道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS アゼスゲの花

<<   作成日時 : 2010/04/14 20:02   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 19

アゼスゲ (Carex thunbergii Steud.) は東アジア温帯に分布する湿地に生えるスゲで、図鑑などには花期は5〜6月とありますが、このあたりの湿地ではもう花を咲かせています。

1本の茎の頂端に雄小穂がつき、その下に2〜3の雌小穂がつきます。雄小穂上に茶色に見えるものは雄しべの葯、雌小穂の上の白いひも状のものは雌しべの柱頭です。

アゼスゲだけではいかにも寂しいので、あとは最近散歩で出会ったスミレの写真を載せておきます。

画像

アゼスゲ


画像

アゼスゲの穂は金と銀
(ポチッとして見て下さい)



画像

アリアケスミレ



画像

スミレ



画像

画像

不明
葉はタチツボスミレに似ています



画像

集団行動?



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
アゼスゲは見ているような、いないような。
田んぼにあるんですね? 畔?
良く行く里山にもあるかな?今度見てみましょう。
わからないと言えばすみれ!
最近は見てもあまり撮りません・・・。
名前を調べるのがちょっと面倒で。
面倒になったら人間もお終いです^^
ミミナグサも拝見しました。ありがとう存じます。
こちらも探すには大変そう〜 笑)
池田姫
2010/04/14 22:09
こんばんは
アゼスゲですか。
この仲間も見分けが難しいので、見ない振りをしてしまいがちです。
私も観察してみます。
白いスミレ、シロバナタチツボスミレというのを見たことがありますがいかがでしょうか。
YAKUMA
2010/04/14 23:17
アゼスゲ、これが花かと思うほど、地味な花ですね
“スゲ=菅”と書くのですね。
人の姓で“菅”は、この植物だったのですか
初めて知りました。
野生の小さなスミレ、可憐ですね。
春になって、スズメも活動開始ですか
T&M
2010/04/15 00:15
池田姫さん、コメントありがとうございました。
アゼスゲは田の畦や河原や草原の湿ったところに生えています。普通種なので見つかると思います。
スミレの仲間は同定が難しいですね。葉や距(花のうしろの突き出た部分)のかたちなどが手がかりになるのですが、これかと思っても自信がもてません。
エフ・エム
2010/04/15 07:20
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
シロバナタチツボスミレというのがあることを教えていただき、ありがとうございます。はじめて知りました。
図鑑を調べてみたら、白花で距に紫の残るものをオトメスミレ、距まで白いものをシロバナタチツボスミレというとありました。
写真のスミレは花弁にも紫のすじがありますし、やはりタチツボスミレではないかと思いました。
エフ・エム
2010/04/15 07:29
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
スゲの仲間にはカサスゲという種類があって、菅笠をつくる材料です。菅さんや菅原さんの菅はカサスゲのことかなと思います。当てずっぽうで全く根拠がないのですが。
こちらには、この季節、いろいろなスミレが咲いています。それらを見るのも散歩の楽しみです。
エフ・エム
2010/04/15 07:38
isaacさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/04/15 07:40
おはようございます。今日はアゼスゲですか?
地味な花も取り上げられ勉強になります。
私はもっぱら可愛い子ちゃんばかりに目が行くようです。
反省しなくちゃ!
スミレも同定が難しく頭を抱えてしまう事も度々です。
kako狸
2010/04/15 09:22
kako狸さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
kako狸さんのSpring Ephemeral Series はとても素敵でした。
春から初夏にかけてはスゲのシーズンで、そちらにも目が行きそうです。これもまた、同定が難しいのですが。
エフ・エム
2010/04/15 15:51
アゼスゲ・・・これが開花状態なのですね。
周囲の草がなかったら・・・絵になる格好していますね。
チョッと湿地帯に見られるということは河川敷などでも見られるのでしょうか。
たぬきの独り言
2010/04/15 20:34
スゲの花って、ルーペで覗いてみると・・・
とっても、きれいで・・・不思議な形をしているんですね いつも全景を見て、わかったような気になっていても・・・ジツは、ほとんど見ていなかった
う〜ん 反省ですね〜っ
これからの時期は、その観察のチャンスなんですね。
yajiro
2010/04/15 22:49
Tatehikoさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ほんとうに絵になるすがたなんですが、まわりの雑草を排除するわけにも行きません。季節的には早く、植物体が小さいのです。もう少したつともっと丈の高いものが見つかると思います。
河川敷にもあると思います。
エフ・エム
2010/04/16 07:31
yajiroさん、コメントありがとうございました。
ルーペで見ると味のある花ですね。花にもいろいろあるので、スゲに言わせれば、こういうのが花というもので、タンポポやチューリップの花なんか、あれらは邪道だとか。
でもまあ、ユニークな花です。
エフ・エム
2010/04/16 07:41
dragon pearlさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/04/16 19:46
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/04/16 19:47
まんじゅ猫さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/04/17 08:00
ポチッ、ポチッと続けて拡大、そしてもういちどポチッ。きれいですね、アゼスゲの金と銀の穂。最初の写真、ちょっと見た目は地味で、どう(銅)かと思ったのですが、金だった! 寄り添うような銀の雌小穂が可愛く見えます。
さとみ
2010/04/19 23:04
さとみさん、コメントありがとうございました。
アゼスゲの雄の穂は、たしかに銅みたいですね。あるいは真鍮。でも雌の銀がきれいに見えたので、雄は金に昇格させました。ちょうど咲いているところを写真に撮れてよかったです。
エフ・エム
2010/04/20 08:53
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思いました。
エフ・エム
2010/04/21 09:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
アゼスゲの花 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる