道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋色(2):シラヤマギク、アキノノゲシ、キンミズヒキなど

<<   作成日時 : 2009/09/10 14:33   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 17

散歩で出会った秋の花たちです。理屈っぽい記事づくりはやめにして、今日は写真だけ。

画像

シラヤマギク (Aster scaber Thunb.)



画像

アキノノゲシ (Lactuca indica L. var. (O. Kuntze) Hara)



画像

キンミズヒキ (Agrimonia pilosa Ledeb.)




画像

ツルフジバカマ (Vicia amoena Fisch.)



画像

マコモ (Zizania latifolia Turcz.)



画像

わが家のシュウカイドウ
垣根の下から道路側に出ていました



画像

花ではなくて、ウンモンオオシロヒメシャク




にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。アキノノゲシ、もう咲いているんですね。こちらではまだ見かけません。うす黄色の大きな花をみると、なぜか秋だな、と思ってしまうんですよね。春に咲くノゲシよりこちらのほうが僕は好きです。
秋の花は全般的に地味な印象ですが、いい花がいっぱいあるんだなと再確認しました。
宮城野
2009/09/10 19:41
白い小菊は可愛いですが、名前がいろいろありそうな気が〜
ツルフジバカマは紫が色鮮やかですね。
クサフジにも感じが似ています。
シュウカイドウがきれいに咲きましたね。
葉っぱがシンメトリーでないことから、片思いなんだそうです。
きちんとしたハートではないってことで^^
池田姫
2009/09/10 22:00
こんばんわ^^

シラヤマギク、ヤマシロギク、その他キク科の秋の野の花は区別がむずかしくて、去年すごく悩みました。

どの写真もとても綺麗ですね。特に地味なマコモと青空が好きです。
蛾ですよね。 すごくおしゃれな模様ですが、やっぱり気味悪いですね。

風さん
2009/09/10 22:21
花でなく蛾にチェック!ウンモンオオシロヒメシャク。きれいですね。8月にトビイロスズメを拾いました。夜にいなくなりました。田んぼにはエビガラスズメの幼虫が一杯です。
テンテンとピーターの母
2009/09/10 23:05
こんばんは
空が高くなりましたね。
この空を背景に撮った写真が素敵です。
YAKUMA
2009/09/10 23:45
秋を感じる草花のうち、ツルフジバカマは知りませんでした。フジバカマとは似ても似つかない花ですね。
ウンモンオオシロヒメシャク・・・すごくきれいな紋様を背負ったガ。ポチッとして、しげしげ眺めました。
さとみ
2009/09/11 00:31
炊飯器さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/09/11 07:45
宮城野さん、コメントありがとうございました。
アキノノゲシのうすい黄色またはクリーム色は、花色としては珍しいですね。
ハギなんかは秋の花の代表と思うんですが、それでも春の花々と比べると地味ですね。
エフ・エム
2009/09/11 07:51
池田姫さん、コメントありがとうございました。
ツルフジバカマは、ご指摘のとおり、クサフジと近縁です。その違いについては、昨年書いていますので、もし興味があればご覧下さい。http://michikusanojikan.at.webry.info/200809/article_2.html
シュウカイドウは片思い、なるほどおもしろいですね。
シュウカイドウについて、故柳宗民氏がラジオ番組で、とてもいい花だと宣伝なさっていたのを思い出します。
エフ・エム
2009/09/11 08:07
風さん、コメントありがとうございました。
青空とよくマッチしたマコモの繊細な穂はとてもいい被写体と思うのですが、雄花と雌花を別々につける(雌雄同株)風媒花なので、秋風にふらふら、ふらふら。風さん、止まれ、止まれ、といいながらシャッターを切っています。
エフ・エム
2009/09/11 08:19
テンテンとピーターの母さん、コメントありがとうございました。
蛾に興味がおありなんですね。スズメガの仲間は質量感が抜群、飛ぶのも速いし、蛾の中の猛者という感じです。
それに比べて、シャクガなとても繊細。一口に蛾といってもいろいろですね。
エフ・エム
2009/09/11 08:30
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
ほんとうに気持のいい朝夕になりました。
散歩にも最適の季節です。青空に向けシャッターを押す気分も最高です。
エフ・エム
2009/09/11 08:35
さとみさん、コメントありがとうございました。
なんでツルフジバカマっていうんでしょうね。フジバカマとはどう見ても似てないですね。フジバカマがきっと怒っていますよ。
ウンモンオオシロヒメシャクは普通にいる蛾なんですが、デザイナーにも思い付かないようなスタイルです。もとは尺取虫。尺取虫のころは、さかんに愛想をふりまいてくれるのですが、蛾になってしまうと、なんだか冷淡です。
エフ・エム
2009/09/11 09:01
木曜日の帰り道さん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/09/11 09:56
テルツマさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/09/12 10:49
黄色い花をつける「キンミズヒキ」なんていうものがあるのですね。
一般的に見る赤い小さい花をつけるミズヒキソウがどこからか飛んできて花をつけています。
写真に収めてやろうかと思いましたが・・・細い花の枝ではピントが合いませんね(大笑い)
Tatehiko
2009/09/12 14:31
Tatehikoさん、コメントありがとうございました。
ミズヒキはタデ科なんですが、キンミズヒキはバラ科なんです。別の科の植物に同じような名をつけて欲しくないんですが、そうなっているので仕方ないです。
ミズヒキのような花は、ほんとうにピントが合わないですね。ピントを合わせない芸術写真もありますが、そういうのはよほどの人でないと難しいのでしょうね。
エフ・エム
2009/09/12 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋色(2):シラヤマギク、アキノノゲシ、キンミズヒキなど 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる