道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の晴間に;ムクロジの花など

<<   作成日時 : 2014/07/05 22:38   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 19

うっとうしい日が続き、部屋に込もる日が多いですが、一応元気です。記事にするようなネタもありませんが、少し間があいてしまいましたので、梅雨の晴間に、散歩道で写した写真を並べておきます。

画像

画像

道ばたのオオバコとその花(6/21)

この位置に、紫色の葯をもつ雄しべと
白いブラシ状の雌しべが見られます

オオバコは雌しべ先熟のはずなんですが

オオバコについては以前に、もう少し詳しく書いたことがあります

http://michikusanojikan.at.webry.info/200909/article_8.html

http://www7a.biglobe.ne.jp/~fusao-m/omoitsukumama5.html#oobako



画像

エゴノキの葉の上のエゴツルクビオトシブミ(6/21)



画像

ムクロジの花が満開(6/21)

ムクロジの花にはたくさんのハチがやってきます
この写真には7匹のハチが写っています

画面をクリックしてみて下さい



画像

クマバチ(6/21)

ムクロジの実は、
http://michikusanojikan.at.webry.info/201001/article_1.html



画像

ベッコウバチとにらめっこ(6/23)



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
オオバコに眼を向けて頂けるとうれしいです。ブログをはじめたころは日本人に昔から親しまれた花でありながらも取り上げる人もなく悲しい思いをしたものでした。
ムクロジと蜂は相性がいいんですね。勉強になりました。
目黒のおじいちゃん
2014/07/06 05:36
目黒のおじいちゃん、コメントと気持玉をありがとうございました。
オオバコ、お好きですか。ありがとうございます。オオバコは身近にありながら、一般にはあまり目を掛けることが少ない花ですね。以前も一度オオバコについて書いたことがあり、気が付いて、本文にリンクを付けておきました。
この季節は案外花が少ないのでしょうか。ムクロジの花は虫たちに人気が高いようです。
エフ・エム
2014/07/06 08:10
散歩道にムクロジがあるのですね。
私はムクロジを見たことはありませんが、近くの公園に黄色に朱の入った美しい花が咲く木があり、名前を調べてもわからないので問い合わせたらモクゲンジでした。
同じくムクロジ科で雄花・雌花があり、固い種子ができるようです。
ムクロジと同じように羽根つきの羽根に使えるかどうか、拾いに行きたいと思いながら機を逸しています。
夕菅
2014/07/06 12:34
★オオバコで最初に思いついたのは、草相撲です全国各地で遊んでいたのですね。風媒で他家受粉、踏まれて草履や大八車、猫車で運ばれたのですね。まさに雑草魂ですね。
またオオイフフグリやキンギョソウとも類縁関係とは驚きました。

★ムクロジの花初めて見ました、幼虫の餌に、ミツバチやクマバチに大人気、蜜や花粉がたっぷりあるのでしょう。
こんな小さな花から、堅い大きな種が出来るとは想像出来ませんね。

★ベッコウバチ、大きなクモを運んでいるシーン見たいですね。
ツユヒメ
2014/07/06 16:30
一瞬、似てる!と思ってムクロジの項にモクゲンジのことを書いてしまってしまって申訳ございません。
後で貴ブログの「フウセンカズラはなに科?」も拝読しました。
何とフウセンカズラもムクロジ科なんですね!
それからモクゲンジの実はムクロジよりうんと小さくて羽根には無理、数珠に用いられることがあるそうです。でもこの実はフウセンカズラと同じような袋に入って成熟することがわかりました。
フウセンカズラとムクロジ科をつなぐ共通点でしょうか。でもまだまだ遠くに思えます。
夕菅
2014/07/06 18:27
オオバコ、道端でよく見かけましたが、花はこんななんですね
じっくり見たのは初めて
エゴツルクビオトシブミ、葉っぱを丸めて落とすので落とし文に似ているとか
面白い産卵習性ですね
ベッコウバチ、睨まれると怖い
人は襲わず、蜘蛛のハンターだと知って安心
T&M
2014/07/07 09:38
夕菅さん、コメントありがとうございました。
モクゲンジは見たことがないです。中国原産の栽培種ですね。お寺などによく植えてあるとか。一度見たいですが、花に遭遇する機会は少ないでしょうね。やはりクマバチの好みの花でしょうか。
フウセンカズラの記事まで見ていただいてありがとうございます。フウセンカズラがムクロジと縁があるなんてとても思えません。植物も本当に多様です。
ムクロジのたねを羽根つきの玉に使ったのには感心します。あの響きはなつかしいです。
エフ・エム
2014/07/07 12:57
ツユヒメさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
リンク先の記事も見て下さってありがとうございます。オオバコは草相撲ぐらいで、ほとんど見向きもされない雑草ですが、人間を知らず知らずのうちにちゃっかり利用しているのには驚きです。芭蕉翁も野次さん・喜多さんも水戸黄門様も無意識にオオバコ伝搬の手助けをしていたというわけです。
クマバチは人には無関心。でも可愛いハチですね。ムクロジが咲いて、ほんとにうれしそうでした。
ベッコウバチがクモを狩るシーン、つまらんドラマを見るよりよほどおもしろいです。
エフ・エム
2014/07/07 13:15
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
オオバコの花は遠目からは咲いているんだか咲いていないんだか分からないような花ですが、ファインダーを通して覗くと意外にきれいなんです。でも変な花ですね。
オトシブミ、次は落とし文を作っているところをとりたいです。さぼっている奴ではなくて。
ベッコウバチは普通の人は襲いませんが、スパイダーマンには跳びかかってくるかもしれない。
エフ・エム
2014/07/07 13:24
青木院長さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/07 16:54
実が面白いムクロジですが、木が高すぎるのか花は見たことがありません。
綺麗な黄色で遠くても目立つでしょうね〜。
ベッコウバチはミツバチなどとは全く違う形で、出会ってもきっと蜂とは分からないでしょう。
珍しい蜂ですね。
オトシブミのひょうきんな姿、なごみます。^^
とんとん
2014/07/07 21:44
とんとんさん、コメントありがとうございました。
ムクロジの花は大抵高いところに咲いていますね。この花の一群は比較的低いところでしたので、ズームを一杯伸ばして撮ることができました。こんな位置でもかなり蜂たちが来ていますので、上の方はさぞにぎやかなことだろうと思いました。
確かに狩りバチや寄生バチとミツバチ、マルハナバチ、クマバチとはかたちが違いますね。欧米では、狩りバチや寄生バチをwaspとよび、ミツバチなどのハナバチをbeeとよんで、完全に区別していますが、全部ハチでくくってしまうより、欧米の方が合理的と思っています。
エフ・エム
2014/07/08 09:52
龍さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:28
yasuhikoさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:29
姐さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:30
I子さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:32
かなたさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:33
松の陰さん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:33
hideさん、気持玉をありがとうございました。
エフ・エム
2014/07/19 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨の晴間に;ムクロジの花など 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる