テーマ:自然

コスモスとオオハナアブ

散歩道のコスモスの花にたくさんのオオハナアブが来ていましいた。オオハナアブはナミハナアブ、アシブトハナアブ、シマハナアブなどよりも、見かける機会は少ないと思っていましたが、この場所に咲いているコスモスには、他のハナアブの仲間は全く見当たらず、オオハナアブばかり。不思議なことに、100メートル余り離れた場所のコスモスの群れには、オオハナア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キゴシハナアブに出会う

散歩道のセイタカアワダチアソウの花にキゴシハナアブが来ていました。花の上の虫はこれまでずっと見てきたのですが、今まで見たことがありませんでした。このあたりでは珍しい種類だと思います。全国的には普通に生息するハナアブのようですが。 キゴシハナアブ 左右の複眼が接近しているので、雄だと思います。胸の縦縞や複眼の色と斑点に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年もサクラタデ

昨年散歩道で見つけたサクラタデが今年も同じ場所にちゃんと咲いているか見に行きました。株数は増えているようには見えませんでしたが、花は咲いていることを確認しました。 サクラタデは雌雄異株ですが、ここのはどうやら雌株ばかりのようでした。 アリや小さなハエが花に来ていましたせっかくのサクラタデですから、もう少し見栄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タマムシのこと

タマムシ(ヤマトタマムシ)は、日本では特に重要な意味を持つ昆虫です。      玉虫の羽のみどりは推古より         山口青邨    古代よりその美しさが認められていた昆虫。その何よりの証拠は、飛鳥時代、7世紀前半に作られたとされる玉虫厨子(国宝)です。現在は法隆寺大宝蔵院に置かれています。玉虫厨子は高さ2メートル余りの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋色 霧降高原

もうだいぶ前になりますが、8月19日に日光霧降高原に行きました。前日は「一寸先は霧で、何も見えない状態」だったそうですが、この日も天気はよろしくないとの予想が豈図らんや、快晴でした。その後、関東地方は曇りや雨続きでしたから、19日を選んだのは正解でした。 標高1300メートルの高地も平地とほとんど変わらない暑さでしたが、さすがに植…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

トウキョウダルマガエルに出会う

珍しくも、水の溜まった側溝の中に、トウキョウダルマガエルを見つけました。そばに、脚の生えたおたまじゃくしや、もう少し成長したちび蛙もいました。 トウキョウダルマガエルはトノサマガエルに似ていますが後ろ脚が短い。トノサマガエルは関東平野にはいないとされています。 カエルについての科学的知識はほとんどありませんので、写真だけ載せ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サクラとモンシロチョウ

近所の公園のソメイヨシノは7〜8分咲き(4月6日現在)。 「てふてふ てふてふ。菜の葉にとまれ。菜の葉にあいたら、桜にとまれ。・・・」 と歌われるけれど、モンシロチョウがサクラにとまっているのは、初めて見ました。  
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日のモンシロチョウ

1週間以上、曇や雨の日が続きました。昨日は土砂降り。ところが今朝目覚めてみると、雲一つない快晴でした(3月15日)。 春始めに、初蝶に出会うと、何かうきうきした気分になります。こんな久しぶりの晴れの日には、モンシロチョウが舞っているのではないかと期待して、散歩に出ました。 いました、いました。羽化して間もないと思われるモンシ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ナンテンのこと

ナンテン (Nandina domestica Thunb.) は中国原産のメギ科の植物で、中国から薬用として伝来したと考えられているようです。中国では南天竹とよび、和名のナンテン(南天)は南天竹に由来します。もともと観賞用または薬用の栽培植物ですが、野生化して、帰化植物になっています。 日本にはいつ渡ってきたのか分かりませんが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カナムグラのこと

季節外れになりましたが、秋に花が咲き、晩秋~初冬に実が熟すカナムグラについて書いてみたいと思います。 カナムグラ (Humulus japonica Sieb. et Zuck.) は、日本列島、台湾、中国に原産するつる性の一年草で、近年はアサ科に分類されています。近縁にカラハナソウ (Humulus lipulus L. var…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

土色のイナゴ

普通のイナゴ(コバネイナゴ)はこんな感じですね。 こんな土色のイナゴに出会いました。普通、トノサマバッタ、クルマバッタ、ショウリョウバッタ、オンブバッタなどには緑色型と褐色型があるけれど、イナゴの色は一様だと思っていました。このイナゴ、水田育ちでなく、雑草育ちです。画面をクリックして、拡大してみて下さい。 トノサ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コカマキリの腕自慢

見栄えのしないカマキリだって? この洒落た腕を見て! ほかのカマキリと比べてみろよ。 タイトルの「腕自慢」て、すこし意味が違うんじゃない?
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ヒガンバナとナガサキアゲハ

ヒガンバナはその名と通り、彼岸の最中に満開になるように見えます。夏が猛暑であっても冷夏であっても、きちんと彼岸の時期に花を合わせるのはほんとに不思議です。 ヒガンバナには、よくチョウが訪れます。日本のヒガンバナは普通3倍体で種子は通常できないのですが、美しい花と蜜をつくって、チョウをさそうのは、やはりなんとか種子を作りたいという意…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アジサイの季節

今はアジサイの季節、アジサイの名所には行っておりませんが、近所を散歩するといろいろなアジサイに出会えて、美しい花を楽しむことができます。今はいろいろな品種があって、どれもみな違って個性があります。 アジサイはもともと日本固有の植物とされ、万葉集にもアジサイを詠み込んだ歌があります。 大伴家持から久邇京より坂上大嬢に贈る歌五首…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

春進む

今日は彼岸の入り、昨日、今日と暖かい日が続いています。3月半ば、少し近所を歩いてみました。2月下旬に寒風に吹きさらされながら、縮じこまっていた草花も勢いを増し、枯れ野を緑に変えています。ありふれた花々ですが、散歩道で春の到来を感じさせるものをいくつか撮りましたので、写真を並べておきます。 ツクシ 3/13 カワヅザク…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

寒風の中での草花の散策

2月中旬、北風の吹く中を少々震えながら、春の常連がもう咲いているか、見に行きました。寒いながらも輝き始めた2月の光を感じてか、気早やに咲き始めた野の花を見ることができました。でも、どの花も寒さで縮こまっていました。 寒風になびく枯れススキ オオイヌノフグリ ホトケノザ タネツケバナ ヒメ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ガガイモの花・実・種子

ガガイモ (Metplexis japonica (Thunb.) Makino) は地下茎をもつキョウチクトウ科多年生つる植物で、イモとついていますが、イモはつくらないようです。分布は北海道、本州、四国、九州と朝鮮半島および中国。ガガイモの名の由来ははっきりしませんが、カガミイモという名が転じたという説があるようです(週刊朝日百科「植…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

アシの話

以前、「晩秋の思い出:風に光るヨシの穂」として、ヨシ、すなわちアシのことを少し書きました。 http://michikusanojikan.at.webry.info/200911/article_5.html 今回はより古い名称「アシ」をタイトルにしました。 湿地や沼に普通に見られるアシの学名は Phragmites …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

エノキグサを忘れないで

畑や道ばたにあまりにも普通なエノキグサ。普通種なのにさっぱり目立たない植物なので、まだ一度もブログに登場させたことがありませんでした。ブログネタもほとんど見つからないこの頃、何かないかと探しているうちに、エノキグサが目にとまりました。そうだ、これがあった。 エノキグサ の学名は Acalypha austrarlis L. ですが…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

守谷市「マインブルグの小径」にアカボシゴマダラ現る

マインブルグはドイツのバイエルン州にある守谷市の姉妹都市の一つで、平成2年11月に守谷市との姉妹都市締結がなされました。守谷市の面積は35.63平方キロメートルに対してマインブルグ市は61.7平方キロメートルと2倍近くありますが、人口は守谷市約6万4千人に対してマインブルグ約1万3千人ですから、マインブルグは守谷の2割ほど。ビールの原料…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

スズメウリの花

スズメウリの実の写真と記事は、2008年9月29日に載せています。あれからもう6年も経ってしまいましたが、その後もほとんど毎年、秋になるとこのような実を見ます。しかし、これまで花を見かけることはありませんでした。あまり小さな地味な花なので、咲いていても気が付かなかったのです。 そしてやっと今年、9月3日、散歩道の傍らにひっそりと咲…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

キタキチョウの群れと夏型のギンイチモンジセセリ

あの猛暑だった先日までが、ここ茨城県南ではまるでうそのような涼しさです。ちょっとあの猛暑がなつかしい気がするほどです。 8月半ば、朝から暑い晴天の日に、田のヘリを散歩していたところ、キタキチョウの群れに出会いました。農道の上をひらひら飛び回り、また数匹かたまって地面に降り、なにやらおしゃべりをしているようでした。キタキチョウのこん…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

鳥の糞じゃなかった

猛暑が続いて、頭がぼ~っとしています。気がついたら7月18日以来、ブログを書いていません。毎年のことですが、真夏はどうやらスランプの季節です。 なにか、ネタが天から降ってこないかと思って、ガラス戸を開けたところ、ベランダの柵に鳥の糞がついていました。よくあることです。 でも、よくみると、この糞、いやに粉っぽい。そこで、やっと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

梅雨の晴間に;ムクロジの花など

うっとうしい日が続き、部屋に込もる日が多いですが、一応元気です。記事にするようなネタもありませんが、少し間があいてしまいましたので、梅雨の晴間に、散歩道で写した写真を並べておきます。 道ばたのオオバコとその花(6/21)この位置に、紫色の葯をもつ雄しべと白いブラシ状の雌しべが見られますオオバコは雌しべ先熟のはずなんですがオ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

続・初夏の散歩;イボタノキからアジサイまで

前回の続きです。 イボタノキ(5/28) アベマキの子ども(5/28)まだドングリが付いてる ヒメジョオン(5/30)ハルジオンからバトンタッチ よし原の中に生えたオルラヤ・グランディフローラ(5/30)将来の生活が不安です うれしそうなルリシジミ(5/30) ウツギノヒメ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

わが町にも現れたアカボシゴマダラ

散歩道の路上で初めてアカボシゴマダラを見付けました。ついにわが町にも現れたかという感じです。 最近関東で広がりつつあるアカボシゴマダラは、奄美大島に生息する在来種とは異なっており、大陸中国原産のものが「放蝶ゲリラ」による人為的な放蝶によって侵入したものと推定されています。最初に確認されたのは、1998年神奈川県藤沢市で、その後神奈…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

道ばたのヨモギ

昨日(3月27日)は雨の一日でしたが、今日は晴れて、霞立つうららかな日になりました。 早朝の散歩では、延び始めたヨモギの葉に、昨夜の春雨の名残りの水滴が光っておりました。 春雨や蓬(よもぎ)をのばす草の道  芭蕉 こんな季節になりました。
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

「イモムシ・ケムシ」小パレード

このところ毎年、冬のネタ不足の時期に、『「イモムシ・ケムシ」オンパレード』などというタイトルで、前年撮った芋虫や毛虫の写真をブログに載せていました。13/3/2、12/1/9・1/12、11/1/4、10/1/11ところが昨年はイモムシ・ケムシに出会う機会が少なくて、写真も僅かしかなく、今年は「オンパレード」のアップは止めようかと思って…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

続 きのこ・きのこ

前回の続きです。 テングタケ(9/30)毒きのこです 分からんタケ(その2)(10/3)毒かどうかも分からんタケ イボテングタケ上(11/3); 下(11/5)同一個体です毒きのこです ハチノスタケ(11/6)食べられないらしい 分からんタケ(その3)(11/6)分かりそうで…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more