道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ウコギの花への来訪者たち

<<   作成日時 : 2011/06/13 14:08   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 33

ウコギの花への来訪者たちを観察していると、虫たちを呼び寄せる能力は、私たちが評価する花の美しさとはあまり関係がないことが分かる気がします。ウコギの花はユニークな姿ではありますが、鑑賞の対象になるような派手さはありません。ところが、この花にくる虫たちは数も多く、また多様です。

先日、雨の晴れ間に、ウコギの花を見に行きました。このあたりに自生するウコギは、ヤマウコギ (Acanthopanax spinosus (L. f.) Miq.) とオカウコギ(Acanthopanax japonicus Fr. et Sav.) ですが、このウコギは小葉のかたち、縁に重鋸歯があること、花序の柄が比較的長いことなどから、オカウコギと思われます。

やってきた虫たちの写真を並べておきます。虫の名が間違っていましたら、コメント下さるようお願いします。

画像

ウラゴマダラシジミ


翅の表側がたいへん美しいシジミチョウですが、とまっている間は翅を開かず。開く瞬間をカメラで狙っていたのですが、ピカッと光ったかと思った瞬間、飛んで行ってしまいました。

画像

アオスジアゲハ

カメラマンの慌てぶりが画像に出てしまいました



画像

ダイミョウセセリ



画像

おなじみのハナアブ



画像

ナガヒラタアブ



画像

キンバエ

家に入って来ると何とも不潔だが、
野外でみると宝石のよう
このギャップは一体なんだ?



画像

セイヨウミツバチらしい
ちょっとうれしい



画像

ホソアシナガバチの仲間
ムモンホソアシナガバチかヒメホソアシナガバチか



写真はありませんが、花にはこれらのほかに、クロマルハナバチ、コマルハナバチ、ヒメハナバチの仲間などが来ていました。

次は葉にとまっていたもの。

画像

ムシヒキアブの仲間

はっきりしませんが、サキグロムシヒキでしょうか



画像

画像

画像

ムシヒキアブの一種オオイシアブ

ウコギからブ〜ンと飛んでイボタノキへ、
イボタノキからブ〜ンと飛んでカモジグサへ
こわもて顔ですがなんとなく可愛い


ムシヒキアブの仲間は、花が目当てでなく、花に来る虫を狙っているように思われます。

画像

たぶんカイコノウジバエ
幼虫はカイコやクワゴに寄生する



画像

たぶんアシナガキンバエ



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
一箇所に来る虫たちを観察するのも
いいですね〜そして、ウコギも、
じっくり見たことがないのですが、
フラワーアレンジに使ってみたいと思っていました。

ウラゴマダラシジミがうらやましく、
キンバエが、いいモデルなのにビックリです。


ミセスサニー
2011/06/13 21:17
こんばんは
ウコギの花も咲き始めていますか。
このところ散策に行く時間がありません。
季節はあっという間に過ぎてしまいますね。
この花に、こんなに多くの虫たちが来るとは思いませんでした。
意外と人気があるんですね。
YAKUMA
2011/06/13 22:43
先生、お久しぶりです。
お元気に野外観察をしていらっしゃるご様子、
とてもうれしく思っております。
植物と昆虫の交歓(?)は今たけなわですね。
キンバエへのご感想、まったく同感です。
私の少年時代(昭和30年代末〜)、キンバエの
存在感はなかなかのものでした。
そのmetallic greenは黄金虫を思わせます。
イエバエなんぞは全く高貴さに欠ける。
なのに道に落ちた汚物にいち早く駆けつけるのが
このキンバエであって、なにゆえこんな美しい色の虫が
我先に下賎極まることをするのかと思ったものでした。

mnemo
2011/06/14 03:57
秋田の地酒えのもとさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/14 08:25
nonaさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/14 08:26
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
ウコギ科の花や実は花序のかたちがおもしろいですね。ヤツデやキヅタもよく似ています。アレンジの材料ですか。興味があります。葉のかたちも変わっていますね。
エフ・エム
2011/06/14 08:32
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/14 08:35
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ウコギを見に行ったのは1週間ほど前でしたが、ちょうど花盛りでした。このあたりでは、たぶんもう終わってしまっているのではないかと思います。
ウコギの花、人の目は惹かなくても、虫たちにはとりわけ人気があるようです。
エフ・エム
2011/06/14 08:41
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/14 08:42
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/14 08:43
winning-fieldさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/14 08:45
mnemoさん、コメントありがとうございました。
ウコギの茂みは昆虫たちの小宇宙。かれらの生き生きした姿は感動的です。どうも、こんなのを見ていると、わび、さびの心境からは遠ざかりそうです。
キンバエはほんとうに、矛盾を貼付けたような虫です。この輝くような美しさはなんなのでしょう。やはり動物の糞を食べているのに、つやつやと美しい虫にオオセンチコガネがいますが、あれに匹敵すると思います。
それにしても、キンバエを話題にして下さる方がいるのはうれしいです。
エフ・エム
2011/06/14 09:05
たくさんの虫達に人気のウコギの花、ほんとに地味ですね。
虫達は見かけじゃなくて、お味で選ぶんでしょうかね。
それとも蕊がむき出しで、密が吸いやすいのかも?
キンバエのきれいな緑色の身体、見直しました。
コガネムシやタマムシのようですね。
どうして糞なんかを食すんでしょうね。不思議です。
風さん
2011/06/14 10:07
こんにちは!
私は「ウコギ」をよく知りません。娘が母の日にたらの芽、山ウド、コシアブラ、コゴミなどを送ってくれたことがあります。
てんぷらにして楽しんだことを思い出しました。
「ウコギ」の木の写真をみると みたことがあるような気もしますが、まだこれが「うこぎ」と認識できません。
春から初夏にかけて樹木の小さい白い花が目立ちますね。小さい花ですがよく見ると可愛らしくて香りも強いものがたくさんあります。虫たちは香りに集まってくるのでしょうか?
花もどんなに小さくても大きい花と同じものを揃えているところがいじらしく感じます。ヒラタアブも小さい虫ですが大きい虫に負けないけなげさを感じます。
そうそう「キンバエ」はどうして玉虫色なのでしょうね。玉虫色のカナブンもいますね。人間(私)は偏見をもって虫をみますが、玉虫だけが美しいのではないでしょうね。
生駒の風
2011/06/14 17:39
オカウコギの花は実物を見たことがありません。
身近にあるものは、みんな小さいものばかりで。。。
本当にいろいろな虫がくるんですね。地味で白っぽい花は、ハチやアブの仲間が多いという印象があります。

キンバエのコメント、私も同感です。
キレイ!でも写真に撮るのは、どうも。。と思うことがしばしばです。
こうして拝見してみると、やはり美しいです。
ケロ太
2011/06/14 17:53
キンバエなんて 腐ったものばかりに停まるものかと思っていましたら、花にも立ち寄るのですね。
知らないってことは恐ろしいことですね。
Tatehiko
2011/06/14 18:06
風さん、コメントありがとうございました。
ウコギの花は地味ですが、おいしい蜜が虫たちを呼ぶのでしょうか。人間の感覚では分からないですね。
キンバエは糞や食べ物につかなければ、もっと評判がいいでしょうね。キンバエという名、きれいな名のはずが、不潔なイメージもある。キンバエの不徳のいたすところです。
エフ・エム
2011/06/15 08:37
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
ウコギの若い芽はおいしいらしいですね。食べたことはないのですが。
ウコギは葉がユニークなのと、枝にとげがあるので、分かりやすいです。
ウコギは香りをかんじませんでした。虫にはなにか感じるにおいがあるのかも知れませんが。いま、ネズミモチやトウネズミモチが咲いていますが、強烈なにおいですね。このにおい、関係あるかどうか知りませんが、やはりこれらの花も虫に人気があるようです。
やはり動物の糞につく虫で、オオセンチコガネという甲虫がいますが、青、緑、赤銅色と色にも変化があって、その美しさは格別です。糞と美色との関係は? 不思議ですね。
エフ・エム
2011/06/15 09:30
ケロ太さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
これらの写真は1週間ほど前のものなので、もうウコギの花もほとんど終わっていると思います。でも花のあとの果実の様子もなかなかおもしろいですね。
白っぽい花の方が虫たちに人気があるがどうかは分かりませんが、6月上旬の頃はウツギ、イボタ、ネズミモチ、ウコギなど白く群がって咲く花があり、また虫の種類も数も多いので、そう見えるのかもしれません。
キンバエも花などにとまればとてもきれいに見えますね。キンバエに限らず、近頃はハエやアブの美しさに魅せられています。
エフ・エム
2011/06/15 09:44
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
私も、キンバエって花にもとまるんだと、このとき気付いた次第です。道草の時間にはいろいろ発見があるものと実感しています。
エフ・エム
2011/06/15 09:48
ウコギの花、初めて見ましたが、
小さくて、目立つ花びらも無く地味ですね
どうして虫達が集まるのか不思議です。
匂いや香りは有るのでしょうか?
キンバエ、ここにもいます。
魚を焼いたりの臭がすると真っ先にやってくる性質も同じです
身体が光ってるから余計不気味(嫌味)に感じるんでしょうね
花に留まってる姿は、綺麗なのに
自然界から見たら、人間のイメージなんて、勝手なものですね 
T&M
2011/06/15 23:51
T&Mさん、コメントとたくさんの気持玉をありがとうございました。
この花を見ていると、虫を呼ぶのに必ずしも花びらを必要としないことが分かります。でも、花びらがあると、来て欲しい虫がくるのかも知れない。花と虫の関係が益々分からなくなりました。ウコギの花で匂いを感じないのですが、人間が感じない何かを発散しているのかも知れません。
キンバエはそちらにもいるのですね。家にはいってくると、きんきら光っているだけ、他のハエより不潔な感じです。花だけにとまるハエでしたら、いやがられないのに。
エフ・エム
2011/06/16 07:32
teddyyさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/16 07:34
ウコギの木は初めて知りました。
花が丸くて花火のようです。
5枚の葉も手のひらを広げたような可愛さですね。虫たちに好かれる木ですね。
ナガヒラタアブの飛んでいる姿 うまく写っています。静止した虫たちより可愛いです。 
かなた
2011/06/16 14:33
まず、ウコギというのが
葉っぱがかわいく、また花もじゃらじゃらと。
見たことあるかな?こちらにもあるのかなと思いました。
昆虫達にとっても魅力的な植物のようですね。
ウラゴマダラシジミはゼフィルスではありませんか?
極々短い期間にだけ現われると云う・・・。
素敵な出会いでしたね。
まっ エフ・エムさんにとってはアブちゃんやハエちゃんも同じ仲間だろうけど^^

池田姫
2011/06/16 17:03
なるほど、人間の美意識とは虫や植物の世界と違うのでしょうね。
確かに人間が綺麗と思うものだから虫が集まるのでは無いと感じます。
金バエ、屋外と室内で本当に見る時のこちらの気持ちが全く違いますね(苦笑)
松の陰
2011/06/16 18:20
へ〜、ウコギの花にこんなにたくさんの虫達が
集まるとは、知りませんでした。
チョウやハチやアブ、ハエまでも、面白いものですね。
みーたん
2011/06/16 21:19
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ウコギの花ってたしかに可愛いですね。5複葉で、虫が乗っかりやすいようなかたちです。地味な花もよくみるとおもしろいですね。
ナガヒラタアブ、どの花に行こうかなと、ホバリングしながら選択中なんですね。
エフ・エム
2011/06/17 08:51
池田姫さん、コメントありがとうございました。
ウコギの花はじゃらじゃらですか。なるほど、なるほど、じゃらじゃらです。里山に普通の植物ですから、そちらにもきっとあるでしょう。
ウラゴマダラシジミはおっしゃる通りゼフィルスです。神聖なるゼフィルスをキンバエと同等に扱うなんて、と蝶屋さんにしかられるかも知れませんが、植物屋からみたらどうってことはない・・・。口は災いのもと。くわばら、くわばら。
エフ・エム
2011/06/17 09:03
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
人間の美意識によって、すがた、かたち、色模様をすっかり変えられてしまった植物は数多くありますね。そういう植物を虫たちが好むかどうか。虫の眼によって観察してみたいものです。
キンバエ、花にとまっているだけなら憎めないんですけどね。
エフ・エム
2011/06/17 09:16
みーたんさん、コメントありがとうございました。
この花を見ていると、植物は虫たちのおかげでいろいろと花を進化させてきたということがわかるような気がします。
その虫たちを狙って、ムシヒキアブのような狩人が集まってくるのもおもしろいです。
エフ・エム
2011/06/17 09:21
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/17 11:10
タビビトさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/06/18 08:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウコギの花への来訪者たち 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる