初夏を彩る雑草たち

前回は市街地の雑草たちの写真をブログに載せました。それはそれでおもしろいと自分では思っているのですが、あまり美しいとは言えず、多少欲求不満になりました。

そこで今度は、野の美しい雑草たちが作り出す絵のような空間をカメラで切り取ってみたいと思いました。写真は、5月2日に紹介した花々が咲いていた野原や田のへりで撮りました。

野原を飾っていたツボスミレ、アリアケスミレの花のすがたはすでになく、ムラサキサギゴケやオヘビイチゴも花の盛りを過ぎていたようでした。今はそれらを引き継いだ初夏の花々が野を彩っていました。こんな花のある画面はいかがでしょうか。

画像

コメツブツメクサ、ニワゼキショウ、ユウゲショウ、ヒメコバンソウ、ヘラオオバコ、ヨシ

クリックしてみて下さい



画像

ニワゼキショウの集会



画像

ヤセウツボさま



画像

ニガナ



画像

ぶらぶら、アゼナルコ



画像

イチゴツナギ属未同定



画像

ハルガヤ

カオリンの香りがただよう



画像

イヌスギナの「ツクシ」




にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

YAKUMA
2011年05月18日 22:15
こんばんは
今回の方が花たちが豊かな表情ですね。
混ぜこぜになって咲く姿も素敵なものだと思えます。
2011年05月19日 09:23
naominさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月19日 09:25
マシュマロさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月19日 09:26
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月19日 09:28
kemochimeさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月19日 09:29
ほたるさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月19日 09:32
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
市街地の空地の雑草は生存競争の姿がまる見えですね。こちらも同じなのですが、花がきれいなので、それをあまり感じさせないです。
2011年05月19日 09:33
hideさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月19日 13:18
今日は、色とりどりの花ですね 
クリックして、じっと見てると像が立体化してきて、
自分が、蜂か昆虫になって花の中を彷徨ってる気分になりました 
もう前回とは、植物の顔ぶれが交代してるのですね
初夏の田園を満喫出来ました。
夕菅
2011年05月19日 16:05
野草園として人為的に作ろうと思ってもこんなには出来ないような自然な寄せ植え、いえ寄せ生えの美しさですね。
イヌスギナは見たことがありませんが、面白いですね。
でもこのツクシは食べると有毒だとか、これも不思議です。
池田姫
2011年05月19日 22:39
まるでお花畑ですね☆
コメツブツメクサって普段は見かけないけど、昭和記念公園では黄色い絨毯でした。
そこにピンクや白や紫や・・・とても素敵!
姫がここを見たら知っている花しか撮らないです。
あとのは調べるの大変だから。笑)
でもそんなことしていたらいつまでたっても進歩ないですね。
2011年05月20日 07:47
T&Mさん、コメントありがとうございました。
素敵なご感想をいただき、とてもうれしいです。このあたり、よく道草の時間を過ごしている猫も見かけます。
植物の移り変わりは早いですね。いつまでも花を開いていては実がなりませんから。
2011年05月20日 07:49
秋田の地酒えのもとさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月20日 07:51
Turf-Runnerさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月20日 07:57
夕菅さん、コメントありがとうございました。
自然は植物種を選ばないのですが、不思議に調和がとれていることを感じます。帰化種も上手く利用していますね。
イヌスギナが有毒であることは知りませんでした。ツクシと似ているようですが、ちょっと食べる気にはなりません。
2011年05月20日 08:17
池田姫さん、コメントありがとうございました。
コメツブツメクサも近頃ずいぶん見かけるようになってきました。ヨーロッパ原産ですが、日本の風土にも適しているのでしょう。群生していると明るくきれいですね。赤やピンクの花が混じっているときれいな画面になります。でもそれらもほとんど外来種ですね。
生駒の風
2011年05月20日 16:33
こんにちは!
小さな野草のお花畑ですね。
今私のところでもニワゼキショウがたくさん咲いています。この花をアップで撮るととても可愛くて、草むらに寝そべってニワゼキショウとにらめっこです。
「コメツブツメクサ、ユウゲショウ、ヒメコバンソウ、ヘラオオバコ、ヨシ」もよく見かけます。子供の時から手折って遊んだお馴染さんです。
前回に登場したヤエムグラは服にはりつけて遊びました。今でも昔遊んだ癖で つい服に貼り付けてしまいます。
イチゴツナギ は知らない名前です。
それとイヌスギナの「ツクシ」もなかなかみつけられません。あまりイヌスギナのツクシの姿を見かけません。
野の花たちのお話は楽しいです。ありがとうございました。

みーたん
2011年05月20日 21:12
野草の花の集会、賑やかで、キレイですね。
ニワゼキショウも、野草だったのですか?
知りませんでした。家の庭にも咲いています。
小さな花も、UPで撮るとキレイですね~。
2011年05月20日 22:39
野原は花盛り!
綺麗に咲き誇って輝いていますね。
白、黄色、ピンク、赤紫・・・
色彩豊かな花々を見ていると
心癒やされました。
2011年05月21日 00:48
ヤセウツボ、アゼナルコ、イヌスギナ、どれも初めてです。どれも湿地の植物なんですね。 今度探してみます。
2011年05月21日 08:00
ヤセウツボは初めて見ました。
花は何に似ていますか。
雑草たちもそれぞれ生存競争をしているのでしょうが 花壇の花よりたくましさを感じます。
2011年05月21日 08:35
野原は初夏というか夏本番の風景ですね。
ニワゼキショウが他の草に埋没して花を天に向けている風景やスギナの林に土筆があるなんて、こりゃいい風景ですね。
長靴を履いて、私も進入してみたくなりました。
風さん
2011年05月21日 10:18
雑草と呼ばれる野の草たちの美しい季節ですね。
可愛いお花畑、どれもいきいきしていますね。
ヤセウツボは初めて見ました。
先日、ノジシャ、ヤブジラミ、コバンソウを撮りました。
いつも名前も知らないまま通り過ぎてしまう小さな植物にもっと目を向けたくなりました。
2011年05月21日 12:43
生駒の風さん、コメントありがとうございました。
野原を飾る小さな花たちはどれもきれいですね。わけてもニワゼキショウのすっきりした輪郭の花は可愛くて好きです。すがたの可愛さとは裏腹にその生命力には感心します。
ヤエムグラの葉の勲章は昔の子どもにはおなじみでしたね。今はどうでしょうか。
イチゴツナギ属の植物はどれもよく似ていて、同定が難しいです。この植物は葉耳が長いので、オオスズメノカタビラかと思ったのですすが、その特徴である走出枝が見つからないこと、葉の先端が尖っていてボート状でないなど、矛盾するところがあります。こういう植物を相手にすると、頭が疲れます。
2011年05月21日 12:47
みーたんさん、コメントありがとうございました。
ミワゼキショウは今野原一杯に咲いていますが、もともとは栽培種だったのかもしれませんね。芝生にもよく生えてきますね。
小さな花も大きな草花に負けず、とてもきれいです。
2011年05月21日 12:50
ケロ太さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
2011年05月21日 13:32
I子さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
小さな花々が多彩に咲いている場所では、道草の時間も長くなります。雑事を忘れてしまいます。季節はどんどん移り変わり、次回はどんな光景が見られるでしょうか。
2011年05月21日 13:38
小梨さん、コメントありがとうございました。
アザナルコとイヌスギナは畔のような比較的湿っぽいところに生えていますが、ヤセウツボはマメ科への寄生植物でとくにシロツメクサに寄生することが多いようです。したがって、シロツメクサ(ときにアカツメクサ)の生えているところなら、乾いた場所でも見かけます。
2011年05月21日 13:47
かなたさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヤセウツボはハマウツボ科の寄生植物で、根元を見ると大抵宿主のシロツメクサ(アカツメクサの場合も)が見られます。花は何に似ているのでしょうか。ちょっと分かりませんが、筒状です。ある場所には群生しています。
どれもたくましいですね。ニワゼキショウなどは、花の印象とは違うたくましさです。
2011年05月21日 13:52
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
ニワゼキショウは背の高い草に負けじとばかり背伸びして花を上に向けているすがたがいいですね。
イヌスギナはスギナそっくりですが、「ツクシ」のつき方が違うところがおもしろいです。ほんとうをいうと、スギナの「ツクシ」の方が変わっているのかも知れませんが。
2011年05月21日 13:58
風さん、コメントありがとうございました。
道草の時間を過ごしていると、雑草でひとくくりされてしまう植物たちもそれぞれ美しさと個性をもつ植物たちであることをよく感じます。ヤブジラミの花も、アップするととてもきれいですね。名前で損をしている植物と思います。
まだまだ、初夏のいろいろな花をみることができると思います。
2011年05月21日 21:57
お目当ての野草を写真に収めて、後で画面を見ると・・・撮った覚えの無い植物や昆虫達が、一緒に写りこんでいる事が良くあるんです
そんな時・・・とっても嬉しくなるんです
初夏の花々が野を彩るお花畑の写真をポチッとして・・・ゆっくりと独りで植物観察会・・・PCの横にあるウイスキーのグレードが、ひとつだけ上がったように感じます。
2011年05月22日 08:41
yajiroさん、コメントありがとうございました。
そうなんですね。植物の方はダメでも、写り込んでいる虫がこっちを見たりしている。とてもうれしいです。毛虫でもね。
写真をポチッとして下さいましてありがとうございました。小さいままでは、バカみたいな写真ですので。
ここもやがてヨシに覆われて、ギョギョシの声が賑やかになります。
2011年05月23日 17:09
こんにちは!
私の里山に行く時駐車するスペースがあるのですが、そこは8年前に砂防工事で不必要に工事され山が削られた場所です。
そこに見慣れない花があったのですが、なんと言う花か分からずにおりました。
ニワゼキショウなんですね。
里山周辺には無かった草花ですが、造成されたところへ種が運ばれて根付いたんでしょうか。
エフ・エムさんの記事で名前がわかってスッとしました(^^)
2011年05月23日 20:46
松の陰さん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ニワゼキショウは可憐できれいな花を咲かせますが、けっこうしぶとい植物なんですね。生育に適した場所ですと、一面にはびこります。
造成地にはよく見かけない植物を見ることがあります。土や芝などとともに種子が運ばれ、勢力を拡大して行く植物もあるのでしょう。なかなか防ぎきれないですね。
2011年06月17日 11:05
おばブーさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。

この記事へのトラックバック