道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 風変わりなイネ科植物:ウシノシッペイ

<<   作成日時 : 2009/08/14 19:54   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 15

ウシノシッペイ (Hemarthria sibirica (Gandog.) Ohwi) は東アジア温帯、暖帯に分布するイネ科植物で、本州、四国、九州の湿った場所に生える普通種です。

私の散歩道では、2年前まで一つの休耕田にたくさん生えていたのですが、そこが水田に復帰したのち、見ることはありませんでした。しかし、先日、数株が田の水路ぞいに生えているのを見つけました。

植物全体が白っぽい緑色で、穂のかたちに特徴があるので、簡単に他のイネ科植物と区別がつきます。私の写真でははっきりしませんが、花軸の各節に有柄の小穂と無柄の小穂が1対になって付いています。有柄の小穂の柄は花軸に癒着しています。小穂も軸にぴったり張り付いているように見えます。

ウシノシッペイは「牛の竹篦」と書くのだそうです。牛をたたく道具に見立てたものなのでしょう。

画像

画像

画像

ウシノシッペイ



画像

ウワミズザクラ
実が熟しはじめました



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
見た目は雑草のイチゴツナギ
イネ科の植物、イチゴツナギです。 たぶんね・・・ イネ科の植物の場合、「たぶん」が付きます(^^;) だって、見分けるのが難しいんだもーん。 【身近な植物図鑑:イネ科の植物】 【身近な植物図鑑:イチゴツナギ】 ...続きを見る
ほぼ日刊そらいろ新聞
2009/08/28 18:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
ウシノシッペイですか。
これなら見つけられるでしょうか。
探してみます。
ウワミズザクラの実も、見に行かないと・・・
YAKUMA
2009/08/14 23:09
こんばんは
ウシノシッペイとはおもしろい名前です。
特徴がはっきりしているので、見つけられそうかな、と期待半分、でも近所に田んぼがないからどうかな〜という気持ち半分。
湿ったところが好きなら田んぼでなくてもいいのですね。探してみます。
さとみ
2009/08/15 01:27
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
写真のものはあまり背が高く見えませんが、通常7〜80センチ位の高さがありますし、色がうすくて、特異なかたちなので、あればすぐ分かると思います。
エフ・エム
2009/08/15 07:44
さとみさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
河川敷などの湿った草原に多いと聞いています。
お近くに川原、沼地などありませんか。
エフ・エム
2009/08/15 07:52
地味なイネ科の植物の中でも、棒が汚れているだけような アピールの全く無い地味な野草ですね
今まで 拡大して見たことは、ありませんでした
でも、こーして見ていると・・・
なかなか個性的で、面白いかも しんない
と云う気持になってきました
ウワミズザクラの実の採り易い木が見つかりません、あったら すぐに お酒にするのですが・・・。

yajiro
2009/08/15 09:06
ウシノシッペイ、初めてその名前を聞きました。さっそく、図鑑を開いてみると当たり前ですが、ありました。前にも書いたとおり、イネやカヤツリグサのなかまは本当にむずかしいです。しばらくはエフ・エムさんのブログで勉強させてください。しかし、植物の名前には「イヌ」「カラス」「スズメ」「ウシ」「ウマ」「キツネ」など動物の名前がついているものが多いですよね。
宮城野
2009/08/15 16:24
テルツマさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/08/15 17:00
yajiroさん、コメントありがとうございました。
棒が汚れているだけような アピールの全く無い地味な野草・・・言い得て妙ですね。なんたって「牛の尻たたき棒」ですからね。あまり能率のよさそうな実の付きかたでもないし。
思わぬブログねたになりました。
「ウワミズ酒」ができるといいですね。いい木が見つかりますように。
エフ・エム
2009/08/15 17:10
宮城野さん、コメントありがとうございました。
植物の名に付く動物ではやはりイヌが一番多いようですね。だいたい「役に立たない」の意味ですが、イヌだって近頃は盲導犬、介護犬、麻薬犬、癒し系の犬など、随分役に立っていますね。ですから、イヌのつく植物もいいところを見つけてやりたいと思っています。動物の名のついた植物、それぞれ考えると面白いですね。
エフ・エム
2009/08/15 17:23
歩いて15分くらいの荒川の土手に行ってみました。
川原ならあるかと思いましたが、川べりではなく、川を見下ろす土手道をしばらく散策するうちに、ほかのいろいろな草に気をとられ、ウシノシッペイは気をつけていたつもりですが見つけられませんでした。
でも、たまには川風のなか散歩するのもよいものと気がつきました。
さとみ
2009/08/15 17:45
さとみさん、コメントありがとうございました。
荒川がお近いのですね。河川敷はまた独特の環境なので、植物の生態がおもしろいです。ウシノシッペイはやはり湿った場所にあるのですが、今は増水していると思いますので、あぶないかも知れません。川沿いの土手の散歩は気持がいいですね。
エフ・エム
2009/08/15 19:39
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/08/16 07:52
ウシノシッペイ、名前も姿もとっても面白いです。

変な虫がくっついているのかと思いました(笑)
拡大した写真で軸にくっついている様子がよく解ります。
見つけたくなりました。
風さん
2009/08/20 11:33
風さん、コメントありがとうございました。
たしかに変な虫がついているように見えますね。焦げ茶の細長いのが雄しべ、ぽよぽよっとした薄茶色のものが雌しべ。ですから、これでも花盛りなんですね。サクラやバラの花盛りとは大違いです。
エフ・エム
2009/08/20 14:05
まんじゅ猫さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/03/19 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
風変わりなイネ科植物:ウシノシッペイ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる