道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤブガラシの花とヒメハラナガツチバチ

<<   作成日時 : 2011/08/15 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 53

ヤブガラシ (Cayratia japonica (Thunb.) Gagnep.) は、ブドウ科の多年草で、種名にはjaponicaと付いていますが、アジアの温帯からインドネシアのような熱帯まで広く分布しています。日本では、北海道から沖縄まで分布しており、寒さにかなり強く、暑さにはたいへん強い植物です。

ご存知のように、この極めて旺盛なつる植物は、ヤブガラシ(藪枯らし)の名のとおり、巻ひげを木の幹や枝にからまして、藪や木をびっしり覆ってしまうので、これに覆われた方の植物はたまりません。一名ビンボウカズラというのですが、貧乏人は垣根や庭の手入れまで生活にゆとりがないということを意味しているのでしょうか。

ヤブガラシは7、8月の暑い盛りに、集散状花序に花を咲かせます。花は4枚の淡緑色の花弁、4本の雄しべ、1本の雌しべをもつ完全な両性花なのですが、花弁と雄しべは開花すると間もなく散ってしまい、花盤上に雌しべのみが残っています。

今年はヤブガラシが開花しはじめた頃から、完全花をカメラに収めたいと思っていましたが、7月中はなかなか見つからず、8月に入ってやっと1つ発見。その後は案外たくさん見つかるようになりました。

ヤブガラシには、直径1センチほどの実(成熟すると黒)がなるのだそうですが、まだみたことがありません。研究によると、通常みられるヤブガラシは3倍体で実ができず、たまにある2倍体の個体の花が結実するのだそうです (Okada H, et al. 2003. Acta phytotaxonomica et geobotanica 54:69-75)。

人には好かれないヤブガラシですが、虫、とくにハチにはとても好かれているようです。以前にも、ヤブガラシの花に来たモンスズメバチキイロスズメバチジガバチの写真を載せましたがが、今回はフタモンアシナガバチとヒメハラナガツチバチです。

画像

画像

ヤブガラシの花



画像

フタモンアシナガバチ(下)とヒメハラナガツチバチ(上)</o>

画像

ヒメハラナガツチバチ

幼虫はコガネムシの幼虫に寄生する



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(53件)

内 容 ニックネーム/日時
ほう、凄い。
これが完全なる花なのですね。
いつもピンクとオレンジのロウソク立てを見て、どっちが先だっけ?なんて。
虫やチョウはヤブガラシが好きですね。きっと美味しいんだ。
池田姫
2011/08/16 10:14
池田姫さん、コメントありがとうございました。
オレンジの方が先で、あとでピンクに変わるらしいです。
ヤブガラシの花もアゲハチョウがとまると、ちょっとした絵になりますね。まだ写真に撮れていませんけれど。
ハチばかり。
エフ・エム
2011/08/16 11:12
ヤブガラシの花、鮮明に撮れてますね
ブドウ科というのも面白いですが、こんな小さい花なのに蜜を出し、自然の摂理を守ってるのも驚きです。
熱帯まで分布しているそうで、ここにもあるのかな
今後注意して見てみます。
T&M
2011/08/16 13:18
ヤブガラシ、暑さにも寒さにも強いのですね。
お花、面白いですね。まるで角が生えているみたいで・・初めて見ました。
ポチ!
みーたん
2011/08/16 16:17
夏の草花は益々元気に蔓延りますね。
道端はヤブガラシがいたるところに見られます。
こんな野生の花にも虫たちは喜んで群がって・・・
虫たちにとってはまるで天国でしょうね。
あっこちゃん
2011/08/16 17:42
ヤブガラシは除草の必要な道端に生えていていつも苦労しています(^^;
同じブドウ科でもヤマブドウはこの暑さで参り気味なのに、ヤブガラシは暑さに強いとは・・・。
ヤマブドウの方が旺盛ならと願うのですが(^^;
松の陰
2011/08/16 18:16
こんばんは。
ヤブガラシに実ができるのですか。
至る所で蔓延っていますから気をつけて見てみたいと思います。
この花にはいろいろな虫が来ていますね。
名前は分かりませんが足長蜂のような大きな蜂が来ていました。蜂も大きいと怖いです。
かなた
2011/08/16 20:44
実の事、ありがとうございます。
物知りになりました。
ヤブガラシにはとても悩まされていますが、
どんどん増えます。種でしょうか?

そして、この肉食系の蜂たちも
蜜に来るのですか??

よろしくお願いします(^^♪
ミセスサニー
2011/08/16 21:35
こんばんは
ヤブガラシ、私も完全な花を見たことがありません。
見逃しているのかもしれませんが・・・
実の方は、近所の川沿いの道でよく見かけます。
でも、他の場所では見たことがありません。
YAKUMA
2011/08/16 21:52
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ブドウ科と言われると実を食べてみたい気がしますが、そこらのは実がならないので、見つけたときの楽しみです。
マレーシアやインドネシアは分布域に入っていますが、フィリピンはどうでしょう。オーストラリアのクイーンズランド州にも分布しているそうですが。
エフ・エム
2011/08/17 08:30
みーたんさん、コメントありがとうございました。
ヤブガラシは寒さにも暑さにもつよく、生育の様子も旺盛で粘り強いこと、見習うべきところがありますね。種子はできなくても、地下茎を伸ばしてどんどん増えるらしいです。
応援のポチもありがとうございました。
エフ・エム
2011/08/17 08:39
あっこちゃん、コメントと気持玉をありがとうございました。
人はあまり目にとめないような雑草の花も、意外に虫たちにとっては人気があることを近頃実感しています。虫によって好みが違うようですね。ヤブガラシの花には、アシナガバチなどがよく来ますが、あまりミツバチを見かけません。
エフ・エム
2011/08/17 08:49
松の陰さん、コメントありがとうございました。
ほんとですね。ヤマブドウがヤブガラシほど旺盛ならうれしいですが、自然というものは往々にしてこうなりますね。
このあたりにはヤマブドウは残念ながらありません。エビヅルは多いのですが、あまり豊富には実がなりません。
エフ・エム
2011/08/17 09:10
hanasakuさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/17 09:11
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
図鑑などにはよくヤブガラシの実の写真が出ているのですが、私はまだ見たことがありません。秋には注意してみたいと思っています。
ヤブガラシの花はまさにアシナガバチやスズメバチのレストランですね。ほかの虫は怖くて近づけないのでしょうか。
エフ・エム
2011/08/17 09:17
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
普通にその辺に生えているのは3倍体で、通常種子ができないですから、やはり地下茎で増えるのがはびこる原因でしょうね。どうやって広い範囲を伝搬して行くのか、不思議です。ヒルガオも基本的に種子ができないのですが、やはり至るところに生えていますね。
スズメバチは肉食といわれますが、肉を食べるのは幼虫で、成虫は肉を食べないらしいです。成虫は幼虫が分泌する液体や花の蜜、樹液を摂って生きているそうです。他の狩人蜂については知りませんが、やはり蜜をなめて栄養にしているのだと思います。
エフ・エム
2011/08/17 09:34
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ヤブガラシの実をご覧になっているとは素敵ですね。2倍体の可能性があります。ヤブガラシの葉は通常5枚の複葉(鳥足状複葉)をもっていますが、2倍体は3枚の複葉をもつそうなので、もし機会があれば見て下さるとうれしいです。
エフ・エム
2011/08/17 09:45
ヨッシーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/17 09:47
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/17 09:48
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/17 09:49
ヤブガラシの生態というか、特徴をこのように記述していただくと、興味が深まりますね。
邪魔者のような雑草がほほえましく思えてきます。
Tatehiko
2011/08/17 20:20
嫌われ者のヤブガラシに花が咲くのを待って観察されるお姿に
感心します。
小さい花がたくさん咲くのに結実しない植物を不思議に思っていましたが、「通常みられるヤブガラシは3倍体で実ができず、たまにある2倍体の個体の花が結実する」ことを知りこういうこともあるのだと参考になりました。
夕菅
2011/08/17 23:52
ヤブガラシも絵になる植物で、よく写真をとります。ブドウ科の植物の花は下にたれるものが多そうですが、不思議とヤブガラシは上向きに広がっていますね。
ヤブガラシのある場所では、スズメバチに注意です。
宮城野
2011/08/18 06:08
去年一昨年とヤブカラシは写真に撮ったのですが今年は撮っていません。
この花の様子が海の珊瑚の様な気がして興味深いのですけれどね、
私も花は見ても実が成っている所は未だ見たことが有りません。
tabibito
2011/08/18 08:55
マシュマロさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:22
Tatehikoさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
あまり注目されない雑草にも、際立った特徴があることに興味をもっています。 ヤブガラシは通常種子をつくらなくても、蜂たちにサービスしているところがおもしろいです。
エフ・エム
2011/08/18 09:29
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:30
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:31
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:32
夕菅さん、コメントありがとうございました。
ヤブガラシは嫌われものなのに、何か独特の雰囲気をもつ植物ですね。完全な花をなんとか撮りたいと思っていましたが、やっと念願がかないました。写真の出来は別として。
ヤブガラシみたいなあまり研究対象になりそうもない植物の遺伝的特性などを研究される方々がいらっしゃるのはうれしいことです。
エフ・エム
2011/08/18 09:46
winning-fieldさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:48
宮城野さん、コメントありがとうございました。
ヤブガラシはブドウ科なのに、花が上向きに咲く。気が付きませんでした。そういえば確かにそうですね。ありがとうございます。 上向きも、ハチたちへのサービスでしょうか。
エフ・エム
2011/08/18 09:49
tabibitoさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヤブガラシの花に海綿を連想したことはありませんでしたが、そうお聞きするとなるほどと思います。だいだい色にピンクの花がまじるとなかなかきれいです。
実を一度見たいものです。注意してみようと思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:55
naominさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/18 09:56
初めてコメントさせていただきます。
共通の友人が多く良くお名前は拝見していました。^^

ヤブガラシの花びらも毛がちょっと生えているんですね。
早起きして花びらをと思いつつ、いまだ実行出来ていません。(^^ゞ
蔓は絡んで嫌ですが花は懐かしさを誘います。
とんとん
2011/08/18 11:37
とんとんさん、コメントありがとうございました。
「妖精からの贈物」のとんとんさんですね。素晴らしい画像ですが、どうやって撮っていらっしゃるのかと、感嘆しております。
ヤブガラシの完全花は必ずしも早朝でなくてもよさそうです。以前はなかなか見つからなかったのですが、1度見つけたら、よく目につくようになりました。
エフ・エム
2011/08/18 21:26
ヤブガラシには実ができないんですか。 実ができるといけないと思って一生懸命除去していました。 ヤブガラシの花は庭で咲いてほしくありませんが、よく見るとなかなかきれいな花ですね。
小梨
2011/08/19 01:10
秋田の地酒えのもとさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/19 07:02
ヨッシーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/19 07:03
小梨さん、コメントありがとうございました。
通常実はできないですけど、地下茎で旺盛に増えますから、やはり除去した方がいいでしょうね。
スズメバチやアシナガバチも呼びますから。
エフ・エム
2011/08/19 07:07
おはようございます。
普段はあまり気に留めないヤブガラシですが、昆虫達にとっては貴重な生活空間なのですよね。フタモンアシナガバチとヒメハラナガツチバチの共存のように、人との共生も必要なのかもしれません。ガーデナーの立場としては悩ましい選択でしょうが…。
teddyy
2011/08/20 08:38
その昔、虚無僧が門付けして喜捨が貰えないと仲間の虚無僧がむやみに大きな音で尺八を吹くのをヤブガラシと言ったそうです。「早く払ってくれ」との掛けだったのでしょう。
SOKUH
2011/08/20 12:04
エフ・エムさん、こんにちは〜
暑さも一息つけましたね。

ヤブガラシ、花期が長いでしょうか?良く目にとまります。知らないと知るとでは興味がかわります。
虫もマクロが鮮明で綺麗でリアルです^^;
三千子
2011/08/20 16:09
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/21 07:35
teddyyさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヤブガラシの花は通常実をつけないのに、虫たちへのサービス怠りなしのボランティアです。困った雑草ですが、こんな風に見ると、なんとなく親しみを感じます。あまり被害を及ぼさない場所で旺盛に茂ってもらいたいものです。
エフ・エム
2011/08/21 07:45
SOKUHさん、コメントありがとうございました。
笑ってしまいましたが、含蓄に富むお話ですね。虚無僧だって喜捨がもらえなければ、食っていけないでしょうね。ビンボウカズラの生い茂る家の前で、虚無僧が尺八を吹き鳴らす情景が目に浮かびます。
エフ・エム
2011/08/21 07:59
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/21 08:02
三千子さん、コメントありがとうございました。
急に涼しくなって、夜もぐっすり眠れました。
ヤブガラシの花は8月一杯ぐらいでしょうか。花期はかなり長いですね。花期が終わる頃には、訪問者たちも、無事巣作りを終えているのではないかと思います。
エフ・エム
2011/08/21 08:19
翠弘舎さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/28 08:46
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/08/28 08:51
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/05 08:45
いつも遅れ遅れの記事ですが、7月と8月に見たヤブガラシの実を記事にしました。まとまって実のなるものが生えていて、花が小さめでまばらなんですが、花はほとんど実になっているものが群生していました。種類が違うのでしょうか?よかったら見て下さいね。http://blog.goo.ne.jp/namonaihananoyouni/e/b36b30cf410b41ca95444920160f8c10
実が見たことがないと言うことでしたが、zeiさんのところにも、実がついたものが載っていました。http://zeiphoto1.exblog.jp/13423813/
よしこ
2011/09/09 21:27
よしこさん、コメントありがとうございました。
先ほどヤブガラシの記事を訪問させていただきました。
とても興味深い写真と記事。
コメントを残してきました。
エフ・エム
2011/09/10 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤブガラシの花とヒメハラナガツチバチ  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる