道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS ツルウメモドキの雄花と雌花

<<   作成日時 : 2012/05/21 17:25   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 34

朝、近所の公園に行って、金環日食を見ました。曇りという予想だったので、半ばあきらめていましたが、幸いにも雲の隙間に、金環日食をはっきり見ることができました。

それはさておき、晩秋には鮮やかな朱色の実(実体は朱色の仮種皮に包まれた種子)が目立つツルウメモドキが、今は地味な小さな花をたくさん咲かせています。以前にも書きましたように、ツルウメモドキは東アジア温帯に分布するニシキギ科の落葉低木で、活け花の材料としてなじみ深い植物です。

ツルウメモドキの花は、がくが5裂し、花弁が5枚あります。雌雄異株で、雄花は5本の雄しべと退化した雌しべをもち、雌花は先端が3裂した1本の雌しべと5つの退化した雄しべをもっています。

目立たない花ですけれども、虫たちには人気があるらしく、ハナバチ、ハナアブ、ハナムグリなどがたくさん来ていました。今年の秋にはまたあの美しい実がたくさん見られることでしょう。

画像

ツルウメモドキ(雄株)



画像

雄花

がく(5裂)、花弁(5枚)、雄しべがはっきり見えます
退化した雌しべは花の奥に隠れています



画像

雌花

突き出しているのは雌しべ
先端が3裂しています
退化した5本の雄しべは雌しべの周辺に見えます。



画像

晩秋〜初冬の果実(2011.12.5)



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
ツルウメモドキ、花の季節ですか。
私も見に行きたいですね。
今日の日食は、薄い雲越しに金環を見ることができました。
もう少しすっきりと見たかったです。
YAKUMA
2012/05/21 22:16
庭にツルウメモドキがあります。実がなるので当然雌花が咲いているのでしょうけれど、今まで気に止めていませんでした。実は派手で、お正月用に大きく切って活けましたが、他の花がなくなった後、水を捨ててドライに。今も玄関に飾っています。
目立たない花なので見過ごしてしまいますが、御ブログの写真を頭に入れて、明日は花をまじまじと見つめてみます。ありがとうございました!
703
2012/05/21 22:57
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ツルウメモドキの花をしっかり撮りたくて、この季節を待っていました。雄株と雌株が並んでいて、幸いでした。
金環日食、見えなかったらがっかりでしたね。これもまた幸いでした。
エフ・エム
2012/05/22 08:37
タビビトさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/22 08:38
703さん、コメントありがとうございました。
ツルウメモドキが実る秋の庭はいいですね。秋、冬の活け花の材料としても貴重なものですね。
花は地味なのですが、ハナバチの仲間がせっせと花粉を運ぶのを見るのも楽しいものです。ハチが好む花なので、受粉も効率よく行われるのでしょう。
同じニシキギ科でもニシキギは両性花をもち、雌雄がないこともおもしろいです。
エフ・エム
2012/05/22 08:56
彩さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/22 08:57
eijiさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/22 08:58
近くの貯水池のヘンスに絡まっています。
秋に小さな真っ赤な実がびっしりと付いています。雌雄異株ですか。
花の写真でよく分かりました。

かなた
2012/05/22 21:34
いつも実がなっている姿しか見たことがないんですが
こんなお花が咲くのですね。
この時期の低木の木の花はこのようなお花が多いですね。
我が家にはニシキギがあって今花が沢山咲いてくれていますが実がならないんですよね。。。(ー_ー)!!
あっこちゃん
2012/05/22 21:52
ツルウメモドキ、初めて知りました。
目立たない花で、あんなに綺麗な赤い実ができるとは思いがけないです。
梅モドキというのは、どうしてなのでしょう
花の形が梅のようだから、実が梅のようだから
考えてしまいます
T&M
2012/05/22 22:58
totoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:10
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:11
toshiさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:12
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:13
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
フェンスがあれば、ツルウメモドキは喜んでからみつくでしょう。種子で増えますから、たくさんあれば、雄も雌も見つかるでしょう。花をみれば一目瞭然ですね。
エフ・エム
2012/05/23 08:18
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
こんな花からあんな朱色の実ができるとは、想像しにくいです。
ニシキギ、マユミやマサキの花も地味ですが、実はきれいですね。
ニシキギの花は基本的には両性花なので、実がなると思ったのですが、もしかすると他花受粉が必要なのか。調べてみないと分かりません。
エフ・エム
2012/05/23 08:31
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:32
2年前ツルウメモドキの苗をいただき庭に植えてありました。
急いで見に行ってみましたが未だ花はありません。
もう一つ驚いたのはこんなに大きく育つことです。今の場所では将来たいへんですし、1株では実も成らないでしょうから考えないといけません。
記事にしていただいて本当にありがとうございました。
夕菅
2012/05/23 08:32
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:33
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ツルウメモドキはニシキギ科ですが、どれも花が地味です。でも秋になると、存在感が出て来ます。花の方はうっかりすると見落としてしまいます。
ツルウメモドキという名は、別にウメモドキという木があり、つるになるウメモドキという意味だと思いますが、ウメモドキは縁のないモチノキ科の植物です。実のついたウメモドキの写真は以前に載せたことがあります。
http://michikusanojikan.at.webry.info/200909/article_9.html
この植物をなぜ梅もどきというか、定説がないようです。花はとても小さいので、木または葉のかたちからでしょうか。
エフ・エム
2012/05/23 08:48
夕菅さん、コメントありがとうございました。
ツルウメモドキが実るお庭はきっと秋には風情があることでしょう。まだ若い木なのでしょうか。
ツルウメモドキは剪定によってこじんまりと仕立てられるのではないでしょうか。私には剪定の知識がないのですが、そのようなすがたのものも見たことがあります。植木屋さんとか、専門の方にお聞きになるとよいかと思います。
エフ・エム
2012/05/23 08:59
近くの公園にニシイギがあり、目立たない花を見るのが春の楽しみです。でも、花に気付いている人はほとんどいないみたい。
ツルウメモドキも実は鮮やかだけど、花は知りませんでした。探してみます。
winning-field
2012/05/23 14:01
winning-fieldさん、コメントありがとうございました。
ニシキギの花も目立たないですね。まだツルウメモドキの方が目立つかな。ゴールデンウィークの頃、北の丸公園でたくさんのニシキギが花を咲かせているのを見ました。たしかにこの花に気付いている人は少ないと思います。秋には紅葉で人の目をひくでしょう。
エフ・エム
2012/05/23 21:33
daoさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 21:35
このみさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/23 21:35
あの素敵なツルウメモドキの実、残念ながらあまり出会ったことがないのです。
萼と花びらが同じ色で目立たないお花でしょうね。
雄花、雌花、ブログであまり紹介されていない気がします。
いいものを見せていただきました♪
とんとん
2012/05/24 21:26
まあ、雄花と雌花があるんですね。花も初めて拝見させていただきました。今の時期実のなるものの花が地味に咲いていますね。でも、他に華やかなものがあるので、気がつかずに秋になって実を見て、初めてその木に気づいたりします。今日もたぶんマユミの花だと思うのですが、たくさん小さな花をつけている樹を見かけました。山モモがもう小さな実をつけていて、毎年花が咲くはず、見逃さずにと思いながら、また今年も見逃してしまいました。こういう樹にはいろんな虫が集まっていて面白いですね。花より実(じつ)を取ると言うところでしょうか。
よしこ
2012/05/24 22:14
I子さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/25 08:05
とんとんさん、コメントありがとうございました。
ツルウメモドキは以前いくつかの場所で見つけたのですが、ちかごろあまり見なくなりました。雑草と一緒に刈られたか、または庭に植えるためにもって行かれたか。
花は小さくて薄緑ですから、あまり人の目にはつかないのですが、虫たちはよく気付いているようです。なにか惹き付けるものがあるのでしょうね。
エフ・エム
2012/05/25 08:11
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/25 08:13
よしこさん、コメントありがとうございました。
里山を散歩すると、今はノイバラ、ガマズミ、ウツギ、イボタなどが目につきます。でも、目立たないけれど地味な花もいろいろ見つかりますね。近頃はこういう花にも目を向けるようになりました。集まってくる虫たちをみるのも楽しみです。小さな花も虫とのコラボでおもしろい写真が撮れるかもしれません。
ヤマモモも雄株、雌株があって、どちらも地味な花ですね。もう実をつけていますか。
エフ・エム
2012/05/25 08:32
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/25 08:37
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/05/28 22:07
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2012/06/07 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツルウメモドキの雄花と雌花  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる