道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋のタデ3種:イシミカワ、ヤナギタデ、サデクサ

<<   作成日時 : 2010/10/16 23:20   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 29

このあたりには湿地が点在しており、散歩をしながら湿地を覗き込むことがよくあります。そこにはいろいろなタデの花が咲き、目を楽しませてくれます。

今回は、先日の散歩で写したイシミカワ、ヤナギタデ、サデクサの写真を並べておきます。

イシミカワ (Persicaria perfoliata (L.) H. Gross) は、アジア温帯と熱帯に分布し、北米に帰化しています。北米ではインベーダーとして、危険視されているようです。日本では湿地や荒れ地によく見かけるごく普通の植物で、今の季節は、皿状の苞葉の上に青い実が目立ちます。この青い色は果実の色ではなく、果実を包むがくの色で、中には黒い球形の果実があります。

イシミカワの花は7月頃から咲きますが、大抵つぼみばかりで、開いている花はなかなか見ることができません。今年は7月にたまたま開花している花を見つけることができましたので、その写真も載せておきます。

ヤナギタデ (Persicaria hydopiper (L.) Delarbre) は唯一、葉を噛むとぴりりと辛いタデで、ホンタデとも言い、「蓼食う虫」のタデでもあります。今がちょうど花の季節。このタデについては、2008年10月12日の記事にも載せています。

サデクサ (Persicaria maackiana (Regel) Nakai) は湿地のタデの中では少ない方ですが、毎年同じ場所で見つかります。やはり今が花期。今回の写真の花の色が最も普通ですが、白花のものもたまに見られます(2008年9月21日の記事)。

これらの植物は、多くの図鑑では Polygonum (タデ属)に分類されていましたが、Persicaria(イヌタデ属)に入れるのが一般的になってきているようです。この分類では、Polygonum の方を和名でミチヤナギ属とよんでいます。

画像

イシミカワ
青いのはがくの色
がくの内側に果実が入っている



画像

イシミカワの花(7月6日)



画像

画像

ヤナギタデ



画像

画像

サデクサ
残念ながらつぼみばかり



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、おはようございます。☆ヤナギタデは私が大好きなラン科のネジバナを思わせる美しさがありますね。野外で遊びまくっている腕白坊主の頃、イヌタデのちょっと毒々しいほどのピンク色に<警戒>したことがありましたが、今は目にするとかわいいなって思うようになるのですから、老化は人を丸くするんですね。^^;)☆タデ科の植物では属は違うものの、やはりソバ、そしてインディゴが実に実に有用ですね。ああ、ソバが食べたい!
mnemo
2010/10/17 04:20
どれも初見の花ばかり。楽しませていただきました。
目黒のおじいちゃん
2010/10/17 08:56
お皿に盛られたイシミカワの実もきれいに色づいてきましたね。
そうそう、花はとても小さいです。
以前「もしかして・・・これか?」と思いましたもん。
ヤナギタデも美しいですね。
池田姫
2010/10/17 15:16
mnemoさん、コメントありがとうございました。
道祖神から始まるお話を拝読しました。田舎道で道祖神や小さな祠に出会うと、たしかに、祖先たちが持ち続けた信仰の深さ、強さを感じることもあります。いろいろ気付かされました。
タデは、いかにも野草という感じで素朴な花たちです。なるほど、その中から、アイやソバを古人は選んで、利用するようになったのですね。人間と野草は切っても切れない間柄です。
エフ・エム
2010/10/17 15:46
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございました。
私もいつも貴ブログから初見を花を楽しく拝見させていただいております。自然観察の参考にしたいと思っております。
エフ・エム
2010/10/17 15:50
池田姫さん、コメントありがとうございました。
なるほど、たしかにお皿に乗っていますね。秋の果物でしょうか。花のときは、白くて繊細ながくが、あんなに真青に色づいて果実を包むのは意外な感じです。やはり鳥たちの眼につくように工夫しているのでしょうか。
ヤナギタデは柳腰の美人ですが、ぴりっと辛いです。
エフ・エム
2010/10/17 16:00
イシミカワ・・・タデ科の植物ですか?
きれいな実をつけるのですね。
ツキヌキニンドウみたいに葉っぱの中央から軸が出ていて・・・こりゃ面白いですね。
やっぱり湿地と言うか川の付近に自生しているのでしょうか。
Tatehiko
2010/10/17 16:14
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
イシミカワ、名前も変わっていますが、そのすがたも変わっています。つる性で茎にはとげが生えていて、うっかりさわると痛いです。苞葉の真中から花がでて実ができるところもおもしろいですね。湿地に多いですが、湿り気のある荒れ地にもよく見かけます。ヤナギタデやサデクサは湿地性ですが。
エフ・エム
2010/10/17 20:13
こんばんは
イシミカワは見たことがありますか。
下の二つはまだ見ていません。
タデ科もいろいろありますね・・・
YAKUMA
2010/10/17 21:35
2年前の拙ブログにエフ・エムさんから頂いた
コメントの中で・・・
”イシミカワの花を見たことが ありますか ”
って書かれていたんです
んで、花さがしに行ったことを思い出しました
あんまり きれいでもない花が・・・・
何故か 気になって 気になって・・・・。
yajiro
2010/10/18 00:48
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
春のタデ(スイバ、ギシギシなど)と秋のタデはずいぶん雰囲気が違いますね。やはり秋のタデのほうが好きです。
以前によく見たヤノネグサを今年は見ていません。探しているのですが。
エフ・エム
2010/10/18 08:12
yajiroさん、コメントありがとうございました。
そういえば思い出しました。そしてすぐに見てこられましたね。あれはびっくりしました。
私も開花しているのを見たのは初めてでした。見納めということもなきにしもあらず。同じ花の写真をたくさん撮りました。ピンボケの山から1枚選んだのが上の写真です。
エフ・エム
2010/10/18 08:19
おはようございます。
イシミカワも色付いて来て目を引くようになりましたね。
実には(いえいえがくでしたね)直ぐに目が行きますが、花は地味で見落とす事が多いです。
綺麗な花の写真を拝見して今度はチャレンジしてみたくなりました。
今年はヤナギタデを見ませんでした。
そんな訳で鮎もタデ酢を付けて食べる事が出来ず、塩焼きでした。
段々ヤナギタデも少なくなってしまうのでしょうか?
kako狸
2010/10/18 08:54
kako狸さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
たしかに花の時期は、イシミカワそのものの存在を忘れてしまっています。花を撮ろうという目的がないと、見過ごしてしまいますね。ところが、実、いやがくが色づき始めると、見過ごせない植物になります。鳥も気付くのでしょうね。
ヤナギタデは少なくなっているのでしょうか。こちらでもあまり群生していないようです。本家のタデがなくなっては困ります。
エフ・エム
2010/10/18 17:32
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/10/18 17:38
Turf-Runnerさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/10/18 17:39
こんばんは♪
イシミカワの花は初めて見ました。
綺麗な実(ガクですね)を初めて見た時 タデ科の仲間らしくないと思いました。
サデクサも初めて見る花です。

かなた
2010/10/18 21:30
秋に咲くタデの仲間はどれも似ていますが、慣れてくると少しずつ見分けられるようになってきました。でも、まだまだ悩みますが…。
小さいですが、秋らしい可憐な雰囲気があって、好きな仲間です^^
humming
2010/10/18 22:45
みちくさケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/10/19 11:43
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
開花しているイシミカワの花は私も初めて見ました。成熟した実、いや、がくを見ると、確かに他のタデとはかなり違いますね。茎と葉はママコノシリヌグイによく似ているのですが。
エフ・エム
2010/10/19 11:49
hummingさん、コメントありがとうございました。
小さい花ですが、どれもきれいですね。夏の猛暑もタデたちにはあまり影響しなかったように、たくさん咲いています。これらの種はスズメやカワラヒワなどの冬の食糧になるようですね。
エフ・エム
2010/10/19 11:56
こんばんは!
ikomanokazeの日記の生駒の風です。
http://d.hatena.ne.jp/ikomanokaze/
「イシミカワ」の青い実(ガク)の色に魅かれます。
珍しいはなですね。
昨日の「ノブドウ」も大好きな秋の実です。
生駒の風
2010/10/19 21:59
どれも初めてです。 見たことがないのか、見過ごしているのか? イシミカワは葉(托葉?)を突き抜けているのが面白いですね。 実もきれいです。
小梨
2010/10/19 23:01
岡山っ娘さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/10/20 08:24
生駒の風さん、はじめまして。コメントありがとうございました。貴ブログを訪問させていただき、戻ってまいりました。
素敵な記事がいっぱい、またゆっくり拝見させていただきます。
コスモスの原には大和三山もびっくりしているでしょうね。
エフ・エム
2010/10/20 09:15
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしくおもいます。
エフ・エム
2010/10/20 09:17
小梨さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
イシミカワは湿地でなくても、少し湿り気のあるところにはよく見かけますので、きっとご覧になれると思います。この季節は実が目立ちます。
エフ・エム
2010/10/20 09:22
dragon pearlさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/10/20 17:38
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2010/10/27 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋のタデ3種:イシミカワ、ヤナギタデ、サデクサ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる