オオイタビか? ヒメイタビか?

何年も前から、不思議に思っている植物がありました。近所の公園を取り囲んでいる石垣にべったり張り付いて広がっている小さな葉をつけた植物です。花は咲かないし、もちろん実もならない。なんだかわからないのでブログネタにもならない。

今年は石垣のみならず、サクラの幹にもこの植物が張り付いているのを見ました。石垣に付いているものより、葉が大きく、葉の表がでこぼこしています。いろいろ調べて、やっとオオイタビかヒメイタビの若い植物の葉ということがわかりました。オオイタビもヒメイタビももっと大きな葉が出てくるはずです。そして大きな葉は若い葉とは全く異なる形です。

そこで、石垣周辺を探して見たところ、南に面した場所に、それらしい葉が見つかりました。オオイタビの葉は周辺が上に反り、ヒメイタビの葉は周辺が下に反るのが特徴らしいですが、その特徴もはっきりわかりませんでした。

オオイタビもヒメイタビも雌雄異株ですが、それももちろんわかりません。

来年あたり花が咲いて欲しいものです。その時まで、オオイタビか、ヒメイタビかの識別はお預けです。

オオイタビもヒメイタビも海岸近くに多い植物のようです。私の在住地は海岸とは程遠い内陸ですが、こんな場所にも生息していることも新知識です。オオイタビを初めて見たのは、倉敷市の大通りのクスノキの並木の一つに絡みついているものでした。実もなっていました。倉敷市は瀬戸内の沿岸の都市ですから、オオイタビはよく生育すると思います。

オオイタビやヒメイタビは、内陸では珍しいと書きましたが、オオイタビや近縁のイタビカズラはつくば市にある筑波実験植物園(つくば植物園)でも見ることができます。イタビカズラについてはまた改めて述べたいと思います。

itabi-1.jpeg

石垣に張り付いた若い植物



itabi-2.jpeg

サクラの幹に張り付いた若い植物



itabi-3.jpeg

成長した葉(若い植物の葉とは別に生じる)



ooitabi.jpg

筑波実験植物園(つくば植物園)のオオイタビの葉



にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2019年10月11日 11:21
べったりへばりついてるので、普通には見逃してしまいそう (^o^)
珍しい生命力旺盛な植物ですね
初めて聞いた名前なのでネットで調べました
花は細長いちじくのような花嚢なんですね
いちじくの仲間だというのも驚き
こんな実も見て見たいものです
エフ・エム
2019年10月11日 16:21
T&Mさん、コメントありがとうございました。
石垣にべったり張り付いている植物は長年の謎でした。
今回、謎が少し溶けた気がします。
ともかく花と実を見たいものです。
石垣やサクラの幹に張り付い小さな葉をびっしりつけている様子からは、
イチジクに近い植物とは想像もできませんでした。
2019年10月13日 17:15
台風19号、たいへんでしたね。大丈夫だったでしょうか?
オオイタビ? どこかで出会ったような?
古い写真を探したら5年前、よその駐車場の壁面を覆う植物を写していました。
上の2枚目の写真と同じような感じです。

オオイタビ・ヒメイタビ・イタビカズラ
さらに検索するとオオイタビの学名「フィカス・プミラ」の園芸種「ホワイト・サニー」も出てきました。
また「オオイタビ」は壁面緑化用に通販でも苗が販売されているようです。
つくばの植物園で果実が見られるといいのですが、まだどこにあるのかも確認していません。

エフ・エム
2019年10月14日 10:40
夕菅さん、コメントありがとうございました。
台風の影響、そちらはいかがだったでしょうか。
私の方は、小貝川の氾濫が少々心配だったのですが、それもなく、無事でした。

ヒメイタビの若い葉には切れ込みのあるものがあるそうですが、そのような葉はなく、大きな葉はどちらかといえば上に反って入りので、オオイタビの可能性があります。でも、あくまで花待ち、実待ちです。いつになることやら。
2019年10月14日 12:26
1昨日から携帯に警告音と共に避難メッセージが入りましたが、今朝つくば市はすべて解除になりました。我が家はその対象には含まれず安泰でした。
念のため見直しましたところ、お住まいのあたりが12日午後避難準備(高齢者等避難開始)状態だったような情報(翌早朝には解除)を見つけました。
でもセーフだったのですね。安心しました。
大きな河川の欠壊が次々報じられて痛ましいことです。
エフ・エム
2019年10月15日 08:48
夕菅さん、コメントありがとうございました。
私の方までお気遣い、感謝しております。
同じ丁目には低い場所があり、小貝川が氾濫すると水が来る恐れがありますが、私の家はハザードマップで見ると、水害予想区域からギリギリ外れたところにあります。でも近所が水浸しになることは、やはりやはり心配でした。
災害に遭われた方々は本当にお気の毒です。1日も早い復旧を願っております。