道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 公園のシュロ

<<   作成日時 : 2016/05/09 10:16   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日、近所の公園を散歩していたら、この公園にたった1本しかないシュロの木に花が咲いているのを見つけましたので、写真を撮ってみました。高いところに咲いていて、カメラのレンズも高倍率ではないのですが、丸い花がブツブツと写っていましたので、画像をトリミングして、花を拡大してみました。

シュロ (Trachycarpus fortunei (Hook.) H. Wendl.) は雌雄異株の植物です。画像から、この公園のシュロは雌であることがわかりました。実は成るかな? シュロの花は虫媒花らしい。花粉の運び屋に期待しましょう。もっとも、雌株の花には両性花が同居しているそうですので、それにより実がつかないとは限りません。

  梢より放つ光やしゅろの花        蕪村

画像

画像

シュロの雌花

下の写真をクリックして、画像を拡大してみて下さい



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
シュロの花、上の方に巨大な数の子のような黄色い塊がぶら下がっているのを見たことはあります。
拡大するとこんなになっているのですね。

こんなわかりやすい句を見つけました。
 棕櫚の花こぼれて掃くも五六日 虚子

庭にも自生することがあり、つい放置したら抜去に一苦労。
それからは早いうちに抜くことにしています。
人にはまずいと言われる実を鳥は食べるのでしょうね。
夕菅
2016/05/12 21:49
夕菅さん、コメントありがとうございました。
シュロは耐寒性を持つヤシ科の植物だそうですが、ヤシにもいろいろあるのですね。とにかく、あちこちに自生して、旺盛な繁殖力には驚きます。抜くのは確かに大変でしょうね。
花は高いところに咲いているからいいですが、低いところに咲くといささか不気味でしょう。
シュロの繊維はたわしや籠を作ったり、役に立つ木。昔、祖父母の家の庭にシュロの木が1本あって、葉を柄ごと切り、葉を短く切って、ハエ叩きにしていました。そのシュロの木とともに、印象深く憶えております。
エフ・エム
2016/05/13 09:04
シュロの花ですか
ゴツゴツしてカリフラワーのよう
椰子の木の花もゴツゴツしてサンゴのようですね
自分ではなかなかじっくり見る機会は無いですから、紹介していただき良かったです
俳句にも歌われてるとは、更に感心しました
T&M
2016/05/23 10:34
T&M さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
シュロの花を意識して見たのは初めてでした。蕪村は大したものだと思います。
この公園、雌の木一本だけですが、婿さんを近くに植えてやりたい気がします。
エフ・エム
2016/05/23 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
公園のシュロ 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる