道ばたのコウヤワラビ

散歩をしているといろいろなシダにも出会います。残念ながら名前の分からないものが多いので、写真はかなり撮っているのですが、ブログに出したことはこれまでほとんどありません。しかし、コウヤワラビ (Onoclea sensibilis L. var. interrupta Maxim.) は特異なすがたの胞子葉をもっているので、容易にこれと分かりました。栄養葉のかたちもおもしろく、なかなか見栄えのするシダです。

胞子葉の羽片についている玉状のものは小羽片です。この玉状の器官の中に胞子が形成されます。このコウヤワラビが生えていた場所は、道ばたの草ぼうぼうの日当りのよい斜面でした。

画像

画像

コウヤワラビ



画像

コウヤワラビの胞子葉
枝のように見えるのは羽片
玉のように見えるのは小羽片



画像

コウヤワラビの近くで、クコの花が咲いていました



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

YAKUMA
2009年10月13日 21:53
こんばんは
コウヤワラビ、先日胞子葉がまだ無いものに出会いました。
面白い姿ですよね。
2009年10月13日 22:00
名前だけは聞いたことがありますが、こんな姿をしてるんですね。これは特徴的なので、私でも覚えられそうです^^
つぶ粒の中に、小さな胞子が詰まってるんですよね…。シダって面白いですよね。
2009年10月14日 08:23
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
全部が胞子葉を付けているわけではないのですね。全部が付けていれば、もっと見付けやすいと思うのですが。シダもいろいろ探してみようと思っています。
2009年10月14日 08:35
hummingさん、コメントありがとうございました。
シダの葉は繊細で美しいものがありますね。それをどういう風に写真に撮るか、ちょっと面白そうです。胞子をつくるということで、種子植物とは違う趣きもあります。
2009年10月14日 08:37
木曜日の帰り道さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
池田姫
2009年10月14日 11:18
コウヤって高野かな?
さあ、こういうのありましたっけ?笑)
最近ブログで『冬の花わらび』とか言うの見ました。
エフ・エムさんはどうしてこういう植物がお好きなのか
聞いてみたいものです^^
全体が緑!というのが特にお好きそう♪
あっ クコがありましたね。
歩くといろいろ発見があるものです。
みーたん
2009年10月14日 16:52
こんにちは。
コウヤワラビ・?食べられるのですか?胞子とかシダ類とかって、エフ・エムさんは植物に詳しいですね。学者さんみたいだな~と、思っているのですが・・クコの花も、可愛らしいですね。これは、実もなるのでしょうか?応援のポチ!
2009年10月14日 17:04
池田姫さん、コメントありがとうございました。
高野かもしれませんね。私も知らないんですが。
フユノハナワラビも印象的な名ですね。
全体が緑の草が特に好きというわけではないんですが、イネ科やカヤツリグサ科が好きなので、そうなってしまうんです。
2009年10月14日 17:50
みーたんさん、コメントありがとうございました。
どうなんでしょう。ちょっと食べる気にはなりませんね。
在職時代は植物に関する仕事をしていたのですが、植物の分類は全く素人です。分からないものばかり、だから楽しいのかも知れません。
クコの実は、グミ位の大きさのきれいな赤い実です。食べられます。健康食品や薬用にもなります。
応援のポチもありがとうございました。
風さん
2009年10月15日 23:16
コウヤワラビ、おもしろいですね。
初めて聞く名前です。コウヤボウキなら知ってるんですが。
ちいさなつぶつぶがとってもかわいいです。

シダ類はみな面白くて好きですが、名前はてんでわかりません。勉強したいですね。

クコの花もかわいいですね。植木屋さんが我が家の庭に植えてくれました。もう実がなってます。
2009年10月16日 07:23
風さん、コメントありがとうございました。
コウヤボウキは実用的のようですが、コウヤワラビは役に立ちそうもありませんね。
クコがお庭にあるのですか。いいですね。実がたくさんなりますように。いろいろな食べ方があるようですね。
2009年10月17日 08:57
ワラビと聞くと、つい山菜として食べるワラビを連想しますが、これは・・・ちょっと食べられそうもない姿に見えますね。でも緑のプチプチみたいな粒はプチッとつぶして遊びたくなるかもしれません。そうしたら中から胞子が・・・? どんなことになるんでしょう。
クコの実は中華料理で見知っていますが、花はこんなにかわいいのですね。見たことがありませんでした。
2009年10月17日 10:06
テルコさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2009年10月17日 10:08
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2009年10月17日 10:16
さとみさん、コメントありがとうございました。
シダ類で食べられるのはワラビ、ゼンマイ、ツクシほぐらいしか知りませんが、ほかのシダはどんな味がするのでしょうか。試してみる気にはなりませんが。
クコの実は中華料理に使うのですか。これは試してみたいです。

この記事へのトラックバック