道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 花に来た虫たち(2012年後期)

<<   作成日時 : 2012/12/04 21:02   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 31

7月中頃「花に来た虫たち(2012年前期)」(1)および(2)というタイトルで、道ばたや野原の花にきた昆虫たちの写真を載せました。

今回はその後に出会った花に来た虫たちの写真を並べます。ありきたりの虫たちですが、彼らの訪問のおかげで花も生き生きとしているように見えます。

画像

アカツメクサとオオハナアブ(7/22)



画像

イチモンジセセリ

蜜を吸う前に花を鑑賞(7/22)



画像

ノカンゾウとダイミョウセセリ

花に寄り添って休んでいる



画像

わが家のゴーヤの花にきたアオスジハナバチ(7/22)

きれいなハナバチだが、少しもじっとしていない奴で、

ピントがあわなかった



画像

ヤブガラシとルリハナアブ(8/1)

前期にも載せた美しいハナアブ
花弁と雄しべをもつ完全な花にも注目

クリックしてみて下さい



画像

シロタエヒマワリとツバメシジミ(8/8)



画像

チェリーセージとクマバチ

チェリーセージの方はもっと小さな虫に来てもらいたそう



画像

画像

ムクゲとクロウリハムシ(7/22)(9/11)

こいつらは花弁を食べにきている迷惑な奴



画像

キバナコスモスとアゲハチョウ(9/18)



画像

アメリカセンダングサとキタテハ(9/26)



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
小さな虫たちと花との関係は深いのですね。
いろいろと出会いもありますね。
小さな虫たちも名を知れば楽しいです。
YAKUMA
2012/12/04 22:42
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
昆虫たちを進化させてきた花たちと花たちを進化させてきた虫たち。この関係は地球環境が破壊されない限り、遠い未来まで続いて行くでしょうね。
常連の虫たちとも馴染みになりました。
エフ・エム
2012/12/05 09:47
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/05 09:50
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/05 09:52
吸蜜にやって来た僅かな時間に虫と花とを
バランス良く上手く撮っておられますね。
写真のように自然の姿が一番美しいです。

私はいつも虫の方に目が行き、近づき過ぎ
て撮り逃がしたり、ぶれたり、ピンボケが
何度もあります。最近は虫と縁ある植物に
も関心を持っています。
寒くなり虫の姿も少なくなって来ました。
ツユヒメ
2012/12/05 20:13
ツユヒメさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヒラタアブやハナアブのように花の上にじっとしていてくれる虫は撮影にはありがたいですが、ハナバチの仲間は落着きがなくて撮るのも大変。ピンボケの山です。でも、ハナバチは利口そうに見えて、好きなんですが。
昨日はこちらは晴天で、小春のような陽気。道ばたに植えてあるイソギクにツマグロキンバエがわんさと来ていました。成虫越冬でしょうか。
エフ・エム
2012/12/06 08:42
えのもと@秋田さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/06 08:43
花を撮っている時、たまたま見つけたた昆虫の写真は未整理のまま残ってしまいますが、まとめて載せればいいのですね。
静かな花も昆虫の動きに引き立てられているようです。
熊谷守一さんの絵や、熊田千佳慕さんの絵本を思い浮かべました。
夕菅
2012/12/06 12:58
こんにちは。わたしも野草の花を撮影している時に、寄ってくる昆虫の写真は好きです。でも、昆虫の名前が分からずに紹介できずにいます。
理科教員なのに、動物はからっきしダメです。
宮城野
2012/12/06 18:55
こんばんは!
私は子供の時から虫大好きですが、虫の名前はなかなか覚えられません。
今年も家に来る青虫から蝶から カマキリなどたくさんの虫を撮りました。
冬でも お日様が顔出すと ヒラタアブが止まっていました。
ダイミョウセセリはまだみたことがないような気がしています。
アオスジハナバチもまだみつけていません。
いつかみたいと思っています。
生駒の風
2012/12/06 20:40
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/07 08:38
夕菅さん、コメントありがとうございました。
植物ネタの少ない時期のために、虫ネタを保存しています。その年の思い出みたいなものも込めて。
季節を通じて植物を見ていると、風媒花は風にそよぐとき、虫媒花は虫が来るとき、もっとも生き生きしたすがたを見ることができます。
熊谷守一、熊田千佳慕氏の絵は楽しいですね。
エフ・エム
2012/12/07 08:48
タビビトさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/07 08:49
宮城野さん、コメントありがとうございました。
私も虫の名が分からず、困ることが多いです。花に来る虫の中では、コハナバチやヒメハナバチはほとんどお手上げです。専門家でも分類が難しいらしいですね。
でも彼らも花にとっては非常に大事なお客さん。名前は分からなくても、花とともにブログにも載せてゆこうと思っています。
エフ・エム
2012/12/07 08:56
Tatehikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/07 08:58
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
ヒラタアブはおとなしくて、きれいで、写真に撮りやすく、とてもすきな虫です。冬でも日だまりですがたを見ると、ほっとします。幼虫は成虫と違って、格好良くない虫ですが、アブラムシを食べてくれるので、完全な益虫ですね。
ダイミョウセセリは平地によく見られ、翅をひろげてとまります。カメラを近づけてもあまり逃げようとしません。多分見ていらっしゃると思います。
アオスジハナアブはほんとにきれいなんですが、せわしなさ、落着きのなさはトップテンに入ります。今度見つけたら、ピントばっちりに撮りたい虫です。
エフ・エム
2012/12/07 09:09
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/07 09:11
あの花が一杯咲いていた春や真夏の季節が懐かしいくらい(勝手なことばかり言ってます)の厳しい寒さ続いています。
どんな小さな花にもどんな小さな虫たちにもそれぞれが助け合って生きているってつくづく思います。
心温まる風景です。
あっこちゃん
2012/12/08 19:15
あっこちゃん、コメントありがとうございました。
写真を整理していますが、虫たちと花たちの生き生きしたすがたがなつかしいです。でも、季節は巡ってまた春がきて、虫たちが花のまわりを飛び回る。それを見るのを楽しみに、しばらくは彼らとお別れです。啓蟄まで。
エフ・エム
2012/12/09 08:06
花と昆虫、自然の営みとはいえ、いつ見てもほのぼのとした感じがします
蜜を吸う前に花を鑑賞・・・風流セセリですね
花と虫達、両方を撮るのはなかなか根気が要ると思います、これだけ沢山のショットに、ビックリ
T&M
2012/12/09 12:52
この中で会ってみたいナンバーワンは、アオスジハナバチ。
珍しい種なのでしょうね。

虫も留まる花が変れば、見ている方はさらに楽しいですね。
大きな向日葵に小さなツバメシジミが可愛らしいし、ダイミョウセセリはオレンジの花に良く映えています。
センダングサに豪華なキタテハというのも面白い。
先日ぶーんと翅音が耳元でなったので見ると、葉っぱの上にハナバチが留まりました。
撮れなくて残念!
とんとん
2012/12/09 17:34
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/10 08:57
ジュンチーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/10 09:03
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
虫にとって魅力のある花とそうでない花があって、はっきり分かります。人が好きな花でも必ずしも虫を惹き付けるわけではない。花にとってどちらがいいか。
ハナバチを撮るのはなかなか難しいです。絶え間なく上に行き、下に行き、左に行き、右に行き。カメラもそれを追って上下左右。見物人が「何やってんのアンタ」。
エフ・エム
2012/12/10 09:12
とんとんさん、コメントありがとうございましいた。
アオスジハナバチはこちらにいるわけですから、とんとんさんのあたりにもいることでしょう。来年は探してみてください。落ち着きのない奴が花を巡っていたらそれかも。
どんな虫もどんな花どうしでも、被写体としてミスマッチすることは滅多にないと思います。
エフ・エム
2012/12/10 09:19
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/10 09:21
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2012/12/10 09:22
寒さが厳しくなったこの時期、花や虫の写真を見ると春が来たようでなんだかホッとします。
花にやってくる虫を見ていると飽きませんね。
アオスジハナバチ、出会ってみたいです。
winning-field
2012/12/12 00:18
winning-fieldさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
一年間の写真、特に虫たちの写真を整理しながら、今年の春、夏、秋の情景をなつかしく思い出しています。
アオスジハナバチをピントばっちりに撮りたいです。来年も頑張りましょう。
エフ・エム
2012/12/12 08:37
花に来た蜂など撮れそうでなかなかじっとしてくれていないのでピントが合わないですよね。

私も花に来たクマバチでさえうまく撮れたものがすごく少なかったです。
松の陰
2012/12/15 17:50
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
「下手な鉄砲」式で撮っています。数撃ちゃ当たるということもあるようです。
ぴったりピントが合っても、頭は花につっこんでいて、尻ばかり写っていることもしばしばです。
エフ・エム
2012/12/16 09:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
花に来た虫たち(2012年後期) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる