道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS サクラとモンシロチョウ

<<   作成日時 : 2016/04/06 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

近所の公園のソメイヨシノは7〜8分咲き(4月6日現在)。

「てふてふ てふてふ。菜の葉にとまれ。菜の葉にあいたら、桜にとまれ。・・・」 と歌われるけれど、モンシロチョウがサクラにとまっているのは、初めて見ました。

画像

画像

画像

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
春を感じるあたたかく優しい雰囲気のある素敵な写真ですね〜 サクラと蝶々、こんなに穏やかな空気間が大好きです♪
慌しく毎日を送っている生活にホッとするような・・・,
思わずあの歌詞の続きを口ずさんでいました。



syocora
2016/04/07 13:22
syocoraさん、コメントありがとうございました。
モンシロチョウは地面近くを飛んで、菜の花などを探しているのが普通ですが、サクラには滅多にこないと思っていました。「菜の葉にあいたら桜にとまれ」、明治の詩人の観察力に一目置かざるをえません。
エフ・エム
2016/04/07 15:49
こちらのソメイヨシノは7日の雨で終わりました。
昨日はうちのベニシダレの写真を何とか撮りました。
モンシロチョウとサクラ、貴重な画像ですね。
私もサクラに来たチョウを見たことも、それを意識したこともありませんでした。誰でも知っている童謡なのに作詞者も知りませんでした。
それよりもいつも気にするのは毛虫。
ガはあまり見つけられませんが、ガとチョウで明暗が分かれます。

夕菅
2016/04/09 11:50
桜が咲いて日本はまさに春爛漫ですね
日本人にとって桜は心の糧、希望と生命の息吹も感じさせてくれる花だと、今さらながら思います

当方の引っ越し、4ニャン共々無事移動
まだまだ荷物で足の踏み場もなく、落ち着けるのはまだ先のようです
T&M
2016/04/09 12:32
夕菅さん、コメントありがとうございました。
こちらは今日やっと満開、近所の公園では、花見客が酒盛りしていました。モンシロチョウも飛んで春うららでした。
サクラの管理はこれからが大変でしょうね。アメリカシロヒトリは早く退治しないと。広がってしまうと手がつけられませんね。
エフ・エム
2016/04/09 15:50
T&Mさん、コメントありがとうございました。
本当に春爛漫です。ただし今年は、いろいろ用事などあって、花見酒に乗り損なってしまいました。
日本人の花見好きは多分DNAの中に組み込まれているのでしょう。人は変わっても、花見遺伝子は子々孫々子々孫々伝えられていくのでしょう。
ニャン共々の引越しが無事終わられたようで何よりです。新しい環境をブログで伝えてくださるのを、興味津々お待ちしています。
エフ・エム
2016/04/09 16:25
お邪魔はしていたのですが、コメントはご無沙汰しました。
本当に珍しいです。
貴重な写真ですね♪
ヒヨドリや雀ならいつでも止まっているようですが、桜に留まる蝶は見たことがありません。
今日草原にシートを敷いてお弁当を食べていたら、ヒラタアブとアマガエルがやってきました。
蝶のお客様は来てくれませんでした。
とんとん
2016/04/10 19:49
とんとんさん、コメントありがとうございました。 ギフチョウはサクラの花によくやってくるということですが、この辺にギフチョウはいないし、他にサクラにチョウが来るということはほとんどないことだと思っていました。だから、あの唱歌の「桜にとまれ」も半信半疑でした。意外だったけれど嬉しかったです。
122.132.100.76
エフ・エム
2016/04/12 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
サクラとモンシロチョウ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる