道草の時間

アクセスカウンタ

zoom RSS オオバコの花

<<   作成日時 : 2009/09/16 18:50   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 16

オオバコ (Plantago asiatica L.) は、道ばたや野原にたくさん生えているけれども、あまり見栄えがしない植物です。したがって、野草好きの人でも、それほど関心を寄せる植物ではないかも知れません。しかしこの植物、ほんとうはたいへん興味深い植物で、私にはとても気になる存在です。私のホームページに「オオバコ雑感」と題する短文を載せておりますので、お暇な折にでも、見ていただけるなら幸いです。

オオバコの花は春から秋まで見られますが、この季節は特に花が多いようです。そこで、先日、オオバコの原で道草の時間を過ごしました。ホームページには「オオバコの花はとても美しいとはいえない」などと書いてしまいましたが、あらためて見ると、オオバコの花もけっこうきれいではないかと、考えを新たにしました。

花はごく小さく、花茎の先に穂状に多数ついています。がくが花を包み、花冠は貧弱でほとんど目立ちませんが、突き出した雄しべの葯に紫のすじがあって、これが意外にきれいなのです。それに、紫のすじのない、純白の葯をもつ個体もありました。このような個体は今回はじめて見ました。遺伝的な変異体かも知れません。ありふれた植物に対しても、時には小さな発見があるものです。

画像

群生するオオバコ



画像

画像

オオバコの花
葯に紫のすじがある



画像

葯が白い個体
案外たくさんありました



画像

秋空を見上げる



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅雨の晴間に;ムクロジの花など
うっとうしい日が続き、部屋に込もる日が多いですが、一応元気です。記事にするようなネタもありませんが、少し間があいてしまいましたので、梅雨の晴間に、散歩道で写した写真を並べておきます。 ...続きを見る
道草の時間
2014/07/06 08:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。オオバコ雑感読み直しました。植物の分類は形態だけではなくなっているので、この先、随分変わるのかもしれないな、と思いました。それと文章のなかに春先の葉は食べれる、と書いてあったと思いますが、夏休みに中学生の希望者の講座でオオバコの葉を天ぷらにして食べましたよ。クワやクズにはかないませんが、オオバコも悪くなかったです。
宮城野
2009/09/16 19:09
ニンゲンの《上から目線》では、正直言って、きれいな花とは思えませんが、こうしてアップで見ると、なかなかイイ線いってます(とくに葯の色がきれい)。
野草とお近づきになりたいと思ったら、《虫の目線》が必要なのかもしれませんね。
さとみ
2009/09/17 01:00
宮城野さん、コメントありがとうございました。
21世紀に入ってから、DNAの配列により微生物や動植物の分類の見直しが進んでいるようです。しかしまだ、古典的な分類も通用しているようです。いつか新しい形できちんと体系化されると思いますが。
オオバコ、実は私は食べたことがありません。クワの葉も食べられるのですか。
エフ・エム
2009/09/17 07:46
テルツマさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/09/17 07:48
さとみさん、コメントありがとうございました。
確かに虫になったつもりで花をみるとおもしろいですね。大きな花も小さい花も。
小さな花も大きな花に負けず、いいかたち、いい色をもつものがたくさんあります。
エフ・エム
2009/09/17 08:12
エフ・エム様、特に返事はいりませんよ。クワの葉、おいしいです。蚕になったつもりで食べてみてください。天ぷらがおいしいです。今度、クワ茶にも挑戦してみようと思います。
宮城野
2009/09/17 18:27
こんばんは
やはりオオバコはオオバコのままがいいような気がします。
草相撲はやはりオオバコを思い出します。
我が家の子ども達も面白がってよくやっています。
YAKUMA
2009/09/17 21:46
オオバコ雑感、あとで拝見させてもらいますね。
オオバコといえば、草相撲を思い出します。花をジックリ見た事がありませんでしたが、アップで見るとキレイですね。紫色や白もあるんですね。ビックリです。
みーたん
2009/09/17 22:57
チキンさん、気持玉をありがとうございました。
見て下さってうれしく思います。
エフ・エム
2009/09/18 07:12
宮城野さん、ご返事ありがとうございました。
クワの葉がおいしいとのお話、興味深いです。憶えておきます。クワ茶、もしお飲みになりましたら、結果をお聞きしたいです。
エフ・エム
2009/09/18 07:18
YAKUMAさん、コメントありがとうございました。
草相撲は単純な野の遊びですが、なつかしいですね。
もうこんな遊びは過去のものなのかも知れません。
エフ・エム
2009/09/18 07:27
みーたんさん、コメントありがとうございました。
オオバコの花は進化の果てに、虫媒花から風媒花に変化したので、もはや花に色をつける必要はないと思うのですが、あの色は虫媒花だったころの名残なのでしょうか。いろいろ考えさせる植物です。
エフ・エム
2009/09/18 07:34
オオバコは気にして見ていたことはなかったけど
春だったかきれいな花が目に留まりました。
そうそう、薄紫の花です。
こういう花が咲くのかという驚き!
もちろんブログにアップしましたよ^^
3枚目、とてもきれい〜!
池田姫
2009/09/18 15:35
池田姫さん、コメントありがとうございました。
貴ブログのオオバコの記事、多分5月頃と思い、開いてみましたら、ほとんど一遍で見つかりました。オオバコの花の雰囲気がよく出ている写真でした。オオバコの花を見て下さっている方がいて、うれしく思いました。
エフ・エム
2009/09/18 18:19
オオバコはふんずけるだけで、被写体からはずしてました(笑)
こんなにきれいな可愛い花だったのですね。再認識しました。小さな花ほど、よく見てあげないといけませんね。
「オオバコ雑感」も読んでみますね。

すすきの写真、とっても美しいです。 
風さん
2009/09/19 22:40
風さん、コメントありがとうございました。
オオバコをふんずけたということは、オオバコの繁殖に貢献しているということ。なにしろ、靴底にひっつくヒッツキムシですから。
若いススキの穂はほんとうにきれいですね。秋の七草に入れられているのがうなずけます。
エフ・エム
2009/09/20 09:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオバコの花 道草の時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる