道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 花に来た虫たち(2012年前期)(1)

<<   作成日時 : 2012/07/14 16:58   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 35

昆虫たちの中には花の蜜を吸って生活しているものがたくさんいます。一方植物はこれらの虫たちに花から花へ花粉を運ばせ、自身の繁殖の手伝いをさせています。

顕花植物が発達し、花粉の虫媒も行われたのは白亜紀(1億4千年〜6千5百年前)の前期〜中期からと推定されているようですが、花と花を訪れる虫とはこんなに長い長い付き合いの過程で、花は虫を効率よく呼び寄せるために、虫は花から花へと移動して蜜を吸いやすいように、共進化してきたのです。植物には雄花、雌花の区別があるものが多く、また両性花であっても、自家受粉を避ける工夫をしているものも多いです。花にとっては直接触れることのない受精相手の花よりも、自分に直接触れてくれる虫の方が親しみやすい相手、あるいは恋人のようなものかもしれません。

まあ、そんな理屈はともかく、虫が止まっている花はなんと生き生きとうれしそうに見えるではありませんか。今年前期に写した花を訪れる虫たちの映像を、2度にわたり並べておきます。

なお、不明とした虫、名前を間違えている虫について、ご存知の方からコメントいただければ幸いです。

画像

ビロウドツリアブ (4/8)

春先に現れるもしゃもしゃしたツリアブ

花から花へ飛んで長い口吻で蜜を吸う
花を入れられなくて残念



画像

タンポポの上のフタモンアシナガバチ (4/24)



画像

画像

シロスジヒゲナガハナバチ (4/29, 5/16)

花は上がムラサキサギゴケ、下がツツジ



画像

ナノハナの上のシマハナアブ (4/30)



画像

ナノハナにぶら下がるクマバチ (4/30)



画像

ナノハナにかくれるツマキチョウ (4/30)

今年は少なかった



画像

ハルジオンの上のアブ(正体不明) (5/16)

きれいなカップルです



画像

ハルジオンの上のシマアシブトハナアブ?(5/16)

脚がぶっとい



画像

ハルジオンの花にとまるヒメウラナミジャノメ (5/16)



画像

アゲハチョウ(5/16)

ネギボウズが好き?



画像

ルリハナアブ (5/16)

わたしゃあんたのファンです
バルジオンの花と再登場願いました



画像

シャスターデージーの花の上のナガカメムシの1種?(5/21)



画像

なんだこりゃ(5/21)

シャスターデージーの花の上の変なカメムシ



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
花に来た虫たち(2012年後期)
7月中頃「花に来た虫たち(2012年前期)」(1)および(2)というタイトルで、道ばたや野原の花にきた昆虫たちの写真を載せました。 ...続きを見る
道草の時間
2012/12/04 21:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
ビロウドツリアブ、私はこの春初めて知りました。
丸いからだと長い口吻が面白いですよね。
小さいものや大きいもの、艶もあって色々ですね。
YAKUMA
2012/07/14 20:31
花の写真を撮っていると屡々名前がわからない虫に出会います。こうして見せていただくと、あの時の?とあとで照合できて助かります。
今日はアシナガバチにもいろんな種類があることを知りました。次からは写真を撮っておきます。
フタモンアシナガバチは精悍な美しい形の蜂ですね。
夕菅
2012/07/15 08:50
ハナアブは可愛らしいですね、見るとすぐカメラを向けてしまいます。
花と虫は絵になりますね。

胴にくびれが無い蜂は刺さない、くびれている蜂は刺すと、覚えているのですが、コアシナガバチに差されてしまいました。
今は治っているのですが、今度は痒くなってきました。
フタモンアシナガバチが、ちょっと怖そうに見えます。
とんとん
2012/07/15 18:21
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/16 08:45
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ビロウドツリアブは春の早い季節には普通に見られるのですが、出現する期間が短いので、忘れていると見逃してしまいます。その点、ツマキチョウと同様ですね。
エフ・エム
2012/07/16 08:49
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/16 08:50
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/16 08:50
夕菅さん、コメントありがとうございました。
花には小さなハチがたくさん来るのですが、ほとんど名前が分からないです。正確に名前を知るには、翅の脈のかたちなど細かいところを調べねばならないので、捕まえないと分からないものが多いです。でもカメラでとらえると、なんとたくさんの種類がいるものかと驚いています。
アシナガバチのような大型のものは分かりやすいですね。
エフ・エム
2012/07/16 08:58
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/16 08:59
とんとんさん、コメントありがとうございました。
ハナアブやヒラタアブは縞模様がくっきりしてきれいですね。ハチへの擬態という話ですが、ハナバチやアシナガバチの模様より凝ったものが多いように思います。
アシナガバチに刺されるとけっこう痛いですね。そんなところに巣を作られては困ると思って、巣を取り去ろうとしたら刺されたことがあります。電光石火の早業でおどろきました。
エフ・エム
2012/07/16 09:12
こんにち(^^)


綺麗ですね〜!!
そうですね・・・もう蜂さんが活動する
季節でしたね〜〜〜。

改めて夏を感じました(^^)

ヨッシー
2012/07/16 12:05
こんにちは!
「ビロウドツリアブ」のこと知りませんでした。
エフ・エムさんのおかげでアブの違いも観察するようになりましたが、知らないことが次々とでてきますね。
1昨日クマゼミが土の中から顔出して小さな葉にとまって脱皮していく様子を観察しました。白い身体と薄い緑っぽい羽が広がっていきました。朝には一人前のクマゼミになってどこかへ飛んでいきました。
物干しで何度もアシナガバチをみることが多くなったので 観察していると植木鉢の後ろに入っていきます。なかなか見つからなかったのですが、小さな巣をみつけとりのぞきました。今年の夏は虫たちとどう付き合おうかと思っているところです。
生駒の風
2012/07/16 17:10
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/17 11:48
ヨッシーさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
あまりの蒸暑さに散歩もお休みです。いくら散歩が好きでも熱中症はごめんです。
いまは部屋で春から初夏に撮った花にきた虫やその他の写真を整理しています。
ヨッシーさんもあまり無理なさらないで下さい。
エフ・エム
2012/07/17 11:56
花と昆虫の蜜を介しての共生、うまい仕組みだと感心しますし、同時に自然の不思議も感じますね。
昆虫たちの、蜜に一心不乱の姿が微笑ましいです
ネギボウズにも蜜があるんですね。
シャスターデージーの黄色い管状花はフカフカで気持ちよさそうですね。
カメムシも昼寝中
T&M
2012/07/17 12:45
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/17 13:24
彩さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/17 13:25
totoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/17 13:26
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
ビロウドツリアブは春先にはごく普通に見られるツリアブですが、出現する期間が短いので、うっかり見落としてしまいがちです。ホバリングが得意で、そのすがたはユーモラスです。
そちらにはクマゼミが多いですね。こちらでもいるにはいますが、1年に1度、1匹だけ鳴く程度、非常に少ないです。京都と岡山に住んだことがあるので、あの大合唱はよく分かります。これからがシーズンですね。
アシナガバチもシーズンかと思います。庭で巣をつくられるのは困りものです。虫との付き合いはけっこう難しいですね。
エフ・エム
2012/07/17 13:40
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/17 13:41
この暑さの中、どの虫たちもセッセとセッセと働いているのですね。
その頑張りに負けられないと思いながらも
この暑さには早くもへたばりそうです。
あっこちゃん
2012/07/17 22:35
花を見ていると、いろんな虫たちが
次から次とやって来るので、楽しいですね。
私もエフ・エムさんの写真を見て虫の名前を
覚えています。
みーたん
2012/07/17 23:05
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/18 10:30
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
グリーンカーテンにしているゴーヤの花を見ていると、暑さには無頓着な虫たちが次々と観察できます。雄花から雌花に花粉をちゃんと運んでくれているみたいです。ありがたいですね。
エフ・エム
2012/07/18 10:36
みーたんさん、コメントあいがとうございました。
ハルジオンはヒメジョオンの上には小さな虫が多いですね。名前を判定できないものが多いですが、分からなくても、おもしろいです。なるべく写真を撮るようにしています。
エフ・エム
2012/07/18 10:45
虫たちがやって来た花たちが活き活きとしている風に観察された記事に新たな感激を覚えます。
Tatehiko
2012/07/18 21:34
翠弘舎さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/20 05:21
このみさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/20 05:22
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
花だけでももちろんきれいな写真がとれますが、虫が入ると花にも動きが出てくるように感じています。でも動くやつを撮るのはむつかしいですね。
エフ・エム
2012/07/20 05:29
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/20 05:30
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/20 05:31
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/20 05:31
ツユヒメさん、気持玉をありがとうございました。
エフ.エム
2012/07/21 15:10
winning-fieldさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/07/22 06:35
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/08/06 20:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
花に来た虫たち(2012年前期)(1)  道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる