道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 真鶴の旅:お林展望公園の植物

<<   作成日時 : 2015/11/13 10:38   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

中川一政美術館に隣接して、お林展望公園があります。もと「真鶴サボテンランド」があった場所ですが、閉館後、お林展望公園として整備されました。カナリーヤシやオキナヤシがとろどころに植樹されており、相模湾を一望できます。南国の雰囲気をもつ公園です。

画像

海岸近くに南国的な景観を与えるカナリーヤシ
Phoenix canariensis Hort. ex Chabaud(通常フェニックスとよばれる)
カナリー諸島原産

左のはるか沖合に初島が見えます
画面をクリックして拡大して見て下さい



画像

画像

ワシントンヤシ Washingtonia filifera (Linden ex André) H. Wendl.
別名オキナヤシ
北米南西部・メキシコ北部原産

東京でも日比谷公園や小石川植物園で見ることができます



真鶴半島の海岸部には照葉樹林が広がり、圏の天然記念物に指定されているとのこと。江戸時代から明治時代にかけて植林が行われ、今は天然林のようになって、豊かな自然を作り出しており、「御林」とよばれ、「魚付き保安林」として大切に保護されているそうです。お林展望公園には、遊歩道が作られ、うっそうとした照葉樹林の中に導きます。

画像

照葉樹林の中の遊歩道



画像

遊歩道から見た照葉樹林





一方、公園内には、よく手入れされた植栽に晩秋の花が咲いています。

画像

ツワブキ Farfugium japonicum (L.) Kitam.
東アジア原産



画像

サザンカ Camellia sasanqua Thunb.
日本原産



画像

アメリカデイゴ Erythrina crista-galli L.
南アメリカ原産



画像

画像

コエビソウ Justicia brandegeeana Wassh. et L.B.Sm.
メキシコ原産



画像

ランタナ Lantana camara L.
中南米原産



画像

ユリオプスデージー Euryops pectinatus (L.) Cass.
アフリカ南部原産



画像

画像

キミガヨラン Yucca gloriosa L var.recurvifokia (Salisb.) Engelm.
北米原産



画像

ノボタン Melastoma candidum D. Don
中国・台湾原産


最後は宿から見た防波堤灯台とケープ真鶴から見た三ツ石。

画像


画像


にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど南国情緒いっぱいの公園
海も望めるからなおさらですね
コエビソウ、なんとも面白い形
ここにも咲いてるようですが、まだ見たことが無く、ぜひ見てみたいものです
三ツ石、伊勢の夫婦岩を連想しました
ちゃんとしめ縄がかかっていて日本的なのも同じ
T&M
2015/11/14 13:48
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
もとはサボテン公園だったので、それを継承して南国風に造った公園なのでしょう。南国情緒を醸し出しているのは、やはりヤシだと思います。南国と違って海の色が暗いのは、仕方ないというところですね。
エフ・エム
2015/11/15 08:02
20代に真鶴の美術館を見たとき「真鶴サボテンランド」があったかどうか、全く記憶が全くありません。でもお林展望公園の方が合うようですね。
先日の松任の中川一政美術館の隣は日本庭園で、美術館の別館もあり一体化していました。
明治時代からの実業家の私邸を移築したそうで、ここにもツワブキが大きな岩や水辺を背景に咲き誇っていました。
夕菅
2015/11/15 11:48
若いころよくサボテンの温室を見かけて、あまり興味もないのに入ったりしていました。
最近減っているのでしょうか。
南国風の公園は珍しいですね。
植林で森を作り出し、それが自然に育っていくって、夢のように素敵なことですね。
ツワブキはずと日本の花と思っていました。(^^ゞ
とんとん
2015/11/15 18:16
夕菅さん、コメントありがとうございました。
あの美術館には、南国風の公園の方がサボテンより調和しているように思いました。松任の美術館の方は日本庭園でしたか。対照的ですね。
お林公園もツワブキがたくさんあり、花々の中でも一番目立っていました。ノボタンもとても綺麗です。いろいろな品種があるようですね。
エフ・エム
2015/11/15 21:42
とんとんさん、コメントありがとうございました。
植物園の温室ではサボテンがよく育てられていますが、いつもなんとなく通り過ぎてしまいます。ランやブーゲンビリヤ、ハイビスカスなどの方に足が向きます。
真鶴の照葉樹林はまったく自然林に見えますが、江戸時代に植林されるまでは草原だったそうです。なんとなく不思議な気がしますが、生態学的には自然の樹林形成の好例なのでしょうね。
エフ・エム
2015/11/15 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
真鶴の旅:お林展望公園の植物 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる