道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS カワヤナギの花(2)雄花序の変異

<<   作成日時 : 2010/03/18 23:31   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

前回の記事「カワヤナギの花」の雄花序の2枚目の写真で気になることがありました。現場では気付かなかったのですが、写真を見ると、雄花序の頂端に、雌花らしいものがいくつか集まっているのです。それで、もう一度確かめてみようと思い、昨日現場に行き、調べてみたところ、1本の枝に同様の花序がいくつか見つかりました。

そこで、そのような花序をもつ小枝を切って持ち帰り、家で調べてみました。この変わった雄花序の先端についているのは、やはり雌花のようです。

前回の2枚目の写真と今回室内で接写した写真を載せます。

画像

前回の2枚目の写真と同じ
矢印は雌花の場所



画像

室内で接写
矢印は雌花の場所



カワヤナギは雌雄異株ですから、雄株は雄花序ばかりをつくり、雄花序は雄花ばかりつけるはずです。しかし、このような変異した花序をみると、雄花も、もともとは、雄しべの原基だけでなく、発達の可能な雌しべの原基も揃っていたと考えられます。そして、花の成長の過程で、雌しべの原基が死ぬか、または雌しべの発達が抑えられるかによって、雄しべのみをもつ雄花になるように思われます。

この変異を見て、思い出したのは、トウモロコシの tasselseedという突然変異(ts1ts2という2種類の遺伝子が知られている)です。トウモロコシでは、茎の頂上に雄花序 (tassel) がつきますが、tasselseedでは、茎の頂上の花序に雌花が咲き、種子ができるのです。つまり正常なトウモロコシの雄花も、もともとは雌しべの原基をもっているのですが、雌しべが発達せずに死に、雄しべだけが発達するのです。最近、tasselseedの研究から、ジャスモン酸という植物ホルモンの一種が雌しべの発達を抑えて雄花にすることが示されました(I.F.Acosta ら {2009} Science 323: 262-265)。

カワヤナギの雄花序の異常をトウモロコシのtasselseedと結びつけるのはもちろん飛躍しすぎです。しかし、雄花序の発達の初段階で、雌しべの発達を抑える何らかの機構(植物ホルモンの関与も含めて)が一時的に働かなくなって雌花が生じたことは推測できます。残念ながら、カワヤナギをこの種の研究の対象とするのはかなり難しいでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
細かい所までの観察、大変興味深く読ませていただきました。
確かに雄花、雌花といってもそれぞれ発達しない雌しべや雄しべをつけているものも多いですね。
何の理由でそれが未発達なのか、これも植物の生存戦略なのでしょうが不思議です・・・
YAKUMA
2010/03/19 22:27
いつも細かい観察大変勉強になります。カワヤナギの花の変異全く気が付きませんでした。やはり写真をどのように撮ろうかだけではだめですね。大いに啓蒙されました。感謝・感激! 
おっさん 
2010/03/20 00:59
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
被子植物では、雄花も雌花も、若いつぼみの段階では雄しべと雌しべの原基を揃えているのが基本のようですね。そして、遺伝子の働きで、雄しべを発達させるか、雌しべを発達させるか、あるいは両性花にするか、調整しているようです。普遍性から多様性への広がりが実に見事です。
エフ・エム
2010/03/20 08:09
おっさんさん、コメントありがとうございました。
過分の評価をいただき、恐縮しております。
本当は現場で気がつくべきだったのですが、画像をパソコンに取り込んでみて、あれっと気がついたのです。案外多い変異なのかも知れません。植物からの謎の問いかけを大事にしたいと思っています。
エフ・エム
2010/03/20 08:17
こんばんは。わぁ〜!本当だ!
何時もながらエフ・エムさんの鋭い観察眼には脱帽です。
お蔭様で私も今度見る時には注意して見てみます。
教えて頂き有り難うございました。
kako狸
2010/03/20 20:45
kako狸さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
過分のお言葉、恐縮しております。
雄花序に乗った雌花、なにか遠慮がちで気の毒ですが、ちゃんと実をつけるでしょうか。そこまでフォローできそうもありませんが。
エフ・エム
2010/03/21 08:54
私など、接写写真で、始めて、違いがわかりました。
雌雄異株とは、こんなメカニズムを持ってるんですか
自然は、謎の多い、奥の深いものですね
T&M
2010/03/21 12:10
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
やはりきちんと接写してみないとだめですね。 こんなものも見つかるので、散歩は止められません。また変わったものを見つけたいです。
エフ・エム
2010/03/21 15:53
さとみさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/03/22 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
カワヤナギの花(2)雄花序の変異 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる