道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 木場公園帰化植物見本園の花(2)

<<   作成日時 : 2011/10/26 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 23

前回のつづきです。

画像

画像

サンヘンプ (Crotalaria juncea L.)



バングラディッシュ、ブータン、インドなど熱帯アジアに原産するマメ科1年草。緑肥としてよく利用されている植物です。逸出したものが帰化植物になっています。別名はコヤシタヌキマメ。

インドでは古くから繊維をとるための作物として栽培されていたそうです。現在は木材の代りにパルプの材料として使うというアイディアもあるようです。 http://www.hort.purdue.edu/newcrop/proceedings1996/v3-389.html
実用化されているかどうかは分かりません。

画像

画像

シオザキソウ (Tagetes minuta L.)



背の高いキク科1年草で南アメリカ原産。ちょっとそれらしく見えませんが、マリゴールドの仲間です。1957年に東京都江東区塩崎町で帰化が報告され、シオザキ草の名が付けられたのだそうです(日本帰化植物写真図鑑 農文教)。関東以西に見られるそうですが、まだ見たことがありません。

画像

シャクチリソバ (Fagopyrum dibotrys (D.Don) H. Hara)



中国および熱帯アジアに原産するタデ科の多年生草本。日本に来たのはいつ頃か分かりませんが、薬用に栽培されてきたようです。現在は逸出して各地に広がっているそうです。

画像

セイヨウミヤコグサ
(Lotus corniculatus L.)



セイヨウミヤコグサの花の時期は初夏ですので、例外と思いますが、1花だけ見られました。

ヨーロッパ原産のマメ科多年草で、牧草として導入されたものが帰化したと思われます。1970年代のはじめに北海道や長野県で帰化が認められたとのことです(上記図鑑)。近頃は全国でみられるようです。

セイヨウミヤコグサは在来のミヤコグサと同種で、後者の方が前者の変種 (L. corniculatus var. japonica) となっています。大きな違いは、セイヨウミヤコグサでは一つの花序につく花の数が2〜7、ミヤコグサでは1〜3と少ないことです。また、セイヨウミヤコグサは4倍体でミヤコグサは2倍体です。

画像

画像

テンニンギク (Gaillardia pulchella Foug.)



原産は北アメリカのキク科1年生草本。明治の中頃伝来し(朝日百科「世界の植物)、花卉として栽培されていますが、一部が野生化して帰化植物になったようです。

画像

画像

ヌマツルギク (Spilanthes americana Hieron.)



原産は北および南アメリカ原産のキク科多年生草本。1975年に福岡市岡部で見つかり福岡県北部に分布を広げているそうです(日本帰化植物写真図鑑)。

画像

ハブソウ (Senna occidentalis L.)



花は見られず、成熟した実がついていました。花期は夏だそうです。

熱帯アメリカ原産のマメ科1年生草本(上記図鑑)ですが、世界の熱帯、亜熱帯に広く分布しているようです。日本には江戸時代に薬用として渡来し、小笠原や南西諸島で帰化植物になっているとのことです(上記図鑑)。

なお、はぶ茶の原料としてハブソウの種子が用いられることもあるが、通常はエビスグサ(前回記事)の種子が使われるそうです。

画像

ハリビユ (Amaranthus spinosus L.)



ハリビユ! 「出た〜」という感じです。

熱帯アメリカ原産で、世界の熱帯から温帯まで広がっている悪名高いヒユ科1年草。明治の中期に沖縄に侵入して、戦後本州で広がり、近年は東北地方まで分布しているようです(国立環境研究所侵入生物データベース)。この植物が畑や牧草地に入り込むと、防除が困難な上、葉の付け根に生じる鋭い棘のため、作業する人には危険ですし、これが混入した飼料は家畜に与えられません。

次回につづく。



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
サンヘンブの豆は大きいですね。
最初に見た写真でこれは何と思ってしまいました。別名のコヤシタヌキマメがいいですね。
シャクチリソバは昨日見ました。結構あちこちで見ます。群生していると綺麗ですよね。
ミヤコグサも空き地で見られます。
テンニンギクのようにキク科の帰化植物花が多くなりましたね。
かなた
2011/10/26 14:18
こんばんは
なんか、よく見る花もありますね。
帰化植物が当たり前の植物になってます。
見慣れないものも多いですが、あまり近所にはないほうがいいのでしょう。
エビスグサやハブソウは、馴染みのある植物です。
YAKUMA
2011/10/26 20:43
帰化植物園というのは初めて知りましたが、面白い試みですね。 意外に見たことのない帰化植物が多いです。
小梨
2011/10/26 21:15
こんなにいろいろな帰化植物、さすが見本園ですね。
このあたりではあまり見ないものが多いようです。
シャクチリソバは六甲で初めて見ましたが、近くで見ると白い花弁にピンクの葯が映えてとても美しい花でした。
でも日本のソバのような1年草ではなく、たくましい宿根草だそうですね。
夕菅
2011/10/26 23:49
naominさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:12
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
コヤシタヌキマメ、前回に載せたのはコガネタヌキマメ、名前にギャップがありすぎて可笑しいです。でもこちらの方がそのものずばりですね。
シャクチリソバはあるところには繁茂しているのでしょうね。いかにも増えそうにみえました。
この見本園でもキク科が多かったです。マメ科も。
エフ・エム
2011/10/27 08:20
totoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:21
hanasakuさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:22
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:23
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ヒメジョオンのようなありきたりのものもありましたが、見慣れてしまっているせいか、目に入ってこないんです。
エビスグサやセイヨウミヤコグサなど、黄色いマメ科が目立っていました。
エフ・エム
2011/10/27 08:35
小梨さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
帰化植物だけのコレクション。東京湾の埋め立てと関連しているところが興味を惹かれます。埋め立て後一時的にたくさんの珍しいものが生えていたようです。
エフ・エム
2011/10/27 08:41
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:42
eijiさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:43
夕菅さん、コメントありがとうございました。
今は帰化植物が当たり前になってしまった日本の自然ですから、帰化植物園も必要な時代かと思います。
シャクチリソバは初めて見ましたが、見ていらっしゃる方が多いですね。これから増えてくる植物かも知れません。
エフ・エム
2011/10/27 08:53
winning-fieldさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/27 08:54
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/29 08:33
牧草として導入されたものがいっぱいありますね。
今回もほとんどが知らない外来さんですが、ハリビユは要注意ですね。
これを家畜が食べてしまったら…棘が取れなかったら死んでしまうかしら。
とんとん
2011/10/30 09:37
とんとんさん、コメントありがとうございました。
牧草として使えるものは適応力も大きいですから、帰化しやすいのでしょうね。畜産に不可欠なものです。花粉症の原因となるものもあるので、それはそれで対策が必要な気がします。
ハリビユは悪草の典型ですね。世界中で困っているらしいです。
エフ・エム
2011/10/31 08:35
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/10/31 08:54
初めてのものばかりで興味深く拝見しました。
肥やしになる草は良いですが、ハリビユは恐ろしいですね
種が大量に撒き散らされ、広がるのも早そう
キク科の仲間は、花が目を楽しませてくれますね。
T&M
2011/10/31 13:01
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/11/04 08:50
エフ・エムさん、こんばんは〜
沢山の花が見れたのですね。シャクチリソバを見てアキノウナギツカミが浮かびました。白いのも見たことがあったような??これだったりして^^?
ハブソウの種は、ちょっと気味が悪いと思ったら花は、黄色い可愛い花ですね^^
色々見せて頂いて見つけられるのもありそうですね♪
三千子
2011/11/10 22:34
三千子さん、コメントありがとうございました。
シャクチリソバの自生しているものを私も見たことがないのですが、皆さんのブログによく登場する草なので、かなり広がっているのかも知れません。来年は意識して探索してみたいものです。
見本園はなかなかおもしろかったです。また季節を変えて行ってみたいです。
エフ・エム
2011/11/11 10:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
木場公園帰化植物見本園の花(2) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる