道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜イングリッシュガーデン:秋のバラたち(2)

<<   作成日時 : 2012/11/10 21:50   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 33

前回の続きです。

画像

タイフーン (Typhoon) ハイブリドティローズ 1972 ドイツ Reimer Kordes



画像

ラマリエ (La mariee) フロリバンダ 2008 河本純子



画像

ジューン・ブライド (June Bride) フロリバンダ 2007 河合伸志



画像

粉粧楼 (フェンツァンロ Fun Jwan Lo) チャイナ 20世紀初頭 作出国、作出者不明



画像

デンティ・ベス (Dainty Bess) ハイブリッドティローズ 1925 WEB Archer イギリス



画像

オンディーナ (Ondina) ハイブリッドティローズ 1986 小林森治 



画像

サムシングブルー (Something Blue) ハイブリッドティローズ 2003 三根薫



画像

ブルーバユー (Blue Bajou) フロリバンダ 1993 W Kordes ドイツ



画像

涼 (Ryoh) フロリバンダ 2006 河合伸志



画像

セブン・シーズ (Seven Seas) フロリバンダ イギリス Jack Harkness 1971



画像

ラベンダー・ピノキオ (Laveder Pibocchio) フロリバンダ 1948 アメリカ E.S.Boerner



画像

一葉 (Ichiyoo) フロリバンダ 2006 河合伸志



画像

禅 (Zen) フロリバンダ 2005 河合伸志



画像

空蝉 (Utsusemi) フロリバンダ 2011 河合伸志



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
オンディーナ (Ondina)と言うのは青みがかっているのですか?こんな色のバラが好きですね。
後は禅 (Zen)も好みです。
tabibito
2012/11/11 18:14
バラの花を見ても原種・オールドローズ・モダンローズの区別も出来ず、大輪だからハイブリッド・ティ? 房咲きだからフロリバンダ?ほどのバラ音痴です(笑)。
バラを検索してみて、高校生の頃育てたピースというバラが歴史的品種だったことがわかりなつかしくなりました。
今の私の庭にはトゲのない白のモッコウバラだけしかありません。
ナニワイバラに心が動いたこともありますが、トゲや消毒のことを思うと植えられないのです。
夕菅
2012/11/12 12:36
薔薇の種類は多いですね。
名前のついた薔薇とその女性を想像しながら見る時がありますが、薔薇の名前はなかなか覚えられません。
オンディーナとサムシングブルーを一輪ざしに飾ると素敵でしょうね。
流れるようなモッコウバラの写真を毎年撮っています。まだうまく撮れなくて 挑戦がつづきそうです。
生駒の風
2012/11/12 14:20
淡い色合いのバラは大人しげで趣があって好みです。
サムシングブルーが特に素敵に見えます。
花びらの数の少ないデンティ・ベスもサンショウバラの様にすっきりとして良いですね。
種類の多さに降参です。
とんとん
2012/11/12 18:37
こんばんは
バラの花、色も形も本当に様々ですね。
私は粉粧楼 に、見とれてしまいました。
YAKUMA
2012/11/12 23:31
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 19:36
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 19:37
tabibitoさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
オンディーナやサムシングブルーなど青バラは控え目で上品な感じがします。昔、ブルームーンを育てていましたが、お気に入りのバラでした。
エフ・エム
2012/11/13 19:49
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 19:53
夕菅さん、コメントありがとうございました。
バラの系譜は調べるのが大変ですね。興味はあるのですが、あまりにも複雑すぎて。ともかく、名札がついているだけでもありがたいです。
わが家の小さな庭に、バラを2、3本位はつくっていたのですが、病気が多くてどれも数年しか持ちませんでした。パスカリ、マチルダ、ロイヤルハイネス、なつかしいです。
エフ・エム
2012/11/13 20:07
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
たしかに、バラそれぞれの品種に快い名前がついていますね。名前を見て、その花を見ると一段と楽しめます。生みの親の喜びも伝わってくるようです。
たしかに青バラは一輪挿しが似合いますね。
エフ・エム
2012/11/13 20:23
totoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 20:24
とんとんさん、コメントありがとうございました。
ハイブリッドティーは八重の品種がほとんどですが、デンティー・ベスのように、一重もいくつかあるようです。野バラの性質があらわれているようで、親しみがもてます。
サムシングブルーはしとやかな感じです。いい花ですね。

エフ・エム
2012/11/13 21:04
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 21:05
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 21:06
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
バラはほんとうにいろいろありますね。これら四季咲きのバラに加えて春咲きのツルバラやミニチュア系など加えたら、たいへんな数です。これみな人のわざですから、いかにバラ好きの人が多いかということでしょう。
エフ・エム
2012/11/13 21:15
kazukunさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 21:16
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/13 21:17
前回同様、種類の多さにビックリ
陰には、人々の改良への努力があったのでしょうね
また名前にも洒落たのや、?と思うものがあって面白いです
粉粧楼、薄紙で作ったようですね
サムシングブルー、幻想的な青いバラ、
バラとは思えない、一葉、
どれも驚きです
T&M
2012/11/16 15:25
秋のバラは日持ちがして素敵ですよね。
少し外出できるようにならないといけませんね。
写真を見て励まされます。
Tatehiko
2012/11/16 20:01
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/16 22:52
彩さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/16 22:53
たなかんじさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/16 22:53
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
何百か何千か知りませんが、バラの品種は非常に多いのに、名前はダブらないのでしょうか。ジューン・ブライドなんて、とっくに付いていそうな名なのに、ここのは2007年の品種なんです。
一葉とか空蝉とか、日本語の名前を付ければ無難ですね。
まあ、ともかくいろいろ、色、かたち、雰囲気の違う品種があって、おもしろいです。
エフ・エム
2012/11/16 23:06
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
バラはそろそろおしまいですが、しばらくは菊がきれいですね。京都には一段と似合うように思います。外出なされるといいですね。
お体お大事に。記事を楽しみにしております。
エフ・エム
2012/11/16 23:19
明美歌さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/16 23:19
こちらのブログに庭園のバラが並ぶとは
珍しいですね。
星の数ほどあるバラの品種なのに、
偶然にも、一葉を私も育てているのでびっくりしました。
目立たない品種なのにピックアップしていただき、
何だかうれしいです。
とはいえ、うまく育てられなくて苦戦が続いています。
ミセスサニー
2012/11/17 21:24
秋薔薇は長い間咲いて楽しませてくれますね。
どの花もそれぞれ個性があってその一番美しい姿を魅せてくれています。
手はかかりますがやはり薔薇の花は育てたいですね。
あっこちゃん
2012/11/18 19:55
ミセスサニーさん、コメントありがとうございました。
ほんとうにバラの品種は星の数ほどありますが、ここで見たもっとも地味な一葉を育てていらっしゃるとは。いかにも樋口一葉の人柄をしのばせるバラですね。
人物の名のついた品種がたくさんありますが、人物を表現するバラという植物の潜在能力には感心します。
エフ・エム
2012/11/19 10:32
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
たしかに公園の秋バラは春のような華やかさはあまりないですが、長くおだやかに咲いていますね。
でも、わが庭のバラは秋にはいい花が咲きません。難しいです。この庭園を見て専門家の技量はすばらしいものとあらためて思いました。
エフ・エム
2012/11/19 10:57
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/27 08:31
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/27 08:32
うるいのだんなさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/11/27 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜イングリッシュガーデン:秋のバラたち(2) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる