テーマ:名所

小石川後楽園で紅葉狩り

先週の好天の日、小石川後楽園の中の涵徳亭で食事会があり、ついでに園内を散策しました。ちょうど紅葉狩りの季節。園内は大勢の人たちが来園していました。 写真をいくつか撮りましたので、掲載します。 紅葉狩りの人たち 紅葉(こうよう)は最盛期 モミジの上はハゼ? キブシの紅葉;もう花序が見えます …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「巨匠たちのクレパス画展」訪問

ずいぶん長期間、ご無沙汰しました。なんとなくスランプ気味の上に今年の連日の猛暑にはまいりました。やっとこのところ、気温も下がって、秋の気配を感じるようになりましたが、まだまだ、厳しい暑さが戻ってくる気配もあるようです。 去る8月17日(金)に、西新宿の「東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館」開催の「巨匠たちのクレパス展」(7/1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

早春のお台場:花壇・海・フランソワ・ブレ展

先週の土曜日は晴れて、風もなく、比較的暖かな一日でした。花壇には早くも春の到来を感じさせるような花が咲き始めていました。 お台場の早春の風景と、グランドニッコー東京台場で開催されているフランソワ・ブレ(François Bret) 展を楽しみました。 ビオラ・プリムラ・ストック プリムラ・ビオラ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「クラーナハ展 500年後の誘惑」を観て

もうだいぶ前(12月9日)になりますが、上野の国立西洋美術館に「クラーナハ展」を見に行きました。クラーナハ(父)の絵画は以前より印刷物などを見て知っていました。ルネサンス時代の絵画とはいえ、おおらかで美しいイタリアルネサンスの絵画とあまりにも異なる印象を持っていて、一度は実物を見たいと思っていましたが、実現するとは思ってもいませんでした…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋色 霧降高原

もうだいぶ前になりますが、8月19日に日光霧降高原に行きました。前日は「一寸先は霧で、何も見えない状態」だったそうですが、この日も天気はよろしくないとの予想が豈図らんや、快晴でした。その後、関東地方は曇りや雨続きでしたから、19日を選んだのは正解でした。 標高1300メートルの高地も平地とほとんど変わらない暑さでしたが、さすがに植…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブログ開設8周年が過ぎた

ブログを始めて、去る2月24日に8周年を迎えました。例年ですと、ウェブリブログから、「ブログを開設してから、もうすぐ○周年」というお知らせのメールがあらかじめ来るのですが、今年はどういうわけか来ませんでした。私自身も、あとから8週年が過ぎたことに気づいた次第です。 それに気づいたところで、過去8年間のブログ記事を振り返ってみました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「キュー王立植物園所蔵イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」展訪問

長いタイトルの展覧会ですが、内容は主として王立植物園所蔵のボタニカルアートを展示しています。その他、風景画、装飾、陶芸なども幾つか観られます。会場はパナソニック汐留ミュージアムです(会期は1月16日~3月21日)。 キュー王立植物園 (The Royal Botanic Gardens, Kew)は通称キューガーデンという…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

真鶴の旅:お林展望公園の植物

中川一政美術館に隣接して、お林展望公園があります。もと「真鶴サボテンランド」があった場所ですが、閉館後、お林展望公園として整備されました。カナリーヤシやオキナヤシがとろどころに植樹されており、相模湾を一望できます。南国の雰囲気をもつ公園です。 海岸近くに南国的な景観を与えるカナリーヤシPhoenix canariensis H…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

真鶴の旅:真鶴町立中川一政美術館訪問

先日、真鶴に行ってきました。目的は、中川一政美術館にて巨匠の作品鑑賞、ほかに、久し振りに海らしい海が見たかったこと、新鮮な魚を食べたかったことです。いづれも満足でした。 中川画伯は1893年(明治26年)東京本郷に生れ、1991年(平成3年)に亡くなりました。享年97歳。 中川画伯の絵画は、ありきたりの表現ですが、圧倒的な生…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

東京国立博物館;鳥獣戯画とユリノキ

9日に鳥獣戯画展を見に、上野の東京国立博物館に行ってきました。土曜日とあって、大勢の観客。長い行列で全部見終わるのに3時間以上かかりました。しかし、本物にたどり着くまでの間、大きな鳥獣戯画の写真やそれらの説明を見つつ、行列を進みましたので、ほとんど退屈はしませんでした。 鳥獣戯画は甲巻、乙巻、丙巻、丁巻と分かれており、今回…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

ホイッスラー展(横浜美術館)訪問

横浜市美術館に「ホイッスラー展」を2月28日に見に行きました。ホイッスラーをまとめて見る機会はほとんどないので、是非見ておきたかったのです。同展は昨年秋、京都で開催され、その後、昨年12月より横浜にて開催されていました。3月1日が最終日でしたので、その前日とあって、かなり混んでいましたが、それでも時間をかけてゆっくり見ることができました…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「ボストン美術館 ミレー展」を観て

先月28日に三菱一号館美術館に「ボストン美術館 ミレー展」を見に行きました。ボストン美術館所蔵の初期から晩年に至るジャン・フランソワ・ミレーの作品25点をはじめ、コロー、T・ルソー、クールベ、ドービニーなど、バルビゾン派の画家たちの絵画を中心に約60点が展示されていました。本展は最初高知県立美術館(2月~4月)、名古屋ボストン美術館(4…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

晩秋の上野の森のにぎわいとウフィツィ美術館展

半月前のことですが、11月16日に上野の東京都美術館にウフィツィ美術館展を見に行きました。少し寒い日でしたが、日曜日とあって、上野の森は行き交う人々が大勢でした。季節は晩秋というより初冬なのですが、紅葉、黄葉もまだこれからという感じでした。 上野の森のにぎわい ウフィツィ美術館展に行きました ウフィツィ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

守谷市「マインブルグの小径」にアカボシゴマダラ現る

マインブルグはドイツのバイエルン州にある守谷市の姉妹都市の一つで、平成2年11月に守谷市との姉妹都市締結がなされました。守谷市の面積は35.63平方キロメートルに対してマインブルグ市は61.7平方キロメートルと2倍近くありますが、人口は守谷市約6万4千人に対してマインブルグ約1万3千人ですから、マインブルグは守谷の2割ほど。ビールの原料…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

キチジョウソウふたたび

わが家の庭のキチジョウソウは、私が植えたものではなく、隣りの庭から地下茎によって侵入してきたものです。最初に入ってきた株は私のうっかりミスで絶やしてしまったのですが、2度目に入ってきたものは、庭の隅に定着しました。そのいきさつは、2010年11月20日の記事に述べております。 その後も株は順調に増え、毎年秋には可憐な花を見せてくれ…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

「点描の画家たち」展を観て

もうかなり前になってしまいましたが、10月21日に訪れた国立新美術館の企画展「印象派を超えて 点描の画家たち」に関することです。 丁度東京に出るついでに、季節は「芸術の秋」の真っ只中ですから、どこかの美術館に寄りたいと思っていました。ところが生憎、当日は月曜日。大抵の美術館・博物館は月曜が定休日です。ただ一つ開いているのが乃木坂の…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

秋色のつくば市とダフネの樹

筑波研究学園都市は、その建設の閣議決定(1963年9月10日)以後、今年で50年経ちました。10月につくば市では、その50周年記念式典を行っています。しかし実際に都市建設と各研究機関の移転が進み始めたのは、1970年代以降です。 私も、建設途上の時代から、15年近く、この地で勤務していました。勤務し始めた頃は雨が降れば泥だらけ、晴…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

鴨川辺りの散歩

京都を訪れる機会があり、ちょっと暇を見つけて鴨川辺りを散歩して見ました。この季節ですから暑さは当然ですが、木陰や橋の下は川風が吹き抜けて、意外と涼しく感じました。 数々の歴史の面影を残す鴨川の河原にも、皮肉なことに帰化植物ばかりが目につきました。 鴨川正面橋から上流を望む向こうに見えるのは五条大橋東岸(右)を歩きました …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

六月の半田山植物園

RSKバラ園に行った日の翌日、岡山の半田山植物園に寄ってみました。岡山に10年ほど住んでいた私にはお馴染みの植物園です。ブログには2010年5月と2011年2月の記事もあります。 今回の訪問は6月9日でしたが、2010年5月20日の訪問のときと比べると咲いている花の種類はずっと少ないように思いました。季節の花、アジサイなどの写真を…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

RSKバラ園訪問

RSKバラ園(岡山市北区撫川)は、山陽放送 (RSK) のラジオ送信所を取り囲む土地につくられ、(株)アール・エス・ケイ・ランドによって運営されているバラ園で、開園40周年だそうです。 先日、かつての勤務地、倉敷に行く機会があり、久しぶりにRSKバラ園に立ち寄ってみました。大規模なバラ園ですから、全体を見渡すと見事な光景でしたが、…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

企画展「植物学者牧野富太郎の足跡と今」(国立科学博物館)訪問

先日、例年通りの遅ればせの初詣(浅草寺)をしたあと、上野の国立科学博物館に寄って、企画展「植物学者牧野富太郎の足跡と今」を見てきました。 この企画展は、牧野富太郎生誕150年に当り、昨年の6月16日から9月23日まで、高知県立牧野植物園にて開催され、その後2012年12月22日から今年の3月17日まで、東京上野の国立科学博物館にて…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

「巨匠たちの英国水彩画展」のこと

東京に出たついでに、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「巨匠たちの英国水彩画展」に行ってきました。岡崎市美術博物館、島根県立石見美術館から巡回され、10月20日から12月9日までがBunkamura、そのあと新潟県立万代島美術館で12月18日より来年3月10日まで展示されるようです。英国画家による約4,500点の水彩画…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

横浜イングリッシュガーデン:秋のバラたち(1)

ウェブリへの書き込みが数日にわたってできませんでした。少し遅くなってしまいましたが、前回に引き続き、横浜イングリッシュガーデンで撮った写真を並べます。今回は主役のバラたちです。 秋に咲いているのは四季咲きのバラで、春には春の草花と会話し、秋には秋の草花と戯れる幸福なバラたちです。秋に咲く花は、勢いのよい春の花と比べるとおと…
トラックバック:1
コメント:23

続きを読むread more

横浜イングリッシュガーデン:コスモスなど

横浜方面に出かける用事があって、そのついでに横浜イングリッシュガーデンを訪問しました。(株)テレビ神奈川が(株)tvkコミュニケーションズの協力を得て、運営している庭園です。最寄り駅は相鉄線平沼橋ですが、横浜駅からは送迎バスが出ており、アクセスは便利な場所にあります。 イングリッシュガーデンといえば、やはり主役はバラ。ここもたくさ…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

日比谷公園のオキナヤシ

バーン- ジョーンズ展を見たあと、ちょっと日比谷公園に寄ってみました。夏花壇を見たかったのですが、真昼の炎天下、これはちょっとたまらん。さすがに散策している人も少なく、そそくさと公園をあとにしました。でもせっかく寄ったので、この公園にそびえ立つオキナヤシのことを書いておきます。 オキナヤシ (Washingtonia filife…
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

マウリッツハイス美術館展に行きました

すっきりしない天候のときは美術館に行って絵を見るのが、気分を一新するのにいい。そこには眼前に別世界が広がっています。 一昨日(6月6日)は東京都美術館に「マウリッツハイス美術館展」を見に行ってきました。レンブラント、ルーベンス、フェルメールらオランダの巨匠の絵画を一堂に見ることのできる絶好の機会です。 マウリッツハイス美術館…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

大船植物園;スイレンと温室の花々

大船植物園には充実した鑑賞温室があり、スイレンや種々の熱帯、亜熱帯の植物を見ることができます。ここに育てられている植物の種・品種の数は約1300もあるそうです(大船植物園パンフレット)から、ほんのほんの一部に過ぎませんが、撮ってきた花の写真を並べておきます。 ホワイト・パール エベリン・ランディング グリー…
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

大船植物園;ササとタケ

大船植物園に竹園があり、見本園のようなかたちでササとタケ(注)が植えられていました。これらの植物にはほとんど馴染みがないので、名札が付いていないと名前など到底分かりません。これはいいチャンスと一つずつ写真を撮ることにしました。しかし、ササやタケは何をどう撮ったらそれらの特徴をうまく表現できるのかさっぱり見当がつきません。それはまたもう少…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

大船植物園;花の競演

5月4日に神奈川県立フラワーセンター大船植物園に行ってきました。ここは昭和37年に神奈川県農業試験所の跡地に開設された植物園で、観賞植物5000余種・品種が植えられているそうです(大船植物園パンフレットより)。 前日は雨天でしたが、この日は天候もやや回復し、ときに青空も見える一日となりました。まさに満開のフジやツツジに呼応するよう…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more