サンゴジュの花

6月も下旬に入りますが、アジサイはまだまだ衰えを見せず、色とりどりに咲き競っています。しかし、アジサイ以外には、初夏に続いて白い花が目立ちます。中でも、あふれるように花をつけたサンゴジュはなかなか見応えがあります。南国の雰囲気です。
サンゴジュ (Viburnum odoratissimum Ker) はスイカズラ科の常緑中高木で、アジア温帯南部から熱帯まで分布しているようですが、本州ではほとんどが栽培されているものらしい(倉田悟 朝日百科「世界の植物」)。写真は住宅地に植えられたものです。サンゴジュの名はやはり秋の赤い実をさんごになぞらえたもののようです。

画像

サンゴジュ



画像

サンゴジュの花
花の数だけ実がつくかな



画像

サンゴジュの花
雄しべが花筒の口についています



画像

今日のアジサイ



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月21日 23:05
散歩の途中に、とっても素敵なサンゴジュの
垣根があります
毎年、素敵な実が、たくさん成るので
きっと・・・・・ 
横着な人か、粋な人なんでしょう
と思っていたら、とんでもない・・・
きっと まめな人なんですね

2008年06月22日 08:25
yajiroさん、コメントありがとうございました。
サンゴジュの垣根は花の時期も実の時期も見事でしょうね。そうするには、しかし、まめな人でないとだめでしょう。きたないサンゴジュをときどき見かけます。

この記事へのトラックバック