道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS センブリの花

<<   作成日時 : 2009/10/22 21:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 17

野生のセンブリ (Swertia japonica (Schult.) Makino) はこのあたりでは多分見られなくなったと思います。公園で管理されているセンブリ。ちょうど花が咲いていました。

センブリは東アジア温帯、暖帯に分布するリンドウ科の小さな1−2年草で、苦味胃健薬として知られ、千回振り出してもまだ苦いのでセンブリといい、その苦味成分はゲンチオピクノシド、スウェルチアマリン、スウェロシドなどの物質によるのだそうです。

画像

画像

センブリ



画像

ついでに、カントウヨメナ
(Kalimeris pseudoyomena Kitam.)



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
センブリの花、好きなんです。
薬用植物園では紫色のが咲きます。
エフ・エムさんがご覧になったのは、白にうっすら色がついているようですね。
先日の山で私もセンブリらしいのを見ました。
初めて自然での花を見たのでそれがそうかどうか・・・。
植物園のとは違い、すごく小さかったです。
池田姫
2009/10/22 22:38
こんばんは
こちらでも野生のセンブリは見たことがありません。
かわいい花ですね。
私も見てみたいです・・・
YAKUMA
2009/10/22 23:46
「良薬、口に苦し」ということばを聞くと、私は、このセンブリを連想してしまいます。
前々から、センブリの花はきれいだと思っていましたが、(写真を拝見し)やはりきれいですね。
カントウヨメナの色味にも惹かれます。
さとみ
2009/10/23 00:04
センブリは、とても可愛い花ですね
この花、神奈川県の丹沢山に かなり多いんです
本に挟んで押し花にしたものを、チョットづつ
摘まんで口の中へ・・・・
とても苦いのですが、結構病みつきになるんです
そして、眠気覚ましにも・・・・・
わたしって・・・・変?。
yajiro
2009/10/23 01:59
池田姫さん、コメントありがとうございました。
薬用植物園のセンブリはもっと大きいのですか。やはり薬用が目的なら、大きい方がいいですね。育て方や品種が違うのでしょうか。野生のは小さくて可愛い感じでした。
エフ・エム
2009/10/23 09:00
hummingさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/10/23 09:08
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
むかしはたくさん生えていたのでしょうね。薬にするくらいですから。そちらでも見つかるといいですね。
エフ・エム
2009/10/23 09:17
さとみさん、コメントありがとうございました。
「良薬は口に苦し」、その言葉、思い出しました。センブリも良薬なのでしょうね。いかにも野草らしい草のすがた、花、もっとたくさん生えているといいのですが。
エフ・エム
2009/10/23 09:27
yajiroさん、コメントありがとうございました。
丹沢山にはまだかなり生えているのですか。うれしいことです。
押し花を食べるという話、はじめて聞きました。
胃にもいいし、目覚ましにもなるし、素敵な発想ですね。
エフ・エム
2009/10/23 09:36
センブリ、こちらではまだお目にかかってません。
ぜひ会いたい花の一つです。
山地にひっそりと咲いているのでしょうか。
野性は減ってきているのでしょうか。
「せんぶり」という言葉は薬として子どものころから親しんできました。ということは昔はたくさんあったのでしょうね。
風さん
2009/10/23 16:11
風さん、コメントありがとうございました。
センブリは生薬として最もよく知られた植物の一つですね。きっと昔はたくさんあったのでしょう。そちらでも見つかるといいですね。
エフ・エム
2009/10/23 21:33
皆さんと違って、
センブリの知識もなく、
カントウヨメナが気になりました〜!
ノギクの仲間が知りたいからです。
どこがカントウなんでしょう、本気で。
ヨメナを植えたいと思っています。
ミセスサニー
2009/10/23 23:14
センブリってあの苦いお茶の葉ですよね。
かわいい花ですね。
炊飯器
2009/10/24 00:35
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
ノギクにはいろいろあって、私も迷います。ごく普通に見られるノギクについては、先ず、頭花を開いて、ルーペで冠毛がうんと長いか、うんと短いかを調べます。うんと長ければ、一応ノコンギクかシロヨメナ、うんと短ければ一応カントウヨメナかユウガギクと考えます。ノコンギクとシロヨメナは、前者は舌状花が青紫色で葉がざらつき、後者は舌状花が白色で葉がざらつかないことで識別しています。カントウヨメナとユウガギクは葉に切れ込みがないか、あるかで分かります。
ヨメナとカントウヨメナは、冠毛の長さ(ヨメナがちょっと長い)、果実の長さ(ヨメナがちょっと長い)、葉の光沢(ヨメナは光沢がある)などの違いがあります。しかし、サニーさんの地元にはカントウヨメナはありませんので、ヨメナと考えていいと思います。

エフ・エム
2009/10/24 10:07
炊飯器さん、コメントありがとうございました。
あのかわいい花を見ると、貴方はなんでそんなに苦いのか、と問いかけてみたくなります。
エフ・エム
2009/10/24 10:19
センブリ、小さくて可愛い花ですよね。
舅が昔、山から取って来たのを、煎じて飲んでいました。
かなり、苦かったように思います。
カントウヨメナも、紫色が特にキレイですね。
応援のポチも!
みーたん
2009/10/24 15:45
みーたんさん、コメントありがとうございました。
センブリは煎じて飲んだり、薬として飲んだりで、苦いことの方を思い出しますね。でも、花もとてもいいですね。観賞用に育てているという話は聞きませんが。
応援のポチもありがとうございました。
エフ・エム
2009/10/24 19:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
センブリの花 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる