道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 牧野記念庭園を訪ねて(2)

<<   作成日時 : 2008/08/04 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日のブログの続きです。本日は、庭園で撮ったいくつかの植物の写真を載せます。

画像

スエコザサ (Sasaella suwekoana Makino)

パンフレットに、昭和2年仙台で発見され、翌年亡くなられた寿衛子夫人を偲ばれて名付けられたものとあります。アズマザサ (Arundinaria ramosa Makino) に似ており、その変種 (A. ramosa var. suwekoana (Mkino) Murata) とする分類もあるようです。東北地方原産。

画像

オカメザサ (Shibataea kumasaka Makino)

もっとも親しまれている園芸種で、野生化しているものもあるようです。日本原産。オカメザサの和名は、東京浅草の大鳥神社の酉の市でこの竹に阿亀(おかめ)の面や紙製の小判などを吊り下げて売る習慣があるためだそうです(朝日百科「世界の植物」)。

画像

アブラチャン (Parabenzoin praecox Nakai)

アブラチャンが実をつけていました。まだ未熟で、秋になると、成熟して黄褐色になります。雌雄異株ですから、これは雌株。花は葉に先立って早春に開きます。日本特産で本州、四国、九州の山中に野生するクスノキ科の低木。

画像

ダイコンソウの花



画像

ダイコンソウの実

ダイコンソウ (Geum japonicum Thunb.) は山地に普通のバラ科多年草で、東アジア温帯、暖帯に分布しています。葉がダイコンのかたちに似ているので、ダイコンソウというのだそうで、ダイコンとは何の関係もありません。花はわずかで、ほとんど実になっていました。

画像

ハグロソウ (Dicliptera japonica Makino var. subrotunda Matsuda)

山地の木陰に生えるキツネノマゴ科の多年草で、葉が黒っぽく見えるのでハグロソウというそうです。花冠が上下2唇に分かれているおもしろい花。東アジア暖帯に分布しています。

画像

画像

園内で見つけたアカボシゴマダラ

「放虫ゲリラ」が放ったことによって繁殖したと考えられる外来種(詳しくは神奈川県立緑の星・地球博物館ホームページなどを参照のこと)。環境省の要注意外来生物リストに入っています(環境省ホームページ)。エノキの葉を食し、ゴマダラチョウとの競合が心配されています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ササ・タケもさっぱり分からないのですが・・・・自宅の植物くらいはわかるようにしたいと思いつつ、進んでいません。
倉敷の自然史博物館の行事に時々参加しています。HPにもリンクされているのですね。

蝶もまた、見分けられないのですが、外来種がいろいろ入って、植物以外でも日本固有のものが追いやられそうなのですね。こうして見せてもらうことで気がつくようになりたいものです。
ミセスサニー
2008/08/05 00:42
倉敷の自然史博物館は、小さいですが、岡山にどんな植物や、昆虫、淡水魚がどのような環境で生きているかがよく分かる親しみやすい博物館だったと思います。
岡山は半田山植物園が好きで、よく行きました。バラもいいですが、ツバキのコレクションが素敵だとおもいます。
エフ・エム
2008/08/05 15:32
こんばんは。春にユキワリイチゲを見に行こうと思いつつ、まだ牧野記念庭園には出かけたことがないです。何時かはと思いつつ、近場をうろうろしています。
流石、広い場所にお住まいで植物もたくさん植えられているのですね。
昔、高知の牧野植物園は訪れたことがありました。内助の功として支えられた奥様に感謝して名づけられたスエコザザは有名ですね。仙台の野草園でも植えられておりました。
オカメザサの画像と見比べると捩れた葉の様子が分かりますね。
オレンジのゲウム(セイヨウダイコンソウ)は育ててみましたが、何時の間にか消えてしまいました。こちらのダイコンソウは、ほっそりとした山野草イメージですね。
外来種の蝶もうろうろしているのですね。名前はさっぱり〜です。
最近、庭にガビチョウ(画眉鳥)という鳥が来るようになって、メジロたちが逃げています・・。
たまゆら
2008/08/05 22:30
たまゆらさん、コメントありがとうございました。
牧野庭園は、大きな植物園と違って、こじんまりしていますから、いくつかの植物をじっくり鑑賞するにはとてもいいと思います。あまり大きいところだと、花も多過ぎて散漫になってしまうことがよくあります。
アカボシゴマダラという蝶は、ゴマダラチョウと競合することが怖れられ、悪役になっているけれど、とてもきれいです。そういうことがなければ、可愛がられるのでしょうけど。ガビチョウも声がいいですね。でもあまり増えないでほしいものです。
エフ・エム
2008/08/06 09:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
牧野記念庭園を訪ねて(2) 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる