道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 道ばたのカタバミいろいろ

<<   作成日時 : 2011/11/30 23:02   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 45

野の花も少なくなり、近所の散歩も途切れがちです。ブログネタも見つかりませんでしたので、過去の撮った写真から、今回はカタバミの写真を載せることにします。

カタバミ (Oxalis corniculata L. ) は世界に広く分布するカタバミ科の多年草。原産地はどこだか分からないようです。非常に適応性の富んだ植物に違いありません。花期は長く、5月〜10月。

カタバミといえば、庭や畑地に入り込み、深く根を降ろし、茎は四方に枝分かれして匍匐し、節からところどころに根を出し、除草が面倒な雑草です。そのしぶとさをご存知の方も多いと思います。野原や道ばたにはごく普通に見られますが、ふだんはほとんど見向きもされません。野草好きの方々のブログを拝見しても、カタバミはあまり登場しないように思います。

しかし、たまたま撮っておいた写真を改めて見ると、葉も花も実も、とても端正な植物と認識を新たにしました。カタバミの葉のかたちが紋章として使われていることも頷けます。広辞苑には「長宗我部・酒井氏などが家紋として使用」とあります。

カタバミは葉の大きさや色に変異があり、葉が小さく、赤紫色の濃いものをアカカタバミ (Oxalis corniculata L. f. rubrifolia (Makino) H. Hara) 、赤紫色を帯びた緑の葉をもつものをウスアカカタバミ (Oxalis corniculata L. f. atropurpurea (Planch.) Van Houtte ex Hegi) という品種 (form) 名が付けられています。しかしそれらの識別は難しいです。

カタバミ属植物にはいくつかの帰化種があります。

オッタチカタバミ (Oxalis dillenii Jacq.) は最近急速に増えてきたように思います。そのほか、ムラサキカタバミ (Oxalis debilis Kunth subsp. corymbosa (DC.) Lourteig)、イモカタバミ (Oxalis articulata Savigny)、ハナカタバミ (Oxalis bowieana Lodd.) も野原や道ばたでよく見かけます。

オッタチカタバミは北アメリカ原産、ムラサキカタバミとイモカタバミは南アメリカ、ハナカタバミはアフリカ南部原産です。

これらのうち、オッタチカタバミは大戦後アメリカ軍の荷物について侵入したものと考えられているということです(日本帰化植物写真図鑑 全農教)。あとの3種はおそらく園芸種からの帰化で、ムラサキカタバミとハナカタバミは古く江戸時代に日本に入り、イモカタバミは近年になって入ったものと推定されています。

画像

画像

普通のカタバミ



画像

コンクリートの割れ目にも



画像

画像

画像

画像

カタバミには
いくつかの品種 (form) があるが、
識別が難しい




以下は帰化したカタバミの仲間



画像

オッタチカタバミ



画像

画像

イモカタバミ



画像

画像

ムラサキカタバミ



画像

ハナカタバミ



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(45件)

内 容 ニックネーム/日時
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/01 08:41
winning-fieldさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/01 08:42
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/01 08:43
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/01 08:44
雑草!蔓延る!迷惑!
なんとネガティブな言葉ばかりのカタバミですが・・・
この憎めない可愛い花たち。
ついカメラを向けたくなりますね。
・・・でも種が飛ぶ前に除去してしまわないと大変な事になる・・・ってカタバミの花を前に複雑な心境です。
あっこちゃん
2011/12/01 10:45
カタバミの種類は、私に見えるものだけでもたくさんの種類がありますね。
種の鞘を立ち上げて、その中に一輪咲いている風景など格好がいいので、私のすぐカメラを向けています。
Tatehiko
2011/12/01 12:14
カタバミ
こんなにも種類があるのですか
ちよっと可愛い
簡単に雑草って思って抜けなくなりました
まりた
2011/12/01 14:43
我が家の庭にも、葉が紫色っぽいカタバミが、多く生えています。抜けども抜けども無くならず。。。
大振りな紫色の花が咲くカタバミは、随分前に“オキザリス”という名で売られていたものを購入し、庭に植えましたが、何年後かに夫が雑草と思って抜いてしまいました。
でも、かろうじて根が残っていたのか、葉が芽を出しています。栄養不足なのか、花は咲いてくれません。。。
ケロ太
2011/12/01 17:41
外国からのカタバミもありますか?じゃあ、オキザリスって何?
ハートが集まった葉っぱも可愛いし、花もかわいい。こういうの草取りする人の気が知れません。笑)
私は絶対取らないです。あっ 庭がなかった・・・。
ハナカタバミって凄くラブリ〜!見たことありません。
池田姫
2011/12/01 18:10
カタバミは紋章になったくらい一般的な草ですが、よく見るととてもきれいですね。
小梨
2011/12/01 19:45
草花のカタバミの花も、良く見ると
キレイな花ですよね。
ところで、イモカタバミとムラサキカタバミの
違いが良く分からないのですが・・(ポチ!)
みーたん
2011/12/01 20:50
イモカタバミをエフ・エムさんのブログで知りましたが
まだまだ種類があるのですね。我が家のカタバミもをはじめ、じっくり観察してみたいと思います。
三千子
2011/12/01 22:27
カタバミは他所で見るとかわいい花ですが、自分の庭で見ると困り者です。
匍匐する根は取りにくく、また早熟ですぐに果実をつくり、また一つの果実の中の種子の多い事!
芝生の中に広がるともうどうしようもありません。
オッタチカタバミは草丈はあっても抜き易いですね。
今、オキザリス バリアビリス ホワイトが満開です。 
夕菅
2011/12/01 23:57
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
庭に生えてきたものを抜いていると、ほんとに迷惑な雑草と思ってしまいますが、道ばたで花を咲かせているものを見ると愛着がわきます。特に葉の小さくて紅いアカカタバミが好きなんです。適当な写真が見つからなかったのですが。来年はきれいに撮ってみようと思っています。
エフ・エム
2011/12/02 08:24
totoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/02 08:27
daoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/02 08:28
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
カタバミは花もきれいですが、葉のかたちがとてもいいですね。形はクローバーと似ていますが、雰囲気がだいぶ違います。紋所になっているのもさもありなんと思います。
エフ・エム
2011/12/02 08:34
まりたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
花も葉もよくみるととても可愛いのですが、世界中にはびこっているだけあって、すごくしぶといです。庭に入って来たものはやはり抜かざるを得ないですね。
エフ・エム
2011/12/02 08:38
ケロ太さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
庭に生えて来たカタバミは、ほんとうに抜けども抜けどもですね。地面を匍匐し、根をあちこちに出すので、どうしても一部残ってしまいます。大した戦術です。
いろいろな園芸種をオキザリスとして売っていますね。どんな種類があるのか、園芸種にも目を向けてみたいです。
エフ・エム
2011/12/02 08:44
池田姫さん、コメントありがとうございました。
オキザリスは正式にはカタバミの仲間の属名ですが、外国から入って来た園芸種にはオキザリスという名で売っているものが多いですね。いろいろな種が含まれているのではないかと思います。
カタバミは可愛いのですが、庭に入ったものは相当な「わる」ですからしょうがないです。
エフ・エム
2011/12/02 08:56
小梨さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
葉のかたちは自然がつくった傑作の一つと思います。紋章への図案化もあまり苦労しないでできたでしょう。
エフ・エム
2011/12/02 09:01
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/02 09:12
みーたんさん、コメントありがとうございました。
イモカタバミとムラサキカタバミは葉で区別するのは難しいですね。花は違いがよく分かります。花の中心が濃いピンクなのがイモカタバミ、淡い緑色なのがムラサキカタバミです。このあたりでは、イモカタバミの方が多く自生しているようです。
エフ・エム
2011/12/02 09:18
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/02 09:19
三千子さん、コメントありがとうございました。
今、いろいろなオキザリスの園芸品種がありますね。イモカタバミもそうですが、どれも魅力的です。これからもいろいろ観察してみるつもりです。
エフ・エム
2011/12/02 09:32
夕菅さん、コメントありがとうございました。
カタバミは庭に入るとほんとうに困りますね。1個体も四方に匍匐し、根をおろし、その上多数の種をばらまくという具合。おまけに多年草で、適応性は最高の部類です。原産地が分からないほど世界に広がっているとか。
花も葉もかわいいし、ヤマトシジミを養っているところは好感がもてます。
エフ・エム
2011/12/02 09:42
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/02 09:43
こんばんは
オッタチカタバミ、初めて聞いた時は冗談かと思いました。
我が家のプランターにも、毎年必ず芽生えています。
根がしっかりしていて、見た目より手強いものですよね。
YAKUMA
2011/12/02 23:40
アカカタバミが庭の芝生のなかで増えて退治が出来ません。黄色い花が咲くと綺麗なのですが困った野草です。
イモカタバミはこんもりと咲きますから花として植えています。嫌われる野草ほど増える気がしてしまいます(笑)
カタバミに似た園芸種のオキザリスは喜んで植えています。
写してみればどのカタバミも綺麗な花ですが、ブログに載せたいと思ったことがないのはアカカタバミのせいかもしれません(笑)
かなた
2011/12/03 00:00
ヨッシーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/03 08:50
末摘花さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/03 08:51
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
オッタチカタバミて誰が名付けたのでしょう。オッは余分ですね。数年前からやたらと目立ち始めました。花はけっこうきれいなので、最初は庭に残していたのですが、のさばり始めたので今はきれいに抜いています。
エフ・エム
2011/12/03 09:18
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
やはりカタバミに困っていらっしゃる方が多いですね。カタバミを退治していると、芝も傷ついてしまいます。カタバミ、ツメクサ、チドメグサが三悪でしょうか。
イモカタバミ、ムラサキカタバミはきれいで強いので好きです。
エフ・エム
2011/12/03 09:21
カタバミ、姿と名前は知っていましたが、
こんなに詳しく教えていただき、今まで結局何も知らなかった事が判りました
根っこの強さ、種の飛ばし方、どれも繁殖力の強さですね。
繁殖力が強い→子孫繁栄の理由で家紋にも使われていたとは
花もムラサキ系があるとは、初めて知りました。
間近で見ると、可憐ですね
T&M
2011/12/03 17:07
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
カタバミは原産地が分からないほど世界各地に分布しているそうですので、そちらにもあるでしょうね。ともかく、どんなところにも元気な植物で、こちらでは半年以上も花を咲かせています。能天気なところも感じられて、おもしろい植物です。栽培種にもいろいろあって、もう少し知りたいところです。
エフ・エム
2011/12/04 07:56
マシュマロさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/04 07:58
カタバミの話題は〜熱くなりますね!
わたしもこの端正な葉が透きなのですが、
ムラサキカタバミには泣いています。
大きくなり、しかも根絶できない!
これを見て友人が「ビンボウグサ」と呼んだときには
一瞬ドッキリしました(笑)
ミセスサニー
2011/12/04 23:36
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
ムラサキカタバミは、ビンボウグサはちょっと可哀想ですが、増え始めると厄介な植物のようですね。
外来生物法の「要注意外来生物」にも指定されていて、畑地の難防除雑草、また在来種と競合のおそれがあるとされています。在来種とは、あの厄介なカタバミのこと? いや、たぶん、カタバミ科の希少種をさしているのでしょうね。
エフ・エム
2011/12/05 09:10
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/06 08:30
彩さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/06 17:15
カタバミというとやはり書かれてますように庭や畑での厄介な草ですが、私にはその厄介なカタバミとの苦戦のほかに、ドイツに留学していた時のカタバミのよい思い出があります。
このエピソード、エフ・エムさんの記事を機に一回書いてみたいと思います。
松の陰
2011/12/06 22:09
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2011/12/07 08:22
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
庭でもカタバミは困った雑草ですが、畑をなさっている方にはなおさらのことでしょう。
世界でもっとも繁栄している植物の一つですね。
ドイツでのカタバミに関するエピソード、楽しみにしております。
エフ・エム
2011/12/07 08:29
家族から、[植物博士。」といわれているんですが、しらないはながあるとはしりませんでした。はなかたばみが、あるのはしりませんでした。しらないはながしれたので、うれしかったです。
しゅんすけ、あきら
2014/07/23 13:26
しゅんすけ、あきらさん、コメントありがとうございました。
ハナカタバミは園芸種なんですが、野生化しているものもよく見られます。かなり強い植物なのでしょうね。
エフ・エム
2014/07/23 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
道ばたのカタバミいろいろ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる