雲のタイル(秋と冬の雲)

昨年の秋から今年の冬にかけて、雲の写真をいくつか撮りました。
それらを材料に何かデザインできないか考えていました。
手始めに、雲のタイル。Facebookにも載せています。

クラウドタイル.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年01月17日 12:12
1枚づつがタイルというのがオシャレですね
30cm四方のタイルにしてお風呂場の壁に貼りたいです (^O^)
秋から冬の雲・・・爽やかなのもあれば荒涼とした感じのもあって面白いです
さすがに入道雲は・・・
春から夏の雲はまた雰囲気が違うのでしょうね
エフ・エム
2020年01月17日 20:19
T&Mさん、コメントありがとうございました。
昨年、夏の暑さにうんざりしましたが、その反動?で秋空がことさら美しく見えました。それをきっかけに空と雲を撮ってみることにしました。
春と夏の雲の写真も撮りためてゆくつもりです。
2020年01月18日 15:15
不思議な、雲のタイル、どうして造ってあるのでしょう?
どこかで見た雲のように見えますがが、左上はピンクのベールのような雲に伸びる3本の異なる平行線、その右は黒い雲の中に子犬の顔、その右は空を駆ける白い狐?、一つ一つにエピソードがありそうですね。
エフ・エム
2020年01月19日 09:10
夕菅さん、コメントありがとうございました。
雲の写真は加工せず、そのまま使い、Affinity Designer(画像加工用そソフト)に取り込んで並べ、「3Dエフェクト」を使ってタイル状にしました。
雲の種類の科学上の名は知りませんが、季節によって異なり、また同じ雲でも刻々と姿を変えてい来ます。時々、ベランダで雲を眺めています。要するに暇なんです。
kumi
2022年02月10日 09:12
初めまして
タイトルにひかれて訪問しました
「空と雲」のkumiと申します
私も空と雲の魅力にとりつかれて毎朝毎晩空を眺めておりました
今は健康をそこねてブログはお休みしています
それで今は皆様のブログを楽しみに見させていただいています
更新がないのはお休みされているのでしょうか
又 美しい雲を見せてくださいませ。
エフ・エム
2022年02月16日 08:38
kumiさん、ありがとうございます。
雲の種類は知らないにですが、雲の醸し出すニュアンスにはいつも惹かれています。
またいつかとりためた雲の特集をしてみようかと思っています。
ブログは、他の記事に集中しているため、疎かになっています。
おやすみしている貴ブログのURLを差し支えなければお教えください。
ご健康の回復をお祈りします。