道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ヌスビトハギとアレチヌスビトハギ

<<   作成日時 : 2009/09/14 23:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

この季節、散歩道に、ヌスビトハギ (Desmodium racemosum (Thunb.) DC.) やアレチヌスビトハギ (Desmodium. paniculatum (L.) DC.) の花をよく見かけます。

ヌスビトハギは、亜種のマルバヌスビトハギに似ていますが、葉のかたちで区別できます(8月6日のブログ記事)。また、近縁のヤブハギからは、葉の茎への着き方で区別できます。ヌスビトハギの葉は茎全体にちらばっており、ヤブハギの葉は茎の一カ所に集中してつきます。

アレチヌスビトハギは葉のかたちでもヌスビトハギと区別できますが、もっと特徴的なのは、ヌスビトハギの豆の莢のくびれが1つであるに対し、アレチヌスビトハギでは数個のくびれがあること、そのくびれは、ヌスビトハギでは深く、アレチヌスビトハギでは浅いことです。各節間には豆が1粒づつ入っており、熟すと節できれやすくなり、動物が触れると節ごとに切れ、ヒッツキムシとなるのは、両種とも同じです。

ヌスビトハギは在来種ですが、アレチヌスビトハギは北アメリカ原産の帰化種で、このあたりでは、アレチヌスビトハギの方が多いようです。

ところで、ヌスビトハギという名はどうも適切でない気がします。ヌスビトハギは人にヒッツキムシをつけることはしますが、なんら盗むという行為はしません。なぜヌスビトと命名されたのでしょうか。花のすがたはなかなか風情があるのに、名前で印象をわるくしているように思います。

画像

画像

画像

ヌスビトハギ



画像

画像

画像

アレチヌスビトハギ



画像

画像追加(9月16日):
道ばたにアレチヌスビトハギがたくさん



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも思うのですがエフ・エムさんの様に花の名前が解れば散歩も楽しいでしょう!!って。
なかなか聞いても覚えきれません。
テルツマ
2009/09/15 15:06
テルツマさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
花や実を見ながらの散歩はただの散歩より楽しいですね。
有酸素運動を目的とした散歩ではなく、ぶらぶら歩きですから、運動の効果は少ないかも知れませんが。
今でも名前の分からない植物を見ることがあります。それもまた楽しいです。
エフ・エム
2009/09/15 18:58
こんばんは
アレチのほうは、実が多くて大雑把な感じがします。
ヌスビトハギのほうが花もかわいくて、実の感じも落ち着いて見えます。
名前はかわいそうですよね・・・
YAKUMA
2009/09/15 23:45
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
実はたしかにヌスビトハギのほうが感じがいいですね。花はさして変わりませんが。
このあたり、アレチの方が多くなっているように見受けられます。同じような場所で増えるので、ヌスビトハギを駆逐してしまうのではないかと気がかりです。
エフ・エム
2009/09/16 07:16
風情ある秋草ですね。
道端に色付き、そして可愛い草花を、道行く人がひとつふたつ摘んでいったとしたら、秋をちょっと盗んじゃったね…なんて可愛い冗談になると思いました。
木曜日の帰り道
2009/09/16 09:50
木曜日の帰り道さん、コメントありがとうございました。
ヌスビトの意味の新解釈をありがとうございます。秋にふさわしい道ばたの花ですからね。
今日の散歩でまた道ばたに群生するアレチヌスビトハギを見ましたので、画像を付け加えてみました。
エフ・エム
2009/09/16 16:11
名前にハギとあるとおり、小さな萩ですね、群れて咲く姿は風情があります。
おもしろい形の豆の莢。これで、盗人(ぬすびと)を思い浮かべるとは、昔の人は、すごく想像力が豊か。というより、突飛な想像するもんですね。
さとみ
2009/09/17 00:52
さとみさん、コメントありがとうございました。
昔の人は、こっそり何かわるいことをするということから、ヌスビトと名付けたのでしょうか。今はとてもヌスビトとは見えませんが、秋深くなったらあまり触れて歩かないよう、気をつけます。
エフ・エム
2009/09/17 08:05
こうして拝見すると違いますね。
実ができるとある程度わかるのですが、花だけの時は
「う〜ん、どっち?」と悩ませてくれました。
花の大きさも濃さも違いますね。
まだアレチにはお目にかかっていないような・・・
でもわかりません^^
まず実を探してみます。
池田姫
2009/09/17 10:51
池田姫さん、コメントありがとうございました。
このあたりではアレチの方が巾をきかせています。
今日も両種に出会いましたが、アレチの方が昔からいるような顔をして道ばたを占領し、ヌスビトハギは道路の隅っこでちじこまっていました。アレチの花の方が季節的には少し遅いように思います。
エフ・エムな
2009/09/17 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヌスビトハギとアレチヌスビトハギ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる