道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS モチノキの雄花と雌花

<<   作成日時 : 2014/04/16 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 14

ソメイヨシノに代わってヤエザクラの多様な品種が美しい花を咲かせています。そんな季節ですが、サクラとは違って、目立たず、ひっそり咲く花を散歩道に見つけました。モチノキの雄花と雌花です。

モチノキは雌雄異株、すなわち雄花と雌花は別の木につきます。両花ともがく片は4枚、花弁も4枚です。雄花は4本の雄しべと退化した雌しべをもち、雌花は退化した雄しべをもち、子房は4室に分かれています。

モチノキについては、2010年12月2日の記事、「モチノキの実り」でいろいろと述べておりますので、今回はあっさりと花の写真を載せておくことにします。

画像

画像

雄花



画像

画像

雌花



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど桜に比べたら控えめな花
でも雄しべ、雌しべの角が立派で自己主張ありますね
雌花の中央にはもう実ができ始めてるのでしょうか
花より、光沢のある葉が旺盛に茂るのが庭木として愛好されてるのでしょうね
T&M
2014/04/18 10:45
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/04/18 23:14
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
まあ、別の見方をすれば、サクラよりよほど個性的かも。それに一つの花に雄雌が同居するより、雄の木と雌の木がある方が物語になりそうです。
雌花の中央は雌しべでふくらんで見えるのは子房ですが、早くも実のような形をしていますね。
実が赤くなると、モチノキも存在感を増します。
エフ・エム
2014/04/18 23:35
当地ではかって庭をつくるとクロガネモチがよく植えられました。「苦労がなくて金持ちになれる」木といわれたのです。
しかし、庭のクロガネモチは庭師さんの手入れで強剪定され太い幹・わずかな枝・まばらな葉と言う形になります。
私はこの強剪定された姿が嫌いで庭には植えていません。
かって道路脇に自生した美しい常緑樹に赤い実がたくさん着いているのをみつけ、何の木かと調べたことがありました。
結果はクロガネモチの雌株、お庭の木とのあまりの違いに驚き、自然樹形の美しさに打たれました。
夕菅
2014/04/19 08:15
目立たないこの花を雌雄そろえ、その上雌しべ雄しべをきれいに撮るのはたいへんだったでしょうね。
何かに似てると思ったら、ソヨゴでした。
庭のソヨゴには赤い実がつく樹とつかない樹があります。
ソヨゴも雌雄異株モチノキ科でした。但し花弁は白く5〜6弁花。
花は5月に咲くようですから今年はよく見てみます。
先のコメント、2010年と同じことを書いていました。年はとりたくないもの、どうぞお許し下さい。
夕菅
2014/04/19 15:22
夕菅さん、コメントありがとうございました。お返事が遅くなってすみません。
クウロガネモチは西日本の方でよく植えられているようですね。庭木や街路樹としてもなかなか立派な木だとおもいます。岡山に住んでいたときは、クロガネモチをよく見ましたが、こちら、茨城県南ではたまに庭木として見るくらいです。モチノキはたくさん見られます。実はヒヨドリの好物なので、種子はあちこちにばらまかれるのだろうと思います。
ソヨゴもいいですね。
図鑑をみるとソヨゴとクロガネモチは雌花が今年伸びた枝の葉腋につき、モチノキやタラヨウは雌花が前年の枝につくとあるので、モチノキはクロガネモチよりタラヨウに近いのかも知れません。
エフ・エム
2014/04/21 08:45
ツユヒメさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/04/21 08:46
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/04/21 08:47
雌花にそっくりの花を撮って、何か分からずそのままお蔵に入っているものがありますが、モチノキだったかもしれません。
雄花はキラキラとして綺麗でうっとりしてしまいます。
雌花はどっしりとして、賢そう。
モチノキ科の赤い実は、てっぺんに黒い眼玉が一つあるのがいつも気になっています。(笑)
とんとん
2014/04/21 18:02
とんとんさん、コメントありがとうございました。
雄花の方は遠目でもわかりますが、雌花の方はそばを通ってもうっかり見逃しがちです。よく見ると確かにどっしりとして、いますね。
赤い実の黒い目玉は意識したことがありませんでしたが、改めて自分のブログを見たら、なるほど目立っていました。今度、他のモチノキ科も見てみます。
エフ・エム
2014/04/22 08:38
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/04/23 09:57
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/04/23 09:58
なーさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/04/30 08:20
小梨さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/05/01 08:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
モチノキの雄花と雌花 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる