道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりのナルコビエ

<<   作成日時 : 2011/07/28 11:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 37

ナルコビエ (Eriochloa vollosa (Thunb.) Kunth) は数年来見ていなかったのですが、先日久しぶりに再会しました。道ばたのエノコログサやメヒシバに混じって、ちょっと特徴のある穂が夏の風に揺れていたのです。

ナルコビエの穂は、一見スズメノヒエやシマスズメノヒエに似ているのですが、総(ふさ)が花序の軸の片側に偏して着き、鳴子を連想させるかたちになるので一目で識別できます。総の軸には小穂が2列にならび、軸や小穂の基部には白い毛が目立ちます。アジア温帯に原産します。

分布しない北海道は別として、全国的には普通に見られる植物とされていますが、京都府では、過去に府全域に広く自生していたが、近年見かけることが極めて稀となったとし、絶滅危惧種に指定しているようです(京都府HP)。他の府県ではどのような状況でしょうか。

画像

画像

画像

画像

ナルコビエ



画像

小穂

外側に見える頴は第2苞頴
小花は見えないが、2つあり、
第1小花は不稔、第2小花により結実する



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
いかにも雑草らしい姿ですが、これが絶滅危惧種ですか。そういえば散歩はよくしますが、見掛けた記憶がありませんな。
SOKUH
2011/07/28 11:38
さあ〜姫は感知できておりませんが・・・。
鳴子ユリというのありましたね。あのナルコね。
こういうのエフ・エムさんじゃないのでみんな緑です^^
でもあれば目立ちましょうか?
前の記事のイヌゴマはたくさん咲いていました。
ガイドの人が先に教えてくれたんですけど〜笑)
池田姫
2011/07/28 14:58
田んぼにヒエはたくさん出ておりますが・・(笑)
ヒエは皆同じかと思っていたら、種類もあるのですね。
主人は、見た事があると申しております。
みーたん
2011/07/28 21:15
総が軸の片側だけに有る、なるほど、他のは両側ですね
このナルコビエが最近少なくなってきている
再会は嬉しいですね
アップの実、ぎっしり詰まっていて食べれそう
T&M
2011/07/28 21:49
見たことある!って思いましたが
種類があるのですね。
絶滅危惧種だったらそこらへんにあるのとは違うのでしょうね。
あっこちゃん
2011/07/28 21:54
こんばんは
ナルコビエというのですか。近所でシマスズメノヒエをよく見かけます。
イネ科ははじめから避けているような私です。
少しずつ覚えていきたいのですが、その気力が続きません。
YAKUMA
2011/07/28 22:30
イネ科は似たものが多くて苦手な部類です。スズメノヒエだかシマスズメノヒエだか近所にあるので、今度よく違いを見てみます。
winning-field
2011/07/29 01:03
SOKUHさん、コメントありがとうございました。
きれいな花が咲く野草が少なくなるとすぐ気付くのでしょうが、こういうなんでもなさそうな雑草が少なくなっていることには気付きにくい傾向があるような気がします。
絶滅危惧種としているのは京都府だけのようですが、他でも減少しているのではないでしょうか。
エフ・エム
2011/07/29 08:21
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/29 08:26
池田姫さん、コメントありがとうございました。
鳴子は田畑に綱を張って、鳴りものをぶら下げて鳥を追うものですが、もうあまり見られないですね。ナルコビエという名はこの植物を見つけるのに役立ちます。

エフ・エム
2011/07/29 08:57
hanasakuさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/29 08:59
ヨッシーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/29 09:00
みーたんさん、コメントありがとうございました。
田にはイヌビエやケイヌビエがよく生えていますね。栽培種のヒエと近縁の仲間です。
ナルコビエ、スズメノヒエ、シマスズメノヒエはもうすこし乾いたところにあるようです。栽培種のヒエとはかなり縁が遠いようです。
エフ・エム
2011/07/29 09:17
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/29 09:19
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
総が片側によっていることで、見分けやすいですね。久しぶりに見つけて、儲けたような感じでした。
日本にはイネ科雑草の数と種類の多いこと、かれらにとっては天国みたいな国です。
エフ・エム
2011/07/29 09:28
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
ナルコビエを絶滅危惧種としているのは京都府だけのようですから、他所にはそこらに見つかるかも知れません。昔は群生していたそうですから、今もそんなところがあるかも知れないと思っています。
エフ・エム
2011/07/29 09:33
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
「神奈川県植物誌2001」によれば、県内の各地に普通とりますが、平塚市博物館のホームページには、湘南地区にかなり少ないようなことが書いてありました。
http://www.hirahaku.jp/hakubutsukan_archive/seibutsu/00000033/232.html
でも、YAKUMAさんのところは自然豊かな場所に思えるので、見つかるのではないかと期待します。
エフ・エム
2011/07/29 09:43
teddyyさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/29 09:46
winning-fieldさん、コメントありがとうございました。
この辺ではシマズズメノヒエが圧倒的に多いです。いつのまにかスズメノヒエが稀になってしまいました。外来種の勢いはすさまじいです。
エフ・エム
2011/07/29 09:54
naominさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/29 09:55
こんばんは!
「ナルコビエ」はめずらしい草になったのですね。
昔、私の田舎では夏にはいつでもどこでもみることができたのですが・・・
そう言えば、ずっと長いこと 気をつけて見ていないものですから、今住んでいる近所では見ることができるのかどうか?
平城宮跡の広大な草むらで見つけられるか調べてみたくなりました。
生駒の風
2011/07/29 21:56
totoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/30 07:58
秋田の地酒えのもとさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/30 08:00
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/30 08:01
目黒のおじいちゃんさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/30 08:03
マシュマロさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしくおもいます。
エフ・エム
2011/07/30 08:16
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
京都府ではたいへん少なくなっているそうですが、大阪府や奈良県ではどうでしょうか。平城京跡の草むらではどうなのか、興味深いです。
ついでですが、スズメノヒエも少なくなっていないでしょうか。こちらでは、シマスズメノヒエに圧倒されてしまったようです。
エフ・エム
2011/07/30 08:23
このような、粗草にも絶滅危惧種の波が押し寄せているのだとは初めて気づきました。
高温多湿の梅雨時のような気候が続きますが、・・・もうちょっと気をつけて観察してみたいものですね。
私には無理かな(大笑い)
Tatehiko
2011/07/30 15:20
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/31 09:54
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
目立たないイネ科雑草など、あまり注意しないうちに稀少になっていることがよくあるようです。きれいであろうと、そうでなかろうと、野草は平等に見て行かねばと思っています。これなどははっきりした在来種ですので、護ってやりたいです。
エフ・エム
2011/07/31 10:00
慶さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/31 10:01
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/31 10:02
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/07/31 10:07
ナルコビエ? スズメノヒエ? らしい草を見た記憶はありますが、名前を調べたこともありませんでした。そういえば最近はお目にかかっていません。
あらためて近くのあぜ道を見に行きましたが、繁っていたのはヒメイヌビエとおぼしきものばかりでした。
でもこうして拡大画像を見せていただくと、その細かい構造の美しさに驚きます。

夕菅
2011/07/31 15:07
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/01 11:14
夕菅さん、コメントありがとうございました。
イヌビエの仲間は田の中や畔に非常に多いですね。苗はイネそっくりで、イネと一緒に水田の中に生える困った雑草です。ヒメイヌビエとケイヌビエはイヌビエの変種ですし、タイヌビエとヒメタイヌビエは別種ですが、やはりイヌビエと似ていて、区別するのがやっかいな一群です。ちゃんと調べてみるとおもしろいと思うのですが。
エフ・エム
2011/08/01 11:31
eijiさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/01 11:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりのナルコビエ  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる