ツキミソウが咲いた

ツキミソウ (Oenothera laciniata Hill.) はどうしても見たかった花の一つです。原産は、メキシコとあったり、南アメリカとあったり、はっきりしません。江戸末期に近縁のマツヨイグサとともに園芸種として日本に入ってきたのだそうです。以後、マツヨイグサの方は野原に出て繁殖を続けていますが、ツキミソウは日本の風土に適応できず、野外でみることはきわめてまれと聞きます。

ありがたいことに、先月、このめずらしい植物の鉢植えをある方からいただきました。すでに何度か花が咲き、その美しさに見とれています。

花は夕方から開き始め、夜9時頃までに全開します。夜の花というと、月下美人やヨルガオのような妖艶な花を思い浮かべるのですが、ツキミソウはそれらとはまったく違って、清楚な白い花です。なんとなくはかなげなところもあります。そして明け方には花色が薄紅色に変わって、しだいにしおれて行きます。

そういうわけで、花の写真は庭先で撮ることができませんでした。そこで、鉢を玄関に持ち込み、蛍光灯の下で撮影しました。場所やバックを選べば素敵な被写体になると思うのですが、とりあえず、こんな写真になりました。アカバナ科ですから子房下位、花弁は4弁で、雌しべはがく筒からつきだし、雄しべはがく筒のふちから伸び上がっている様子がよく分かります。花の構造もまた実にシンプルな美しさです。

画像

画像

ツキミソウ
午後9時頃



画像

午前5時頃



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

風さん
2009年07月08日 22:41
ツキミソウ、清楚で美しいですね、見惚れました。

そして明け方のピンク色にびっくりしました。こんな濃い色に変わるのですね。 何時ごろからじわじわと変わるのか、見て見たい好奇心に駆られました! 不思議ですね。
2009年07月08日 23:28
富士には月見草がよく似合ふ・・・今では、
富士には大待宵草がよく似合ふが定説ですが、
やはりツキミソウであってほしいと思います
この花を見て、「この、酔っぱらいめが・・・」って
思うのは、ノンベイの宿命でしょうか?。
2009年07月08日 23:47
マツヨイグサは、良く見ますがツキミソウ、はじめて見ました・@@!
黄色からオレンジではなく白から赤の変化よいですね~
花の大きさは、どれくらいですか?
冬越しは、お部屋の中なのかな??
2009年07月09日 02:09
夜咲いて、朝、紅色に染まっているなんて、ちょっとそこらにはない個性なのに、清楚な感じがなんともいえず魅力的な花ですね。
エフ・エムさんをとりこにしてしまったようですね。
まだ見たことはないですが、見たらやっぱりとりこになりそうです。
2009年07月09日 08:35
風さん、コメントありがとうございました。
マツヨイグサやコマツヨイグサも夜に咲き、日中は赤っぽく変色しますが、地が黄色なので、黄赤色になります。やはりツキミソウの薄紅色の方がきれいですね。いつごろから変わるか、まだ見ていないです。
2009年07月09日 08:58
yajiroさん、コメントありがとうございました。
牧野さんは例によって厳しいです。『・・・歌人や小説家などがこのマツヨイグサやオオマツヨイグサのことを平気でツキミソウとしている・・・まちがった名を平気で使ってはいけません。・・・またヨイマチグサなどという植物はありません」。でも「まつよいぐさのやるせなさ」では夢路画く美人のイメージがこわれますね。
2009年07月09日 09:08
三千子さん、コメントありがとうございました。
もっとしおれると濃い赤に変わっていきますが、これもまたきれいです。
花の大きさはヒルザキツキミソウ(モモイロツキミソウ)位です。
2年草で、種で増やさねばなりません。冬は屋外でいいようです。
2009年07月09日 09:19
さとみさん、コメントありがとうございました。
どう見ても女性的な感じのする花です。表情がいいですね。夢二(yajiroさんへのご返事に夢路と書いてしまいました)はマツヨイグサを見て宵待草と歌ったらしいけれど、ツキミソウの方が似合うような気がします。
2009年07月09日 09:21
テルツマ or テルテルさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
YAKUMA
2009年07月09日 22:05
こんばんは
ツキミソウ、こんなに花の色が変わるんですね。
どちらの色もそれぞれいいですね。
2009年07月10日 08:04
お早うございます。
これが本物のツキミソウですね。素敵ですね~。
清楚ではかなげというのがピッタリの花ですね。
本物は見たことがありません。
この花に良く似たピンク色で、ここまで開かない
咲き方の花を良く見かけます。この花が夢二の宵待草かと思っていました。でもこの花は昼間も咲いています。間違えている花は沢山ありそうです。
2009年07月10日 09:35
dragon pearlさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2009年07月10日 09:39
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
光源、露出、背景など工夫すればもっときれいに撮れると思うのですが。いろいろ試してみたいと思います。
2009年07月10日 09:40
hummingさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2009年07月10日 09:46
ワイさん、コメントありがとうございました。
言われているのはヒルザキツキミソウ(モモイロツキミソウ)のことでしょうか。花の大きさは同じ位と思います。ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)もツキミソウの仲間ですが、花はずっと小さいですね。
2009年07月10日 18:04
atsu-sixさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2009年07月11日 17:31
ツキミソウ 話には聞いていましたが、初めて見せていただきました。
咲き始めは白く、朝方には赤くなるのですね。
マツヨイグサというのは、野生化して黄色い花を夕方から夜明け前まで咲くのでしょう?
2009年07月11日 20:31
Tatehitoさん、コメントありがとうございました。
マツヨイグサ、コマツヨイグサ、オオマツヨイグサ、メマツヨイグサなどは野生化していて、みな黄色い花を夕方から早朝まで咲かせます。これらのうち、マツヨイグサとコマツヨイグサでは、花がしおれると赤っぽくなります。

この記事へのトラックバック

  • 今年もツキミソウが咲いた

    Excerpt: 昨年、ある方から鉢植えのツキミソウ (Oenothera laciniata Hill.)をいただき、それに咲いた花の記事をブログに載せました(昨年7月8日の記事)。マツヨイグサの仲間をしばしばツキミ.. Weblog: 道草の時間 racked: 2010-06-02 17:03
  • ツキミソウのひと夜

    Excerpt: しばらくブログをサボっていました。季節外れの話になりますが、6月14日から15日にかけてのツキミソウの花のひと夜の話です。 Weblog: 道草の時間 racked: 2017-07-11 22:29