道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光植物園にて

<<   作成日時 : 2011/09/07 23:15   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 49

1日目、中禅寺湖に向かう前、私としてはお目当ての日光植物園に立寄りました。雨が降り始める様子もなく1時間ほど園内を見学していたところ、雨がぽつぽつ降り始めたと思う間もなく、雨音高く豪雨になりました。花を一つ一つ見つけながらの散策でしたので、園内のごく一部しか回ることができず、いささか不満を残しての退散となりました。その代り中禅寺湖には予定より早く着き、前回の記事で述べましたように、そちらの方はタイミングよく、滝や湖を見物する雨上がりの時間をもてたという訳です。

日光植物園は東京大学付属植物園本園(小石川植物園)の分園(日光分園)です。園内は自然の景観がよく残されており、野草や樹木も人工的でなく、自然の中で育っている雰囲気があります。

短時間でしたので、観察できた花は多くなかったですが、いくつか写真を撮りましたので、以下に載せておきます。

画像

園内の研究室



画像

園内の一部

自然の中にいるようです



画像

チョウセンヨメナ
Aster koraiensis Nakai



画像

私が好きなウラハグサ
Hakonechloa macra (Munro ex S. Moore) Makino ex Honda



画像

シシウド
Angelica pubescens Maxim.



画像

フシグロセンノウ
Silene miqueliana (Rohrb.) H. Ohashi et H. Nakai



画像

画像

モミジガサ
Parasenecio delphiniifolius (Sieb. et Zucc.) H. Koyama



画像

オオニガナ
Nabalus tanakae Franch. et Sav. ex Y. Tanaka et Ono



画像

ダイコンソウ
Geum japonicum Thunb.



画像

画像

キレンゲショウマ
Kirengeshoma palmata Yatabe



画像

前方:エゾリンドウ
Gentiana triflora Pall. var. japonica (Kusn.) H. Hara

後方:ミソハギ
Lythrum anceps (Koehne) Makino



画像

イヨフウロ
Geranium shikokianum Matsum. var. shikokianum



以下は翌日の写真です。



画像

雨に濡れたレンゲショウマ
Anemonopsis macrophylla Sieb. et Zucc.

小杉放菴記念美術館の庭にて



画像

東照宮参道、雨に濡れた苔が美しい



画像

2日目の宿(東照宮付近)の窓からの風景

大谷川(だいやがわ)上流を望む

上流を遡れば華厳の滝を経て、水源中禅寺湖に至る

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(49件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しい旅をご一緒にさせていただいたような思いです。イヨフウロ(シコクフウロ)初見の花ですが愛媛の生まれなのでうれしかったです。
目黒のおじいちゃん
2011/09/08 05:58
目黒のおじいちゃん、コメントと気持玉をありがとうございました。
愛媛県は瀬戸内の海や石鎚山をはじめ、深い山々があって、自然豊かなところですね。日光でイヨフウロを見て、こんな遠隔の地で元気よく花を咲かせているすがたは感激的です。
エフ・エム
2011/09/08 09:08
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/08 09:11
楽しみになさっていた植物園。
もっとゆっくり鑑賞したかったですね。
是非もう一度、訪れてくださいませ。
ウラハグサって最近お庭に多く見られるように生りませんか?
雨に濡れた植物たち、秋を待ちわびているようです。
あっこちゃん
2011/09/08 10:27
日光にこんな植物園があることを知りませんでした。
小杉放菴記念美術館もあるんですね。
ますます日光に行きたくなりました。
せっかくの植物園散策でしたのに豪雨に妨げられさぞ残念だったことでしょう。
でもこれだけでも山野草と呼ばれる花々が、いかにも自然の中で咲いているような雰囲気が伝わってきます。
ウラハグサ(フウチソウ)、こんなに見事に繁るんですね。
夕菅
2011/09/08 17:52
珍しい植物もありますね。
2年前に行ったのが最後で、懐かしいです。
自然の山道を歩いているようで渓流も脇を流れていて、とっても素敵なところですよね。
環境がいいのか何でも大きく育っている様です。
イヨフウロ、チョウセンヨメナって知りませんでした。
きっと間違えて見ていたんだわ。
名札が無いとさっぱりです。
とんとん
2011/09/08 20:42
こんばんは
植物園があるのですか。勉強不足で知りませんでした。
せっかく行ったのに、雨で残念でしたね。
最後の写真、川の流れがすごいですね。
YAKUMA
2011/09/08 20:42
日光植物園は高山植物が多のでしょうか?
レンゲショウマもまだこんなに美しく咲いていたのですね。雨にぬれていっそう風情ある花の様子が素敵です。
キレンゲショウマもこれから咲くところですね。六甲山より半月ほど遅いようですね。それだけ涼しいのでしょうね。
自然に近いようにつくられた植物園でしょうね。山歩きしているような雰囲気が感じられました。
生駒の風
2011/09/08 21:56
先生、こんばんは。前回は拙blogへの過分なお言葉、本当にありがとうございました。先生のような方が見て下さっていると思うと、やり甲斐を大いに大いに感じます。☆さて上のお写真の中、印象深いもの数々あれど、やはり私の俳号が「竜胆子」ということで、エゾリンドウとミソハギのツーショットが格別です。すばらしい色の対照ですね。ミソハギは、百日紅が属す科の名前そのもの、それはつまり系統のoriginということなのでしょうか?サルスベリも私の大好きな花です。なにしろエゾリンドウの青、美しいですね。
mnemo
2011/09/09 02:09
ヨッシーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/09 08:24
タビビトさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/09 08:25
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
日光植物園は花目録をみると、やはり初夏のころが一番のようですが、この季節は秋の花が一番多く見られるようです。というわけで、回りきれなかったのはいささか残念でした。また訪れてみたい植物園です。
ウラハグサは風致草の名の方が有名で、縞の入ったものを園芸植物として売っていますね。葉の表に見える面が実は葉の裏というのが、なんともおもしろいです。
エフ・エム
2011/09/09 08:34
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/09 08:36
winning-fieldさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/09 08:36
夕菅さん、コメントありがとうございました。
日光植物園は植物園であるとともに、園全体が研究施設ですから、生態に合ったかたちで植物が保存されているのですね。研究室の瀟洒な建物も周囲の木々や前景の芝生とともに、美しい風景をつくっていました。
ウラハグサは庭作りによく使われますが、自然の中ではもっと生き生きしているようにおもいました。
エフ・エム
2011/09/09 08:49
とんとんさん、コメントありがとうございました。
2年前にいらっしゃったのですね。あの渓流の音がいいですね。今は多分水量が多いので、音高く流れていました。
イヨフウロやチョウセンヨメナは導入されたものと思いますが、とてもきれいでした。初めての花に会うのも楽しみです。
エフ・エム
2011/09/09 08:57
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
小石川植物園よりもっと自然なかたちの植物園です。植物好きには一見の価値があります。是非一度おいでになって下さい。
渓流の写真は旅の二日目のものですが、三日目の朝はさらに水かさが増えて、濁流になっていました。
エフ・エム
2011/09/09 09:04
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
日光植物園は日光市街地に近く、標高647メートルですので、高山植物には向いていないのではないかと思います。いわゆる山地の植物が豊富のようですね。
高山植物なら、東北大学植物園八甲田分園などどうでしょうか。一度行ってみたいものです。
どこにせよ、植物園は楽しいですね。
エフ・エム
2011/09/09 09:30
末摘花さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/09 09:33
mnemoさん、コメントありがとうございました。
「竜胆子」って素敵な俳号ですね。花の色とともに、秋の澄んだ空を思い浮かべます。ゲンチアナブルー (gentian blue) はまさにリンドウの花色に由来する青の名称。素敵な青です。
ミソハギの学名は、Lythrum anceps (Koehne) Makino で、サルスベリは Lagerstroemia indica L.と、ミソハギ科でも属が異なっています 。科名のミソハギ科はLythraceae ですから、ミソハギ属が国際的にもやはりミソハギ科の代表ですね。系統的にはサルスベリとミソハギはどちらが古い植物かは分からないのですが。
エフ・エム
2011/09/09 10:08
日光にこんな場所があるなんて、知りませんでした。
憧れのレンゲショウマが、気持ちよさげに咲いているのを、羨ましく見させてもらいました。
おばブー
2011/09/09 19:45
日光の方面に行ったことがないので
雨に濡れてのステキな風景に憧れが募りました。
台風の雨は残念でしたが
よい季節ですね。
日光植物園、インプットしておきます。
ミセスサニー
2011/09/09 20:56
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/10 08:32
eijiさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/10 08:33
おばブーさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
秋の山地の花々が、自然に近い環境の中で一度に見られるのがありがたいです。
レンゲショウマは植物園の中にももちろん咲いていましたが、美術館の庭のものが一番きれいでしたので、そちらを載せました。
エフ・エム
2011/09/10 08:40
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/10 08:41
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
雨に濡れた日光の風景はそれなりにいいものでした。
晴れていれば、戦場ヶ原や霧降高原でもいろいろな植物が見られると思います。一度おいでなさって下さい。
エフ・エム
2011/09/10 08:50
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/10 09:17
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/10 09:19
レンゲショウマをご覧になりましたね。
素敵な花でしたでしょう?
キレンゲショウマはちょっと感じが違いますね。私も今回ちらっと見ました。
雨が降ると大変ですけど、雨には雨の良さもありますね。
池田姫
2011/09/10 09:45
フシグロセンノウという花のセンノウとはどういう意味でしょうか ? 先日調べたヒメハナカミキリの産地がSennozan と書かれており、福井大学の教授だった人の採集だったので、福井県の地名かと思い、検索してみましたが、分かりませんでした。
SOKUH
2011/09/10 15:31
池田姫さん、コメントありがとうございました。
姫様が写真になさったレンゲショウマの群生は見事でしたね。日光植物園のはあっちにぽつり、こっちにぽつりだったので、いい写真が撮れませんでした。上の載せた博物館のものが一番風情がありました。まあ、見られたことだけでも幸いでした。
雨でも小雨位ならなんともないですが、豪雨にはかないません。
エフ・エム
2011/09/10 20:09
SOKUHさん、コメントありがとうございました。
もともとセンノウ(仙翁)という植物があって、これは野生でなく、中国からやってきた栽培種らしいです。北村四郎博士によれば、室町時代にはすでに生花に用いられたようです。その頃は仙翁華と呼ばれ、京都嵯峨の仙翁寺からでたと、室町時代の国語辞典「下学集(かがくしゅう)」に書いてあるそうです。また貝原益軒の「大和本草」には「仙翁寺今はなし」とあるそうで、仙翁という名は植物の名としてのみ、伝わっているようです。センノウ属には、センノウや上記のフシグロセンノウのほか、マツモトセンノウ、エゾセンノウ、オグラセンノウなど、「センノウ」がつくものがいくつかあります。
エフ・エム
2011/09/10 20:44
今回、一番のお気に入りは「東照宮参道、雨に濡れた苔が美しい」です。石垣と杉の根回りに生えた苔がとても美しいです。
雨に濡れて一層美しさが増したのでは?
このところ暫く山に行っていません、これから良い季節ですね、出掛けて見ようかと思いました。
suikousiya
2011/09/11 13:11
日光植物園は素敵な環境にありますね
たくさんの珍しい花を堪能させて頂きました
キレンゲショウマ、変わった形で目を引きました。
知らなかったのでネットを見ると、深山にある貴重な花で天然記念物に指定されてるのですね。
花もですが、萼が何とも趣があります
実物を見たいものです
T&M
2011/09/11 13:46
すばらしい環境ですね。
先生もさぞお楽しみだったと想像します。
これからは秋の花も観察できるでしょうし、一年中興味の尽きないところですね。
私もぜひ一度行ってみたく思いました。
松の陰
2011/09/11 22:52
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/12 08:28
ヨッシーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/12 08:29
マシュマロさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/12 08:30
suikousiyaさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
苔の道の写真を評価下さいましてうれしいです。日光は台風が来なくても雨の多いところと聞いています。そのうえ、松や木々の陰ですから、苔も美しく広がるのだろうと思いました。
これから紅葉まで、いい季節が続きますね。
エフ・エム
2011/09/12 08:36
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/12 08:37
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
標高が少しばかり高くなると、見られる植物の種類も感じも、ずいぶん変わります。雨で存分とはいかなかったですが、これだけ見られただけでもありがたいです。
レンゲショウマとキレンゲショウマは名前はほとんど同じですけれど、かなり違う種のようです。キレンゲショウマはまだつぼみが多かったですが、少し時期をずらすともっときれいでしょう。またもう一度会いたい花の一つです。
エフ・エム
2011/09/12 08:46
松の陰さん、コメントありがとうございました。
日光は東照宮一帯が世界遺産ですが、自然や生物の環境も素敵だと思います。戦場ヶ原、奥日光、霧降高原など、季節を選んでもう一度行ってみたいです。とくに、ニッコウキスゲの景観は是非一度見たいものです。
エフ・エム
2011/09/12 08:56
bt9さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/14 09:07
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/14 09:09
totoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/14 09:10
hanasakuさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/09/14 09:11
ゆっくり歩いてみたいところですね。
自然の中に咲く花姿、良いですね〜
キレンゲショウマがあるのですか!園芸種??
那須(10/10〜14)では、レンゲショウマの花、終わっていました。
三千子
2011/10/22 22:45
三千子さん、コメントありがとうございました。
自然を生かした植物園で、小石川の本園とはかなり違う感じです。ほとんど野生の植物で、キレンゲショウマもそうではないかと思いますが、確言はできないです。
レンゲショウマもちょうどいい時期でした。
エフ・エム
2011/10/23 07:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光植物園にて 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる