道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ネジバナの左巻き・右巻き

<<   作成日時 : 2010/06/30 17:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 2 / コメント 26

野原に咲く花の少ない季節ですが、ネジバナ (Spiranthes sinensis (Pers.) Ames) は今が盛りと咲いています。

ネジバナはモジズリとも言い、日本的な感じのするラン科の多年草ですが、アジア温帯から熱帯、またオーストラリア、ニューカレドニアとかなり広く分布しているようです。

花は穂状花序にらせん状に配列しています。そして1つづつの穂を見ると、花が左巻きに配列しているものと、右巻きに配列しているものがあります。この右巻き、左巻きという性質は遺伝的に決められたものなのでしょうか。実はそうではなく、後天的に、偶然に左巻きになるか、右巻きになるか決まるものだそうです。

この現象を発見したのは、郡場寛博士ですが、残念ながらその原論文を見る機会がありません。ですが、幸い木原均博士の1972年に出された植物の左右性に関する総説 (Right- and left-handedness in plants; Seiken Ziho 23: 1~37) のコピーが手元にあり、それに郡場博士の論文がごく手短かにですが引用されていました。なお、郡場博士の原論文は1914年(大正3年)に発表されたもの(東京帝国大学紀要)ですから、今から94年も前のことなのです。

郡場博士は15839本の花序を調べて、7862本が右巻き、7977本が左巻き、すなわち約1:1としています。さらに、一つの植物の中で隣り合って生えている花序を調べたところ、右右、右左、左左の組合せの数は、74:162:72、すなわち1:2:1であることを観察しました。このことは、左巻き・右巻きがあらかじめ遺伝的に決められたものでなく、偶然に決まることを示しています。

左巻き、右巻きの定義は人によって異なり、ややこしいのですが、木原博士の定義によれば、例えばらせん階段は左巻き、ねじ釘は右巻きです。らせんは上下逆にしても左巻きは左巻き、右巻きは右巻きです。ちなみにDNAの二重らせんは右巻きです。ネジバナの写真で示すと、1枚目の花のらせんは左巻き、2枚目のらせんは右巻きです。

左巻き、右巻きの決定が遺伝的なものでないことは、ネジバナに特有なことではなく、らせん型の穂状花序をもつ植物には一般に言えるようです。またこのことは花序だけではなく、らせん型の葉序の場合にも当てはまります。左巻き葉序をもつ植物の次代は左巻きと右巻き葉序をもつ植物が分離し、同じく右巻き葉序をもつ植物からも両型の植物が得られるのが一般的のようです。

画像

左巻き



画像

右巻き



画像

間伸びしたらせん(左巻き)



画像

詰まり過ぎてよく分からないが、右巻きか



画像

画像

花色は薄いものと濃いものがあります
ラン科なので小さいけれどランの花のかたちです



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネジバナ
ネジバナ(モジスリ)には右巻きと左巻きがあることが知られている。 今年はどちらか判然としないものを見ることが多い。 ...続きを見る
小梨の雑記帳
2010/07/07 23:51
植物の右巻き、左巻きの定義
体調の方は大分回復しておりますが、前回のブログ「シナガワハギ」の後も、ブログをしばらく休んでいました。筆がさっぱり進まない、つまりスランプというのでしょうか。でも、スランプ脱出のためには、駄文でも書かねばなりません。という訳で。 ...続きを見る
道草の時間
2013/09/20 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
じゃあ、全然巻かないピンクのハブラシみたいなのは?
ネジバナとしては突然変異なのでしょうか^^
真っ正面にきれいに撮られていますね。
寝転んだの?
池田姫
2010/06/30 22:36
こんばんは
ネジバナですね。私も先日観察してきました。
この巻き具合は偶然のものなんですか。
確かに隣り合って逆向きのものをよく見かける気もします。
勉強させていただきました。
我が家のネジバナは、まだ咲きそうにありません・・・
YAKUMA
2010/06/30 22:45
ぐっ、偶然に花序らせんの左右が決まるとなると
花芽が出るときに、悩むんでしょうね・・・?
え〜っと・・・・
今度はどっち巻きに、しようかしら?
う〜ん・・・・・
あんまし悩んでいると、4枚目の写真みたいに、
左右が良くわからなく・・なっちゃうのですね
3枚目の まのびした花は・・左に決めたんでが
ど〜も ナットクできないなぁ〜・・・って
決断は早めに、決めたら自信を持って・・・
うん、ネジバナさんの教訓でした・・・??。
yajiro
2010/07/01 00:03
みちくさケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 09:15
池田姫さん、コメントありがとうございました。
ピンクの歯ブラシみたいなのがあるんですか。右にしようか左にしようかと迷っているうちに、歯ブラシになっちゃったのかも知れない。(突然変異の可能性はきわめて低いと思いますが、完全に否定もできないです。)
寝転んだ覚えはないですが、無意識に寝転んでいるかも。やばい。

エフ・エム
2010/07/01 09:30
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
葉序や花序の左巻き、右巻きはいかにも遺伝形質のように見えますが、そうでないのですね。なぜそうでないのか、また問題がでてきます。またいろいろ考えてみたいと思っています。
エフ・エム
2010/07/01 09:37
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 09:38
yajiroさん、コメントありがとうございました。
ネジバナにも、いやネジバナの花序にも、決断の早いのと、優柔不断なのがあることが、よく分かりますね。人間とにているかも。私などは、池田姫さんのいう歯ブラシ型かも知れません。右だか左だか判別の難しいほど花の詰まったのは、しつこい性質かも知れないです。
右でも左でも、きれいならせんが好ましい。今度はアイドルを探してみます。
エフ・エム
2010/07/01 09:49
末摘花さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 09:51
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 11:58
Turf-Runnerさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 13:07
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 21:03
dragon pearlさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/01 21:04
右巻き、左巻き が在るとは知りませんでした。
先日、我が人生で初めてネジバナを見て興奮しましたが左右どちらだったのかな〜?
うるい
2010/07/02 12:22
近所の市営住宅の芝生に急にネジ花の姿が立ち上がってきているのを見ていました。
つい一週間も前は、芝しか見えなかったのにです。
蘭の仲間なんですよね。
あと、一週間ほどカメラが治って帰ってくるまで掛かるそうです。間に合うかなっと思ってしまいます。
Tatehiko
2010/07/02 14:44
うるいさん、コメントありがとうございました。
ネジバナが咲いておりましたか。今がちょうど花の時期なので、またご覧になれるのではないでしょうか。
エフ・エム
2010/07/02 21:39
Tatehikoさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
近頃はネジバナを見かけることが多くなったような気もします。増えているのでしょうか。
まだしばらくあちこちで咲いていると思います。カメラの修理、待ち遠しいですね。
エフ・エム
2010/07/02 21:49
色々なタイプがあるんですね。変り種を探して歩くと楽しいでしょうね。野生らんでありながら身近にみられるネジバナは昔はヒメランと呼ばれて愛好家の間で人気が高かったのですが、それを知る人は全くいなくなってしまいました。
目黒のおじいちゃん
2010/07/04 05:21
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございました。
ネジバナをヒメランとよび、愛好家がいたとは知りませんでした。たしかに味のある植物ですし、不思議ではないですね。
調べてみると今でも苗を販売していて、結構な値段がついているようです。
エフ・エム
2010/07/04 07:54
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/04 07:57
こんにちは。
ネジバナの右巻き、左巻きは後天的なものだったのですね。
エフ・エムさんのお蔭で勉強になり有り難うございました。
今年は近所のネジバナも写す事無く時季が過ぎようとしています。
もう少し近所にも目を向けてと言われているように感じました。
kako狸
2010/07/06 13:33
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/07 07:28
kako狸さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
葉序の巻き方も後天的なのですが、花序も葉序と同様の生理現象に従っていると考えてよいのではないかと思っています。花も葉の変形であることもうまく合っているように思います。
もうネジバナもそろそろ終わりでしょうか。
エフ・エム
2010/07/07 07:52
小梨さん、TBをありがとうございました。
早速訪問させていただきました。最初の写真は左巻きを途中で止めてしまったのですね。こういうゆらぎの原因は何なのか、知りたいところです。
現在の発達した科学技術をもってすれば、きっといろいろ分かると思うのですが、目をつける科学者がいるかどうか。
エフ・エム
2010/07/08 08:47
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/10 07:00
まんじゅ猫さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/07/21 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネジバナの左巻き・右巻き 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる