ勉強になりました。ありがとうございます。
宮城野
2009/08/07 13:13
宮城野さん、コメントありがとうございました。
先ほど写真を再度拝見しました。なるほど、トキリマメかも知れませんね。私も気がつきませんでした。すみません。
エフ・エム
2009/08/07 20:43
こんばんわ^^

マルバヌスビトハギの花は葛の花を小さくした感じですね。果実はおもしろい形ですね。

トキリマメの弾けた豆果は冬に出会いましたが、花はまだ見たことがないです。豆果を見つけたあたりで探してみますね。 きっと鬱蒼と茂ってるでしょうね。
風さん
2009/08/07 23:22
風さん、コメントありがとうございました。
トキリマメはそちらにもあるのですね。多分、花が咲いているでしょう。
ヌスビトハギの果実は、熟すと能率よく、種子が一粒づつヒッツキムシになって運ばれるまでに進化したのですね。実のかたちが実におもしろいです。
エフ・エム
2009/08/08 13:21
近所を探してみましたが、見つかりませんでした
探し方が悪いかも…。
こんどもっと丹念に見てまわります。
さとみ
2009/08/11 22:11
さとみさん、コメントありがとうございました。
トキリマメやタンキリマメはすぐ見つかるかどうか分かりませんが、ヌスビトハギの仲間は普通にあると思います。ヌスビトハギ、マルバヌスビトハギ、アレチヌスビトハギなどですが、花のつきかた、かたち、色がどれも似ていますので、先に目をつけて、葉や莢のかたちで判断するようにしています。
エフ・エム
2009/08/12 07:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
マメ科2種:マルバヌスビトハギとトキリマメ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる