ケヤキの幹上の赤褐色の付着物

前回のブログに載せたカタツムリを見つけたのと同じ日に、1本のケヤキの幹の表面に赤褐色の付着物を見つけました。ネット上を検索したところ、樹液上に繁殖する酵母(樹液酵母)が樹液を発酵し、その表面にアカカビの一種が増殖したものと推測されました。だだしネット上には、鮮やかな橙赤色の写真が多く、もっと粘着感があります。以下の写真のものは、だいぶ以前にできたものが古くなってしまったのかもしれません。確定はできませんが、一応樹脂酵母によるものとしておきます。

酵母はバクテリア(細菌)のような原核生物ではなく、単細胞の真核生物の菌類の総称です。酵母の多くは子嚢菌に属しますが、担子菌に属するものもあるようです。サッカロミセス属に属する酵母には、アルコール発酵をして、清酒、ビールを作るもの(清酒酵母、ビール酵母)や、発酵の際大量に炭酸ガスを放出してパンを膨らませるもの(パン酵母)、発酵によって味噌を作るもの(味噌酵母)がよく知られています。

天然の酵母は、樹液、熟した果実、キノコなどに繁殖します、これらのうち、樹液に生じるものを樹液酵母と呼んでいます。樹液酵母についての研究論文がネット上に見つかりました。
Studies of Yeast in Slime Fluxes (Soneda Masami; 東京家政大学研究紀要 13, 1973)

この論文によると、著者が集めた日本とパプア・ニューギニアで収集した413系統の樹液酵母は、15属にわたる58種に分類されたとあります。また記述からも、樹液酵母の種は季節や樹種で異なるなど生態も単純ではないようです。

これらの樹液酵母にはアルコール発酵を行うサッカロミセスも含まれているそうです。ネットを検索すると、樹液酵母から採取した酵母でクラフトビールなどを作る研究などが行われているようです。

juekikoubo-keyaki-1.jpg

ケヤキの幹の付着物(1)樹液酵母+アカカビ?


juekikoubo-2-keyski.jpg

ケヤキの幹の付着物(2)樹液酵母+アカカビ? 根元近くにも大きなコロニーができている


juekikoubo-shirakashi.jpg

シラカシの切り株についていた付着物:この本体も樹液酵母?



写真は樹液酵母のものと確定できません。ご意見があればコメントをお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月27日 11:19
自分なら、“変なカビ”として通り過ぎてしまいますが・・・ ^^;
酵母で、れっきとした微生物とは驚きました
酵母を利用して作られた食品(パン、味噌、納豆、ビールなど)は多くあって、普段あまり気づかず食べてたんですね (^o^)
ホームベーカリーでドライイーストをいつも使っています
パン生地に混ざると水分で生き返り?
小麦粉のデンプンを食べて活動し、炭酸ガスを出し生地をふくらませる・・・
容器の中でこんな事が起こってるなんて不思議
酵母って奥深いですね
エフ・エム
2019年08月27日 15:54
T&Mさん、コメントありがとうございました。
天然酵母はイチゴなど、熟した果実から採集できることはよく聞きますが、樹液からも採れることは、知りませんでした。以前、竹の切り口にべっとりしたものが付着していたのをみたことがあります。何だろうとは思いましたが、その後失念していました。今考えると樹液酵母だったのですね。これからは注意してみたいと思っています。
2019年09月02日 10:42
樹脂酵母については全く知りませんでした。
何年か前、庭のケヤキの切り株に派手な粘菌がついてあわてたことがありました。
調べてみると既に南方熊楠の研究もあり、これでイグノーベル賞を受賞した方もあり、驚きの連続でした。
でも酵母とは似て非なる感じです。
樹液にカミキリムシなどの昆虫の体内由来の酵母がついて好条件で繁殖したものでしょうか?
これからは植物園などでも注意して見てみます。
エフ・エム
2019年09月02日 22:19
夕菅さん、コメントありがとうございました。
もう、随分以前の事になりますが、林の中でねばねばのものがアメーバみたいに動いているのがいて、びっくりしたことがありますが、今考えると粘菌だったのではないかと思います。変形菌、何とも不思議な生き物です。
酵母も粘菌ほどではないけれど、おもしろそうです。
sumipi
2019年10月04日 06:26
おかげさまで、この頃、犬の散歩で木の幹を見るようになりましたよ。
榎が中途半端に切られて、いっぱい、ゴチャゴチャ何やらついていて、その中に食べられるキノコもいっぱい出ていたのですが、また切られて、地面から30センチぐらいになってしまった。
今までとガラリと違って、白っぽいサルノコシカケみたいなのがベッタリ!

犬の散歩は、草ばかり見ていたのですが、木の幹をも見るようになりました。
しかし酵母だか、カビだか、キノコだかさっぱりわからん!

犬はケヤキやエノキの幹には興味がないらしく、もっぱら先輩の排泄物の臭いを丁寧にかいでいるだけ。
エフ・エム
2019年10月04日 10:55
Sumipiさん、コメントありがとうございました。
歩くと疲れるようになってきたので、近所に生えている木の幹などを見て、ブログネタを探しています。いろいろ見てきましたが、イチョウにはほとんど着生植物は付いていない。サクラの幹が一番賑やか。コケの緑、地衣類の青みがかった白などが混ざり合ってなかなか綺麗です。写真もたくさんとりましたのでそのうち記事にしてみようかと思います。