道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS レンギョウは花盛り

<<   作成日時 : 2015/03/31 09:58   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

レンギョウ (Forsythia suspensa (Thunb.) Vahl) はモクセイ科の低木。中国原産で日本では園芸植物。近所では、公園や道路脇の植込みに植えられています。この季節はサクラがそろそろ咲き出し、その方が気になって、レンギョウに特に目を遣ることはあまりありませんでしたが、今年はレンギョウの花の美しさに、遅ればせながら気付いた次第です。

画像

画像

いかにも春の色



塚本洋太郎は、「ヨーロッパの園芸家は『春はレンギョウで始まり、秋はキクで終わる』といって、中国が世界の庭に贈った二つの植物をたたえている」と述べています(週刊朝日百科「世界の植物」)。

たしかに キューガデンズのホームページでも、 ”weeping forsythia is an elegant,hardy shrub, which is a welcome sight in spring, thanks to its abundance of bright golden-yellow flowers on bare branches." とレンギョウをたたえています。きっとイギリスなどヨーロッパの国々では、サクラ騒ぎがないので、この一面に咲く黄色い花にも注目が集まるのでしょう。

レンギョウは英語で weeping forsythia。weepingは「泣くこと」じゃなくて「枝垂れること」です。学名のForsythiaは、イギリスの園芸家 Forsythの名に因むものです。suspensaはweepingと同様、「垂れ下がる」という意味です。

画像

道路脇の植込みや公園では、剪定するため、あまり枝垂れているレンギョウを見ません
しかし、剪定をしない場所では、枝垂れています



レンギョウは「江戸時代の前期の17世紀後半に栽培の記録があるが、平安時代にも栽培されていたという説もある」(週刊朝日百科「植物の世界」)ということですが、日本にはいつ入ったのか分かりません。いずれにせよ、相当昔から知られていた植物なのでしょう。

日本で栽培されているレンギョウには、ほかにシナレンギョウとチョウセンレンギョウがあります。レンギョウとこれらの種との大きな違いは、レンギョウの茎のずいが中空であり、他のレンギョウのずいは薄板状であることだそうです。「牧野富太郎植物記」(あかね書房)には、牧野自身がレンギョウをレンギョウウツギ(ウツギとは空木、つまり「空洞の木」という意味)と名付けたとあります。

画像

剪定された切り口は孔が空いている



レンギョウは雌雄異株と書かれているサイトをよく見かけますが、そうなのかどうか、図鑑などにははっきり書かれていないし、国外では、Forsythiaの花は両性花であると書かれているサイトもあり、私自身も確かめていません。「牧野富太郎植物記5 あかね書房」には花に二つの型があり、一つは雌しべが長く雄しべが短い型で、もう一つは雌しべが短く雄しべが長いと書かれています。とりあえず、花の一つの花弁を除去して実体顕微鏡で覗いてみました。雌しべが長く、雄しべ(2本)が短い型でした。まだ少し観察を進めねばならないと思っています。

画像

花弁を取り除いた花の実体顕微鏡像



追記 (4/4):上の写真では、レンギョウとシナレンギョウおよびチョウセンレンギョウの区別がはっきりしません。本当は枝を縦切りにして、ずいが空洞か(レンギョウ)、薄板状のずいが梯子状に並んでいるか(シナレンギョウ、チョウセンレンギョウ)を見れば、確定できるのですが、公園の木の枝を切ることは気が引けました。

もう一つの同定法は、がく片が花筒と同長のものがレンギョウ、ごく短いものがシナレンギョウ、中間の長さのものがチョウセンレンギョウです。写真はそれぞれ別々の場所で撮ったもので、種が違う可能性があります。2番目の写真はがく片が短いので、シナレンギョウかも知れません。がく片の長い花の写真を下にのせておきます。4枚目の写真の花を拡大したものです。レンギョウと思われますが、チョウセンレンギョウの可能性も否定できません。

画像


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
レンギョウの花 は迫力があって庭に植えると他の花たちとのバランスを崩しそうで敬遠していたのですが、ユキヤナギと交互に植えられた公園のレンギョウなど、とても美しく感じる時があります。
レンギョウにもいろいろ種類があり、髄が中空になっているのですね。
異型花柱性を唱えられながら雌雄異株としている文献が多いよう、サクラタデのことを思い出しました。解明に向かって頑張って下さい。
実体顕微鏡像があるといいなと思うことがしばしばあります。
夕菅
2015/03/31 18:29
夕菅さん、コメントありがとうございました。
レンギョウは、公園や遊歩道の植込みに多く使われていますが、多くの場合刈り込んでしまうので、枝垂れるという本来の姿が見られません。栽培法を変えるとかなり違う雰囲気になると思うのですが。
レンギョウは、勢いが強過ぎてたしかに庭で育てるのは考えねばならないでしょうね。
もうこちらもソメイヨシノが咲き始めました。公園のシダレヤナギやベニヤエシダレはほとんど満開です。一年でもっとおも華やかな季節ですね。
エフ・エム
2015/04/01 09:16
エフ・エム さん ご無沙汰しています。
黄色いレンギヨウ、4月1日の記事に
カトウツケオグモと一緒に撮っています。
早速、茎を切って見ると中空になっていました。
レンギョウウツギと覚えておくと良いですね。
いい勉強になりました。
ツユヒメ
2015/04/02 11:57
こんにちは。レンギョウの説明、勉強になりました。実家の近くの県立公園で、シナレンギョウと表示してある低木があって、子どものころからすべてシナレンギョウという名前だと思い込んでいました。ありがとうございました。
宮城野
2015/04/03 07:29
ツユヒメさん、コメントありがとうございました。
カトウツケオグモはいかつい感じのクモなんですね。でもレンギョウやサクラの花びらの上で喜んでいるすがたは愛着がもてます。
たしかに茎が中空なところがレンギョウを他の仲間と区別するにはいちばんはっきりした特徴ですね。
エフ・エム
2015/04/03 09:57
宮城野さん、コメントありがとうございました。
レンギョウももともと中国から来たのですが、日本古来のものみたいな感じですね。シナレンギョウはあとからきたものでしょうか。
シナレンギョウもちゃんと見たいものです。
エフ・エム
2015/04/03 10:06
レンギョウの黄色は格別な美しさですね。
種類がいろいろあるようで、花が大きめで綺麗なものと、細くてさらっとしたものがあるように思います。
はっきりとした花の見分けは地震がないですが、茎の薄板状の中味を見たことがあります。
レンギョウよりシナレンギョウやシナレンギョウの方が数がおいいのかしら。
とんとん
2015/04/03 19:07
とんとんさん、コメントありがとうございました。
レンギョウか、シナレンギョウか、チョウセンレンギョウか、私も自信がありません。茎を縦切りにすれば一目瞭然なんですが、公園の木を外部者が切るのは気が引けてできませんでした。ほかの同定法は花のがく片の長さの違いによるものです。
ご指摘ありがとうございました。本文に「追記」を加えておきました。
エフ・エム
2015/04/04 09:04
レンギョウ、自分も遅ればせながらここで初めて知りました
沢山の花で木全体が黄色に染まるのは華麗ですね
なるほど桜にも匹敵しますね
日本で実際のを見てみたかったです
枝の中が空洞というのも面白いですね


T&M
2015/04/04 10:48
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
桜は東京より少し遅れて、満開に近くなりました。高齢者の花見会にも行ってきましたが、やはり花より団子、いや、花より酒でした。それはそれとして、サクラの下はレンギョウとユキヤナギが賑やかです。この連中もサクラ見物というところでしょうか。
エフ・エム
2015/04/05 08:11
立ち寄るのが遅くなりました。
先日両親の墓参で御殿場に参りましたが、初めて霊園バスに乗ったところレンギョウというバス停がありその街区?は黄色のレンギョウに覆われていました。ソメイヨシノの開花には早かったのですがマメザクラ(箱根桜)が満開でした。
目黒のおじいちゃん
2015/04/11 10:11
目黒のおじいちゃん、コメントと気持玉をありがとうございました。いつもご訪問下さり、お言葉を賜り、光栄に存じます。
ソメイヨシノ
とともに、レンギョウも花が終わりつつあり、若い葉が出てきました。これから八重桜が楽しみです。
エフ・エム
2015/04/12 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
レンギョウは花盛り 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる