ヒラドツツジと花壇の花

4月〜5月、花の移り変わりが早く、花に寄せる気持ちもかえって焦ってしまいます。
ツツジはオオムラサキを含むヒラドツツジの季節も過ぎようとしています。これからはサツキの季節になります。

画像

画像

画像

ヒラドツツジ3品種



白いヒラドツツジの中に赤い斑入りのものを見つけました。これはもともとオオムラサキのような赤紫の品種の色素合成遺伝子の一つにトランスポゾンが入り込んで赤紫の色素の発言を阻止していたもので、トランスポゾンがたまたま外れて、色素の合成が復活したものと推測しています。あくまで推測ですが。

画像

赤紫の斑入りの白色ヒドラツツジ



以前ツバキの斑入りについても同様の推測をしています。
http://michikusanojikan.at.webry.info/200904/article_2.html

話は別になりますが、私が在住する町内では、花のサークルの方々が町内に花壇を作り、花を育てておられます。

4月から5月上旬までのそれらの花壇の花の写真をスライドショウにしてYouTubeに公開しましたので、見ていただけたら幸いです。
https://www.youtube.com/watch?v=AMx2ZZQU3fY&feature=youtu.be

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年05月14日 11:32
桜が終われば次はつつじが目を楽しませてくれるんですね
ピンク色が豪華で好きです
赤紫の斑入りの白色ヒドラツツジ、珍しいですね
ブーゲンビリア白に赤い色が混入するのと同じなのでしょうか
夕菅
2017年05月14日 12:16
ヒラドツツジはうちの庭にも白とピンクがあります。
丈夫で放っておいても年々大きくなって、切り花にも重宝です。
やはり稀に、白い花にはピンクの筋が入ることがあり、ピンクの花では小枝一つに赤紫の花が咲くことがあります。
トランスポゾンという語は初めて知り、「ツバキのトランスポゾン」も見せていただきましたが難しいですね。
花壇の花のスライドショウもBGM共々すてきでした。

2017年05月14日 21:27
T&Mさん、コメントと気持玉をありがとうございました。
ヒラドツツジの中でもオオムラサキという品種がもっともポピュラーですが、一番梳き毛づ。これが咲くと、いよいよ初夏がきたと感じます。
ブーゲンビリアの白に赤い色が入る品種があるのですね。ブーゲンビリアを見る機会は少ないですが、見てみたいです。
2017年05月14日 21:40
夕菅さん、コメントありがとうございました。
お庭にもヒラドツツジ、素敵ですね。私の家の庭にはありませんが、町内のいたるところで見られますので、結構楽しんでいます。緑豊かな季節によく似合う花ですね。
スライドショウも見てくださってありがとうございます。野草ばかりでなく、花壇の花にも目を向けて行こうっと思っています。
とんとん
2017年05月18日 12:43
一枚目の色のツツジ、よく見かけますね。実家でも植えていました。
最後の筋の入った白いツツジは我が家でも出現して、素敵なので喜んでおりました。
ヒラトツツジと言う名前を初めて知りましたが、ウイルスが怖くてネット検索も怖くてできない状態です。
5日パソコンを閉じていたら、さらに動きが悪くなって書き込みも止まりながらやっとです。
動くからと使い続けたビスタもいよ買い替えです。
しばらくブログもお休みになりますが、再開しましたら、又よろしくお願いします。
2017年05月24日 20:24
とんとんさん、うっかりコメントを見落としておりました。すみません。
オオムラサキというツツジの名は以前から知っていましたが、ヒラドツツジの1品種であることを知ったのは2、3年前でした。白花品種も好きですが、何と言ってもオオムラサキが好きです。
もうサツキの季節ですね。アジサイの蕾もだんだん多くなってきました。
長く使っていたパソコンとの別れも。ちょっと寂しいですね。
アベイユ(元 れの まんじゅ猫)
2017年06月22日 12:14
エフ・エム先生 こんにちは
この花はヒラドツツジと言うのですね
福岡にいた時は あちこちに植えてあって 子供の頃は花の蜜をチューチューしていました
(私は何だか毒がありそうで嫌だったのですが 男の子なんか好きだから…^^)
花をつないでネックレスみたいなのを作って遊んだりもしました

白い花に赤い線が入るのは良く見ていたので そう言う品種なのかと思っていましたが そうじゃないのですね
ビックリしました

***
ところで私はピグと言うサイトで フィンランドの人とお友達なのですが 以前お話した時に(彼は日本語の ひらがなとカタカナは判られます 漢字は判らないのだそうです)フィンランドの風景や植物の写真をお願いしていたら 写真をブログに載せてくださいました
もし良かったら見てください

もう白夜だそうなので フィンランドでは初夏なのだそうですが 咲いている花は日本の春の初めの花に似ています

http://ameblo.jp/momohirahira/entry-12285852643.html
2017年06月23日 10:43
アベイユさん、コメントありがとうございました。
ヒラドツツジは五月の爽やかな季節に咲き、陽気で美しく、好きな花の一つです。以前はオオムラサキが圧倒的に多かったように覚えていますが、近頃はいくつかの品種が美を競いあっています。
私も子供の頃、ツツジの蜜を吸った経験があります。ツツジは毒を言われますが、ちょっぴりなら大丈夫かな。
昔々、イギリスに滞在していた頃、シャクナゲの花の蜂蜜は毒だと聞いたことがあります。

フィンランドの方のサイトを訪問して、Rentukkaの記事を見ました。後ほどゆっくりと他の記事を見ます。日本人のようなタイトルですが、フィンランドの方なのですね。

アベイユさんは、ブログを続けていらっしゃいますか。

この記事へのトラックバック