道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS カキの雌花と雄花

<<   作成日時 : 2008/06/04 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

梅雨の晴れ間に散歩に出かけました。道ばたに一本カキノキを見つけました。
今の季節、カキノキ (Diospyros kaki Thunb.)には花が咲いています。雌雄同株で、雌花と雄花がつきます。雌花と雄花は花冠のかたちが違うので、すぐ分かります。また、雌花のがくは大きく、雄花のがくはずっと小さい。もう一つの特徴は、雌花は葉腋に一つずつ咲きますが、雄花は2、3の花が集まって花序をつくることです。花の色ははやくも柿の実の色に似ていておもしろい。

画像

雌花



画像

雄花



画像

ダイミョウセセリ
カメラの前でよくポーズをとってくれるチョウです。
あまりきれいじゃないけど。



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カキノキの若芽の天ぷら
チョット苦味があって 変わった食感 特別に美味しいものではないのですが、毎年食べています 
昔、この木を好むサコケには、よく刺されました  んっ! サコケって方言だったんですか
尋常な痛みじゃあないですね
木に登って遊んでいると 折れ易いから
やめろ! って よく怒られました
yajiro
2008/06/05 01:21
サコケというのはイラガの幼虫のことでしょうか。私はむかし、きれいなケムシをみて、手でつかんだところ、刺されて、すごく痛かったことがあります。あとで調べたところ、イラガの幼虫だと分かりました。それ以来、ケムシを手づかみすることを止めました。イモムシとシャクトリムシはだいじょうぶ。
エフ・エム
2008/06/05 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
カキの雌花と雄花 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる